« 京の春の散歩(その5) 伏見の酒蔵散歩 | トップページ | 京の春の散歩(その5)出町柳のオカメ桜 »

2017.03.18

今日、鍵は開けておきます in アトリエ空白

中津のアトリエ空白さんで、「今日、鍵は開けておきます」を見てきました。
*
201703osakagalley36
昨年の春に開催された『鏡の中の少女性』において、「空白」奨励賞を受賞された皆さんの記念展との位置づけですが、作家さんギャラリーの共同展示でもあります。
*
201703osakagalley31
ギャラリーの扉を開けるとエントランスがあって、作家さんのプロフィールが掲げられています。

そして、さらに進むと一階に三つ、二階に二つの小部屋が....
*
201703osakagalley32
ドアには鍵は掛かっていません。そっと開けてみましょう。そこには作家さんとオーナーさんの合作による驚きの世界が.....
*
201703osakagalley35
貴方も、ドアを開いてあけて個性的な空間を確かめに来てくださいhappy01

会期:2017年3月11日(土)~26日(日)
※火曜水曜休廊
時間:14時~20時(最終日17時まで)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の春の散歩(その5) 伏見の酒蔵散歩 | トップページ | 京の春の散歩(その5)出町柳のオカメ桜 »

コメント

こんにちは!
建物全体が芸術作品なんですね
ぐぐっと引き込まれそうで、不思議な世界ですね

こんにちは
今日はヒンヤリとしています
黒板は人が4人並んでいるのかと思っていたら
鍵穴を覗いて見える人だったのですね
思い切って一歩踏み出そう~という感じでしょうか(*'ω'*)
古民家をリメイクしたような展示場所も温もりを感じて良いですね(^^♪

>> けいあんさんへ

そうなんです。普通のギャラリーは、部屋は展示するためだけのもの
ですが、このギャラリーでは、毎回展示のコンセプトに合わせて
内装を造り替えてしまいますcoldsweats02

大工さんが本業のオーナーさんの本領発揮ですね。

>> na nori さんへ

こんにちは。
昼間はかなり暖かでしたが夜になると、やっぱり冷えてきますね。

作品のコンセプトは、作家さんによっていろいろ違うのですが、
一歩前にsign01 という意気込みは感じられますね。

実際、かなり古そうな元商店だった民家を改造したアトリエです。
この近くには、似たようなギャラリーがたくさんあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/65007305

この記事へのトラックバック一覧です: 今日、鍵は開けておきます in アトリエ空白:

« 京の春の散歩(その5) 伏見の酒蔵散歩 | トップページ | 京の春の散歩(その5)出町柳のオカメ桜 »

フォト

叡山ケーブル

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ