« 18きっぷで舞鶴・小浜線へ(その2 舞鶴赤レンガ倉庫) | トップページ | 【和歌山電鐵】 いちご電車に乗ってたま駅長に会いに(^^) »

2017.04.07

18きっぷで舞鶴・小浜線へ(その3 小浜の古社寺巡礼)

4月1日は、春の18きっぷで、舞鶴線・小浜線に乗ってきました。

舞鶴の赤レンガ倉庫を見たあと、小浜線にのって東小浜まで移動します。
*
Higasi_obama01
東小浜駅付近は遠敷(おにゅう)地区とよばれ「海のある奈良」ともy呼ばれるように、古社寺がたくさん残っています。

ぜんぶ回るのは時間的に無理なので、比較的駅から近いところをいくつか参りました。
*
201704_3obama01
最初は、一番遠い神宮寺に参ります。駅から徒歩30分ほどです。

立派な仁王門ですが、田んぼの真ん中にあります。その昔はここから本堂に向かってたくさんの堂舎や塔が立っていたのかもしれません。
*
201704_3obama02
このお寺には、奈良のお水取りで汲まれる「若狭井」に向けて御香水を送る「お水送り」の井戸があります。

毎年3月2日の夜に、この井戸から汲まれた水を松明行列で鵜の瀬まで送り、そこで遠敷川にそそぐと10日間で、奈良まで届くと伝えられています。
**
201704_3obama03
言い伝えによると、「奈良時代のこと、東大寺に二月堂が作られ法要が営まれます。その時全国の神さまを奈良に招くのですが、若狭の遠敷明神は、魚釣りをしていて遅刻します(^^; 遅れた神さまは、おわびに「本尊に供える水を若狭から送る」と約束し、二月堂の下の岩をたたき割ると神泉が湧き出ました。」

これが、いまの若狭井のはじまりなのだそうです。
*
201704_3obama04
奈良のお水取りは有名ですが、若狭から水を送るのはあまり知られていないでしょうね。

おそらく大陸から日本海をとおって若狭に届いた文化(ひと・もの)が、さらに奈良や京都へ送られていく記憶が伝承に反映されているのでしょう。

今に残る若狭の国宝・重文級の文化財は、当時の国際交易ターミナルの名残なのです。
*
201704_3obama05
厳めしい門構えの本坊です。中には美しい庭園がありますが非公開です。
*
201704_3obama06
すき間からのぞいてみました。

白梅と紅椿のコントラストがみごとでした(^^)
*
201704_3obama07
次にたんぼ道を10分ほどあるいて萬徳寺に向かいます。

早春の遠敷の里は、まだ肌寒いです。山には雪が残っています。里でも日陰には雪だまりがまだ残ってました。
*
201704_3obama08
このお寺は、枯山水庭園がみごとです。特に紅葉のころが素晴らしいとされています。

まだここも枯れ枯れしい雰囲気ですが、紅白の五色椿が彩りを添えていました。
*
201704_3obama09
本堂は、石段を上った上にあります。
*
201704_3obama10
ご本尊は、阿弥陀さま。等身大の座像で穏やかなお顔をされています。

じっと拝顔させていただいていると、「寒いのに,よう来たな。」と話かけてこられるようです。日ごろのストレスが消え去るようでしたconfident
*
201704_3obama13
次は、若狭彦神社上社に参ります。若狭国一宮です。

ご祭神は、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)海幸山幸神話の山幸彦です。海幸山幸神話は、日向が舞台とされていますが、古代は、海を通じて九州とも意外に緊密なつながりがあったのかもしれません。
*
201704_3obama14
参道は杉の大木が並んでいますが、とくに楼門前の巨木が目につきます。手前側からはわかりにくいのですが、二本並んだ夫婦杉です。
*
201704_3obama15
掛樋で導かれた手水。これも湧き水なのか意外と冷たくありません。
*
201704_3obama11
もと来た道を、若狭姫神社にむかいます。

肌寒いとはいっても、もう4月。道端の雑草も春を告げています。ムラサキケマンやすでにスギナになったつくし、
*
201704_3obama12
蔵の土塀のまえには花ダイコン。紫が目にしみます。
*
201704_3obama16
若狭姫神社(下社)のご祭神は、山幸彦の奥さんになる豊玉姫命(とよたまひめのみこと)です。

女神さまらしく、安産や子育てに霊験あらたかなのだとかvirgo
*
201704_3obama17
社殿に覆いかぶさるような、巨大な千年杉。樹齢500年、樹高30mだとかhappy01

荘厳な雰囲気ですが、となりのトトロに出てくる巨木をイメージしちゃいました(^.^)
*
201704_3obama18
遠敷の町は、遠敷明神の門前町、丹後街道と鯖街道の分岐点として栄えました。

旧街道沿いに古い町並みが残っています。
*
201704_3obama19
『ようけの「みせ」があったんやでぇー』 って、関西弁ですね。

福井県でも若狭から越前の嶺南(敦賀付近)は関西弁ですが嶺北(武生、福井方面)にいくと福井弁というのか、べつな方言(北陸弁)が聞こえますね。
*
201704_3obama20
ベンガラ格子に花飾り。 この付近の旧家で揃って活けられてました。

優雅な町おこしの取り組みのようです。
*
201704_3obama21
腰のタイル模様、建てられたときはモダンに、今はレトロに(^.^)
*
201704_3obama22
家の前に小川が流れているのは冬の積雪対策なのでしょう。京都市内とは数十キロしか離れていませんが、ここは雪国です。
*
201704_3obama24
帰り道は、JRバスの若江線に乗りました。18きっぷは使えませんが(^^; ローカルバスに乗るのも趣味の内。

実際、近江今津まで1時間足らずで着き、敦賀や舞鶴経由の鉄道より、はるかに近道ですから。

小浜では、まだまだ書きたいことがあるのですが長くなりそうなので、一旦おわります。また折を見て続きを載せますね。
*
(続く) (次回は、18きっぷで和歌山にいきます)
:
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 18きっぷで舞鶴・小浜線へ(その2 舞鶴赤レンガ倉庫) | トップページ | 【和歌山電鐵】 いちご電車に乗ってたま駅長に会いに(^^) »

コメント

「お水送り」の井戸のエピソード
興味深く拝読しました。

花ダイコン紫色の可憐なお花ですね♪

千年杉の迫力もすごいです。
建物と比べるとその大きさにびっくり。

風情のある町にも心ひかれました。

大統領変わって一服した感の小浜、この雰囲気いいですね!
ちなみに若江線は、昔のさば街道ですか?

こんにちはhappy01

小浜には興味があったので、
この記事ありがたいです。
建物も草花も、
なんだか癒される雰囲気が
いいですねconfident

>> ホシノさんへ

こんにちは。

「お水送り」は、地元も方を除けばあまり知られていないと思いますが
歴史や民族に興味のある方には、面白いテーマと思います。

花ダイコンは、ひと目みて「これは絵になる」とカメラを構えました。
紫がきれいに写り込んでくれて良かったです。

>> キハ58さんへ

こんにちは。

昔は、小浜駅を中心とした城下町の小浜と東小浜駅のある門前町の遠敷地区は
別のまちだったようです。

若江線の通る国道303号線は、鯖街道のひとつ「九里半街道」のルートを
走ります。途中の熊川宿の歴史的町並みが、観光客に人気です。

ちなみに我が家の前をとおる旧大原街道も、若狭街道、敦賀街道、小浜街道
などのと呼ばれる朽木越えの鯖街道のメインルートのひとつです。

>> slowmotion さんへ

こんにちは。

小浜の古社寺は、まだ昭和時代のうちに一度観光バスで回ったことが
あるのですが、30年ぶりくらいに再訪しました。

見どころは点在しているので、車で回るのが効率てきです。
公共交通利用の場合は、小浜駅と東小浜駅でレンタサイクルを借りる
のがお勧めと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/65098013

この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷで舞鶴・小浜線へ(その3 小浜の古社寺巡礼):

« 18きっぷで舞鶴・小浜線へ(その2 舞鶴赤レンガ倉庫) | トップページ | 【和歌山電鐵】 いちご電車に乗ってたま駅長に会いに(^^) »

フォト

新緑

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ