« 【京阪】&「昔ながらの森永珈琲」 | トップページ | 京の春の散歩(その13)乙訓丘陵、善峯道を歩く »

2017.05.02

京の春の散歩(その12)乙訓寺の牡丹苑

4月の最終日、前日の夜にネットで「乙訓寺の牡丹が見ごろ」との書き込みを見て、急きょ乙訓丘陵のハイキングが決定 happy01

朝7時に、阪急長岡天神駅に向けて出発です。
*
201704otokuni11
駅からお寺まで徒歩で15分ほど。8時の開門直前に着きましたが、朝早くから大勢の参拝者(ほとんどがカメラマンcoldsweats01)少し早めに開門したとかで、すでに園内は大勢の人出でした。
*
201704otokuni01
このお寺は、推古天皇の勅願で聖徳太子が建立され、後には弘法大師空海が住持を務め、伝教大師最澄と法論を交わしたという由緒ただしい名刹です。

今の本堂は、江戸幕府五代将軍徳川綱吉の寄進によるものです。
*
201704otokuni02
ここの牡丹苑は、和傘を日よけにしているのが名物です。藁囲いをしているのはよく見かけますが、傘は珍しいのではrain
*
201704otokuni03
なかなか面白い眺めです。
*
201704otokuni04
しばし、傘と花で遊んでから、こんどは牡丹と季節の花を合わせてみましょう。
*
201704otokuni05
最初は、朝日に輝く、八重桜と。
*
201704otokuni06
次は、藤の花と。
*
201704otokuni07
ちょっと分かりにくいのですが、みごとな枝ぶりの松と。

パノラマ撮影すれば良かったと、あとで気づく(+_+)
*
201704otokuni08
ツツジの花はあまり咲いてません(^^;
*
201704otokuni09
最後は、青葉モミジと白い牡丹を(^^♪

お寺のひとのお話では、やはり「お花は朝が一番きれいで、午後にはぐったりするんだ」とか。早起きしてきたかいがありましたhappy01
*
201704otokuni10
大勢の仏様に見送られて、次は、なりひら寺(十輪寺)にむかいます。
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京阪】&「昔ながらの森永珈琲」 | トップページ | 京の春の散歩(その13)乙訓丘陵、善峯道を歩く »

コメント

和傘素敵!!
思わず目を奪われる華やかさですね。

こちらではお隣の須賀川市に牡丹園があるのですが
こうした演出は無いです。
素敵ですね~

牡丹はほんとうに存在感がありゴージャス。

藤とのコラボも見事ですね。

>> ホシノさんへ

こんにちは。

このお寺の牡丹は良いという話は前から聞いてたのですが、たまたまツイッターで
和傘と牡丹を写真をUpされてる方がおられて、その見事さに目を奪われました。

須賀川牡丹園は、有名ですね。今年は牡丹の当たり年なのか、どのお庭の牡丹も
きれいに咲いてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/65218359

この記事へのトラックバック一覧です: 京の春の散歩(その12)乙訓寺の牡丹苑:

« 【京阪】&「昔ながらの森永珈琲」 | トップページ | 京の春の散歩(その13)乙訓丘陵、善峯道を歩く »

フォト

叡山ケーブル

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ