« 杉浦非水展 in 細見美術館 | トップページ | 奈良を散策してきました。佐保路から春日野へ (後編) »

2017.06.20

奈良を散策してきました。佐保路から春日野へ (前編)

201706nara08 前に、西山の業平寺に行ったときに、奈良にも業平寺があると聞いて、6月12日に振休が取れたので、行ってみました。

近鉄新大宮駅を降りました。まんとくんに出迎えてくれます。

平城宮跡を左に見て、北に数分歩きます。一条通を越え、関西線の踏切を渡った佐保山の麓に、お寺はひっそりとありました。

*
201706nara01_3 言い伝えでは、在原業平の祖父にあたる平城天皇の萱御所跡に、父阿保親王の菩提を弔うため、業平自身が聖観音像を刻んで、創建したのだそうです。


伊勢物語の初段でも、業平らしい男が、奈良の都、春日野の里に所領を持ち、そこに狩りに行く話が出てきます。

男はそこで、美しい姉妹をみつけて、懸想の歌を詠みかけます。

春日野の若紫のすりごろもしのぶの乱れ かぎりしられず
*
201706nara02 実は、最近まで奈良にも業平寺があることを知らず(^^; 

「なんで伊勢物語は、奈良から始まるんやろなぁ?」

って、思ってたんですが、若き日の業平は奈良に住み暮らしていたこともあったようなんですね。

そういえば、筒井筒の話(23段)など、奈良とその近郊が舞台の段も多いのもがてんがいきますね(^^)

筒井筒井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹見ざるまに
おんな返し
比べ来こし振り分け髪も肩過ぎぬ君ならずして誰たれか上ぐべき
*
*
201706nara03 業平寺をでて、歴史の散歩道にそって、東大寺の方に向かいます。

しばらく行くと、狭岡神社がありました。

藤原不比等が、国家鎮護と藤原氏の発展を祈って、自分の邸宅の裏山に天神八座を奉ったのが始まりとされています。
*
201706nara04 小さな村の鎮守さまといった風情のお宮ですが、由緒正しいんですねぇー(^◇^)
*
201706nara05 また東に歩くと、興福院という尼寺がありました。

拝観は許可制のようで、門は堅く閉まっておりました。

門前のマツヨイグサの黄色が白壁に映えます。
*
201706nara06 さらに数分歩くと、聖武天皇と光明皇后の眠られる佐保山南・東陵にでました。

奈良時代を代表するお二人は、今も仲良く同じ丘陵にお休みです。
*
201706nara29 光明皇后のお墓に参ると、二匹の鹿さんが出迎えてくれました。

奈良にシカは珍しくもありませんが、こちらを警戒しながらも興味深々おそらくエサをくれないかとみている姿は、ほほえましかったです。
*
201706nara07 御陵から500mくらい一条通を進むと、東大寺の転害門です。

門前に無料休憩所があるので、一休み
*
201706nara09 転害門から東大寺の広い境内を進みます。

この付近は観光客も少なく、緑あふれる散歩道をゆっくりと歩けます。

正倉院に寄ってみました。ここも正倉院展のとき以外は、閑散としてますね(^.^)
*
201706nara10 大仏殿の裏側が見えてくると、塔頭寺院がならぶ一角です。
*
201706nara11 瓦を積んだ土塀にレトロな消火栓

奈良らしくて、思わずパチリ
*
201706nara12 塔頭の塀越しに伸びる夾竹桃

夏らしいですねぇー
*
(続く) 長くなるので、後半の春日野へ(^^♪
}
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 杉浦非水展 in 細見美術館 | トップページ | 奈良を散策してきました。佐保路から春日野へ (後編) »

コメント

きもかわいいで一躍有名になった「せんと君」は知っていましたが
「まんと君」は
初めて見ました♪

それにしてもさすが歴史深いですね。

無料休憩所も重々しいたたずまい。

「なりひらはし」の
木漏れ日の感じとかとても好きな1枚です。

 新大宮から聖武天皇陵までは、
少し距離があったのではないでしょうか。
京都にいたとき、佐保川のあたり、
よく歩きました。
 転害門は歴史を感じます。
  また、8月末、永平寺町へ
お仕事となりました。(4泊)
 宿は、アネックスを予定していますが、
よい宿泊方法など、教えて頂けると
うれしいです。

こんにちは~♪
まんとくん、可愛い~初めて見た~~と思って
少しググってみました。まんとくんも鹿なんですね(笑)
名前もせんとくんの、せん!に、ちなんで
まん‼とマント‼ をかけてるんですね( ´艸`)プププ
ゆるキャラらしくて、いいですね~

>> ホシノさんへ

こんにちは。

まんとくんは、「せんとくん」よりネームバリューは低いのかもしれませんが
奈良県では愛されているゆるきゃらのひとつです。

奈良は、京都以上に歴史が息づいている街ですね。歩くたびに発見が
あります。

なりひらばしは、うまく撮れました(*^_^*)

.>> とし君さんへ

こんにちは。

新大宮から一条通にそって転害門までは、普通に歩いても30分くらい、
この日は、あちこち寄り道したので1時間以上かけてあるきました。

転害門は、戦火も逃れて遠く奈良時代の建物がそのまま残って
いる貴重な文化財ですが、あまり観光客はこないですね(^^ゞ
やはり南大門がお目当てかと。

福井方面の宿泊事情は、あまり知らなないのですが、ネットで
安いところを探してみるのが一番でしょうね。

>> mik さんへ

こんにちは。

まんとくんも、あまり知られてないでど、可愛いキャラですね。
「せんとくん」に対抗? して「まんとくん」とは、ちょっと安易な
ネーミングやなぁー

と、最初は思いましたけど、これはこれでいいんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良を散策してきました。佐保路から春日野へ (前編):

« 杉浦非水展 in 細見美術館 | トップページ | 奈良を散策してきました。佐保路から春日野へ (後編) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ