« 18きっぷで三河・尾張・美濃国一宮巡り(その1三河編) | トップページ | 【叡電】小ネタ(^^♪ »

2017.08.28

18きっぷで三河・尾張・美濃国一宮巡り(その2尾張編)

振休のとれた8月24日に、18きっぷで三河・尾張・美濃国の一宮を巡拝してきました。
*
Ko01
豊川から神宮前までは、名鉄を利用しました。最近の東海方面の旅は、新幹線か18きっぷのJR利用ばかりなので、ちょっと目先を変えたかったんで(笑)

名鉄特急は、快適に旧東海道沿いに走ります。松並木の旧街道や『五万石でも岡崎様はお城下まで船が着く』と謡われた岡崎城、桶狭間の合戦跡などが車窓を通り過ぎ、途中下車したくなりますがグッと我慢
*
201708_2owari01
神宮前駅を下りれば、熱田神宮は目の前です。このお宮も高校生の頃に参ったのが最後と思いますので、40数年ぶりかな(^.^)
*
201708_2owari02
伊勢神宮と同じ神明造りの社殿は、昭和30年に造営されたものです。
*
Atuta01
再びJR線に戻って、熱田駅から尾張一宮に向かいます。
*
Atuta02
下り列車を待っているうちに、EF64牽引の貨物列車が通過しました。笠寺行きの1552レのようです。
*
201708_2owari03
尾張一宮駅で降り、アーケードの商店街を抜けていくと、尾張國一宮真清田神社の楼門前にでます。
*
201708_2owari04
「神橋ニツキ渡ルベカラズ」と彫られた石柱の立つ石造の太鼓橋が架かっています。

神様の通り道なんですね。
*
201708_2owari05
楼門をくぐると、立派な龍の口のある手水舎で、手を清めます。

古来より霊水とされる名水で真夏でも冷たく美味しい井戸水です。水を汲みに来られる方も多かったです。
*
201708_2owari06
熱田神宮と同じく、戦災で焼失し、昭和29年に再建された本殿です。
*
Owari_ichinomiya01
駅に戻って、今度は垂井駅に向かいます。
*
(続く) (次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 18きっぷで三河・尾張・美濃国一宮巡り(その1三河編) | トップページ | 【叡電】小ネタ(^^♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷで三河・尾張・美濃国一宮巡り(その2尾張編):

« 18きっぷで三河・尾張・美濃国一宮巡り(その1三河編) | トップページ | 【叡電】小ネタ(^^♪ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ