« 「A4の世界Ⅴ BLACK」 & 「マル秘と鶏」 in スナバギャラリー | トップページ | 京の夏の散歩(その3)真夏の梅小路公園 »

2017.08.09

京の夏の散歩(その2)平安京の発掘現場を見学

8月5日は、炎天下を平安京の発掘現場を見学してきました。
場所は、嵐電西大路三条駅前の島津製作所三条工場の敷地内です。

当時の住所では、右京三条三坊五町にあたるそうです。
*
201708_1heian_kyo06
調査地は、一町規模(約120m四方)の規模をもつ高級貴族の邸宅跡ではないかといわれています。
*
201708_1heian_kyo01
遺跡の全景です。(パノラマ写真-クリックすると拡大します)
*
201708_1heian_kyo02
母屋跡? 

屋敷の主人とその家族の住まいでは? と、みられています。平安貴族の邸宅というと、寝殿造りが頭に浮かびますが、この建物は平安初期に建てられたようで、むしろ奈良時代の立て方に似ており、移行期の貴重な実例かもしれないようです。
*
201708_1heian_kyo03
こちらの一角は、使用人の住まいや倉庫などが建っていたのでは? とみられるようです。
*
201708_1heian_kyo04
高価な生活用具も出土しており、屋敷の主は三位以上の高級官僚-大納言~大臣クラス-と、いわれています。

時代からみて、嵯峨天皇やその息子の源融では? との説もあるそうです。

源融は、河原左大臣として百人一首の

陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにしわれならなくに

の和歌で知られますね。源氏物語の光源氏のモデルともいわれる貴公子です。
*
201708_1heian_kyo05_2
さらに発掘が進むと、住人が特定できるような遺物が発見されないとの限りません(^^♪

平安京ロマンはまだまだ続くようです。
*
(次回は、梅小路公園です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 「A4の世界Ⅴ BLACK」 & 「マル秘と鶏」 in スナバギャラリー | トップページ | 京の夏の散歩(その3)真夏の梅小路公園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/65629386

この記事へのトラックバック一覧です: 京の夏の散歩(その2)平安京の発掘現場を見学:

« 「A4の世界Ⅴ BLACK」 & 「マル秘と鶏」 in スナバギャラリー | トップページ | 京の夏の散歩(その3)真夏の梅小路公園 »

フォト

ススキ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ