« 「火焔型土器と西の縄文」展 in 京大博物館 | トップページ | 琳派・若冲&アニメコラボ展 in 京都高島屋 »

2017.09.22

【京阪】正面デザインが変わった3000系と8000系プレミアムカーを撮影

敬老の日の9月18日、京阪鳥羽街道駅で、前面貫通扉の形状が変更され液晶ディスプレイが取り付けられた3000系と、プレミアムカーが増結された8000系を撮影してきました。
*
3001_12
台風一過の秋晴れ と、勇んでカメラ片手にやってきましたが、撮影ポイントに着くと急に空は曇りだして

しかも液晶やLEDは高速シャッターを切ると途切れてしまうので、1/100秒程度に抑えねばならず、撮影条件は厳しいです。

この付近は、カーブや勾配が続いてあまり速度が出ないので好都合です
*
3005_08
日本画に出てくるような「月に村雲」や「霞模様」が表示されてますね。

ときどきハトが飛ぶようなイラストレーションを表示するときもあるのだとか
*
3005_09
こちらは、お馴染みの「ハトマーク」

やっぱり、京阪特急にはコレですよね(^^♪
*
3004_12
この駅は、ホームがカーブを描いているので、安全に真正面顔をとらえられます。
*
8009_07
続いて、プレミアムカーが連結された8000系。
前から3両目の真っ赤な車両がそれです。

曇りの日は、線路沿いの工場の影になるので、晴れた日の午後になって、左側面に光が当たる時間帯の方が撮影に良いようですね。
*
8005_09
プレミアムカーとダブルデッカーの両方をきれいに編成中に収めるのも、もう少しタイミングを計らねば(^.^)

秋の行楽シーズンの臨時特急が増発される時期までにまた練習しましょう。
*
2609_09
あとは、13000系の増備でいよいよラスト・ランが近づいてきたような2600系。

まだ通称「骸骨灯」とよばれるテールランプをつけた車が走っているのが不思議なくらい。
*
2609_08
骸骨の印象.......
*
L_kisya
≪おまけ≫
Fusimi_inari01
改装中の伏見稲荷駅に春からオープンしてるいなり寿司専門店。

ようやくこの駅で降りて味見できました ちょっと甘め 個人的には好きな味付けだけど、甘すぎると感じる人もいるかも
*
(次回は、琳派とアニメのコラボ展です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 「火焔型土器と西の縄文」展 in 京大博物館 | トップページ | 琳派・若冲&アニメコラボ展 in 京都高島屋 »

コメント

こんにちは。
今までありんこは、3000系よりも8000系に注目してきましたが、
今回のLED装着で随分かっこよくなりましたね。
なかなか都合や天気の具合が合わなくて、
1ヶ月以上撮影に行っていないので、
今回なかっちょさんの写真を拝見して、ウズウズしてきました。

>> ありんこさんへ

こんにちは。
月1位には鉄分補給(笑)しないとダメですね。

京阪の3000系は、8000系に似た面構えになりましたが、
最新のディスプレイ装置を積んて、カッコよくなりましたね。

10月に入ると土日祝の洛楽は8000系になって、3000系は
臨時洛楽に回るみたいです。

プレミアムカー&洛楽で、また楽しみが増えそうですね(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「火焔型土器と西の縄文」展 in 京大博物館 | トップページ | 琳派・若冲&アニメコラボ展 in 京都高島屋 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ