« 京の初秋の散歩(その2)大原の里のヒガンバナ(続) | トップページ | 【叡電】実りの秋とヒガンバナ(その2) »

2017.09.28

【叡電】実りの秋とヒガンバナ(その1)

秋分の日に、大原へヒガンバナを写しに行ってきました。

その帰りに、三宅八幡~八瀬比叡山口間の定番ポイントで、実りの秋の風景を行く叡電を撮影してきました。
*
722_0128
毎年恒例の下鴨神社の御神田の実りの秋
「きんモザ」のイラスト電車の722号
*
721_0144
最近は、ラッピング電車が増えて、スッピン(笑)は減ってきた721号
*
721_0145
721号の折り返し

山間の大原は、すでに稲刈りは終わってましたが、上高野地区は実りの秋真っ盛りです。
*
723_144
ヒガンバナを入れて「DO YOU KYOTO?」のラッピング電車の723号を。
*
201709_5ohara21
≪おまけ≫

撮影地の田んぼの畦にいた、アマガエル君。葉っぱの揺り籠でお休み
(続く) (次回も、ヒガンバナと叡電です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の初秋の散歩(その2)大原の里のヒガンバナ(続) | トップページ | 【叡電】実りの秋とヒガンバナ(その2) »

コメント

こんばんは。
穂先を徐々に垂れ始めた稲と赤い花、白い電車のコントラストが素敵です。
田んぼが一面黄金色に染まる収穫の秋、北海道ではすでに稲刈りもピーク
ですが、そちらはもう少し先の感じですね。

こんばんは。
大阪で撮っていると、どうしても「建物の中の電車」になっちゃいますが、
緑色の、山裾を走る電車もきれいですね。
さすがですね~

>> いかさまさんへ

こんにちは。

京都市内でも9月中旬くらいまでに稲刈りを終える田んぼがほとんどで、
お彼岸のころまで残っているところは少ないです。

沿線の宅地化が進んで、田んぼと電車を合わせて撮れるところが
少ないのが悩みです(^^ゞ

>> ありんこさんへ

こんにちは。

叡電の沿線でも、平地の部分はほとんど家が立ち並んで、山裾を
走る電車もなかなか撮りにくいです。

10月に入ると、だんだん緑も黄色や赤に変わってくるので、
こんどは鞍馬方面に出向いてみますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】実りの秋とヒガンバナ(その1):

« 京の初秋の散歩(その2)大原の里のヒガンバナ(続) | トップページ | 【叡電】実りの秋とヒガンバナ(その2) »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ