« 18きっぷで伊賀・伊勢国一宮巡り(その2伊勢編前半) | トップページ | 「深海海月」 in Nanoギャラリー »

2017.09.12

18きっぷで伊賀・伊勢国一宮巡り(その3伊勢編後半)

 9月2日に、18きっぷの最後の一回を使って、関西線沿線の伊賀・伊勢両国の一宮を巡拝してきました。  

 もちろん何枚も写真を撮ってきたのですが、帰り道で思わぬカメラのトラブルがありまして 数枚を残してすべて消滅 今回は、文字だけの紀行文です

 伊勢一宮椿大神社の参拝を終え、伊勢国にふたつある一宮のもうひとつ都波岐(つばき)神社に向かいます。

 加佐登駅までは鈴鹿市コミュニティバスで戻りますが、駅前のひとつ手前に加佐登神社前というバス停があります。このお宮もヤマトタケルノミコトを奉り、江戸時代まではヤマトタケルノの能褒野(のぼの)陵墓とされた白鳥塚古墳の脇にあります。今回は、時間の都合で行けませんでしたが、また折をみて伊勢の古跡も訪ねてみたいところです。

 加佐登駅からまた名古屋方面に2つ目の河原田駅で下車します。ここはまだ伊勢鉄道が国鉄伊勢線だったころ(S60年秋)乗換に一度利用したことがあるのですが、それから30数年後にまた「鉄」以外の目的でこの駅に降りようとは思ってもみませんでした 
 
 隣駅の河曲駅ともに駅のすぐそばを鈴鹿川が流れており、都波岐神社へは伊勢街道を鈴鹿橋で越えて行きます。伊勢鉄道の高架をくぐり、一ノ宮町という集落に神社はありました。椿大神社に比べれば、可愛らしい村の鎮守さまといった風情です。地元の方たちが旅人に気さくに会釈してくださいます。やはり伊勢は神さまの国ですね( ◠‿◠ )

 ここでちょっとはのんびりしたいところですが、電車の本数が少ないので、そうそうに今来た道をもどります。鈴鹿川鉄橋をわたる伊勢線やモダンな駅舎を撮影したかったのですが、亀山行き電車に飛び乗って、この日の行程を強制終了 させました。
*
Kawarada01
(河原田駅に到着した下り亀山行き電車。跨線橋を向かって左が上りホームと出口、右に行くと伊勢鉄道の乗り場です。)

 駅まで小走りにやってきたので、ちょっと注意力が散漫になっていたのか、この日の釣り物を整理しようとデジカメをいじったとき、間違って全消去 ボタンを押してしまい、一瞬で何十枚の写真がパー 旅先で、マニュアルの確認もままならず、結局スマホの数枚が残っただけ。久しぶりにやってしまいました

201709mie03  アクシデントはありましたが、無事に巡拝をおえられて良かったです。

さて次の巡拝社は、近隣では志摩國、播磨國、丹後國、但馬國、淡路國があがりますが何れも公共交通機関を使ってのお参りには不便なところばかり、じっくりとコースを調べて行きましょうか。
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 18きっぷで伊賀・伊勢国一宮巡り(その2伊勢編前半) | トップページ | 「深海海月」 in Nanoギャラリー »

コメント

ご無沙汰してます、久しぶりに覗かせてもらったら豊橋熱田一宮垂井に佐那具加佐登河原田と我がテリトリーに深く潜入されていたようですね。熱田神宮・真清田神社は毎年初詣に行きますし車を買い替えると御祈祷に伺うのが椿大社、もちろん南宮大社・豊川稲荷も馴染みの神様です。一宮ではありませんがこの他に三英傑の庇護をうけた津島神社、上げ馬神事の多度大社、日本一うるさい祭の桑名総社、神社じゃないけど西国三十三所結願の谷汲山と鉄道で回れる寺社仏閣が結構あります。ぜひぜひ我がテリトリーにまたお越しくださいませ!!

>> 亜熱帯気候さんへ

こんにちは。

中京圏は、関西圏から18きっぷの日帰りに便利なので、なにかと目的を
作ってよく寄せてもらってます。

寺社だけでなく、名鉄沼(^.^) にも足を踏み入れたくなるのですが、これは
一日ではとても探索しきれないので(^^ゞ

また折をみて寄せていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷで伊賀・伊勢国一宮巡り(その3伊勢編後半):

« 18きっぷで伊賀・伊勢国一宮巡り(その2伊勢編前半) | トップページ | 「深海海月」 in Nanoギャラリー »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ