« 「感情をなぞる」 & 「邪教の王国」 in SUNABAギャラリー | トップページ | 18きっぷで美濃赤坂へ(その1美濃赤坂駅付近) »

2017.09.03

18きっぷで三河・尾張・美濃国一宮巡り(その3美濃編)

振休のとれた8月24日に、18きっぷで三河・尾張・美濃国の一宮を巡拝してきました。
*
Tarui01
尾張一宮から垂井に移動します。この町に美濃國一宮の南宮大社があります。
*
201708_3mino01
この町は中山道57番目の宿場町で、美濃路の分岐点として栄えました。

軍師竹中半兵衛重治ゆかりの町でもあります。
*
201708_3mino02_2
中山道を京都方へ少し歩くと、南宮大社の立派な一の鳥居が建っています。

これをくぐり抜けて参詣道へ足を進めます。
*
201708_3mino03
すぐに垂井の地名の由来となった「垂井の泉」があります。真夏でも冷たい水がこんこんと湧き出て、鯉が泳いでいます。

西美濃一帯は、伊吹山地や鈴鹿山地の伏流水が湧き出すのが水の豊かな街が多いですね。

JR大垣駅の洗面所の蛇口からは、とても水道水とは思えない冷たい水がでて、おどろきます(^^♪
*
201708_3mino04
一の鳥居からしばらく歩くと、新幹線の高架の向こうに巨大な鳥居がそびえています。高さ21mで、新幹線の車窓からも一瞬みえますね( ◠‿◠ )
*
201708_3mino05
駅から20分くらいで神社に着きました。一宮らしい立派な楼門です。
*
201708_3mino06
ここにも、尾張一宮と同じように石像の神橋が架かっています。
*
201708_3mino07
本殿です。

青空と白い雲に朱塗りの神殿が映えますね。
*
201708_3mino08
裏山にある、もと神宮寺の真禅院にもお参りしました。

途中に関ヶ原の戦いの吉川広家の陣地跡と伝える案内板がありました。付近の高台は高校や青少年センターになってます。

残念ながら人家も建て込んで、関ヶ原の古戦場一帯を見下ろすことは出来ませんでした。
*
201708_3mino09
立派な三重塔がありました。江戸時代初期の建物で、明治の廃仏毀釈でここへ移築されたようです。
*
(続く) (次回は、美濃赤坂宿を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 「感情をなぞる」 & 「邪教の王国」 in SUNABAギャラリー | トップページ | 18きっぷで美濃赤坂へ(その1美濃赤坂駅付近) »

コメント

>なかっちょさんへ
お久しぶりです、やっと帰って参りました。記事を見て頂きながら、何もできず、申しわけありませんでした。また、どうぞ宜しくお願いいたします!なかっちょさんのブログを見せて頂いておりますと、やっと帰ってきたんだという気分になりました!

>> 播州太郎さんへ

お帰りなさいませ。

暑い中、日本全国を巡回されてお疲れの事と思います。
旅先での楽しい思い出や、美しい風景や、観客の皆さんとの
交流のようすを、また教えて下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷで三河・尾張・美濃国一宮巡り(その3美濃編):

« 「感情をなぞる」 & 「邪教の王国」 in SUNABAギャラリー | トップページ | 18きっぷで美濃赤坂へ(その1美濃赤坂駅付近) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ