« 京の冬の散歩 雪の貴船神社へお参り | トップページ | 【叡電】雪の叡山線 2018 »

2018.01.21

「鮮やかな透明は白昼夢を憂う」 in Nano Gallery

1月13日に天王寺のNano Galleryで、雀蜂子さんの第四回個展「鮮やかな透明は白昼夢を憂う 」を見てきました。
*
201801osaka_gallery11
表現師を名乗る作家さんとは、2年半ほど前に別のギャラリーでお話ししたことがあります。その後は作品はときどき拝見しているのですが、ご無沙汰になってました。ギャラリーの新春一番の展示というので、寄せていただきました。
*
201801osaka_gallery12
会場は、天王寺駅と四天王寺のちょうど真ん中くらいの谷町筋沿い、夕陽丘の地名どおり冬の斜光線を浴びる五重塔がきれいかったので、ちょっと寄り道。
*
201801osaka_gallery13
なかなか意味の取りづらい(^^; タイトルですが、会場に入ると、ビニール袋に彩色したようなインスタレーションが一面に飾らせて、目を引きます。「透明な白昼夢」を意味するのでしょうか?

作家さんとオーナーさんとお知り合いの方々が2,3名迎えていただきました。

新年のご挨拶をして、作品を拝見します。
*
201801osaka_gallery14
斜めにしたキャンバスは目を引きますね。丸いのもありました。

作品は、紗をかけたようなボカシたような作風です。でも曖昧模糊ではなく、芯はしっかり通っているように感じました。
*
201801osaka_gallery15
テーブルクロスやランプも演出なのでしょうか。洒落てますね。

このギャラリーは、いつもお茶をだしていただくので恐縮します(^^;
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の冬の散歩 雪の貴船神社へお参り | トップページ | 【叡電】雪の叡山線 2018 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「鮮やかな透明は白昼夢を憂う」 in Nano Gallery:

« 京の冬の散歩 雪の貴船神社へお参り | トップページ | 【叡電】雪の叡山線 2018 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ