« 2017年12月 | トップページ

2018年1月に作成された記事

2018.01.17

【阪堺】もう正月ダイヤは終わってた住吉大社前(^^;

3連休初日の1月6日は、環状線・関西線の103系を写したあと、阪堺電車に回りました。
*
Hankai0213
モ161の活躍を見たかったのですが、正月三が日で終わったらしく、ネットでも「動いてる」という情報は見つからず(^^;
*
Hankai0214
まだまだ初もうで客は多いですが、電車は普段の休日ダイヤに少し臨時増発もあるかなという運用でした。
*
Hankai0218
すでに初詣から十日戎に奉納旗も取り替えられてます。電車はモ151みたいです。
*
Hankai0215
モ501が天王寺まで行って戻ってきました。
*
Hankai0216
今度は、恵美須町行きでやってきました。運用が一回転したので、ここも諦めて戻ることにします(^.^)
*
Hankai0217
一歳お兄さんですが、ことし還暦を迎える管理人には、非常に気になる電車でした。
*
(次回は、梅小路ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.15

【JR西】大阪環状線・関西線を写す (今宮駅)

3連休初日の1月6日は、大阪環状線に平成の終わりとともに引退するであろう201系を写しに行ってきました。
*
Imamiya01
福島・野田と回って、関西線との接続駅の今宮にきました。

関西線は普通電車は201系、快速は211系がメインで運用させています。
*
Imamiya02
撮影目的でこの駅に降りるのは初めてです(^^) が、関西線と環状線が交差するため駅の前後が急勾配急曲線になっており、駅撮りながらなかなか迫力ある絵が撮れました(^^♪
*
Imamiya04
3階の環状線内回りホームから見下ろした関西線上り電車。
*
Imamiya05
一部防護壁に隠れますが、芦原橋駅から駆け上がってくる電車を迫力ある構図で写すことができます。
*
Imamiya06
ここでも201系を待ってましたが、また振られましたcoldsweats01
*
Imamiya07
高架を吹き抜ける風が冷たくて(^^;、諦めて天王寺駅に移動しました。
*
(次回は、阪堺電車ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.14

【JR西】大阪環状線を写す (福島駅・ 野田駅)

3連休初日の1月6日は、大阪環状線に平成の終わりとともに引退するであろう201系を写しに行ってきました。
*
Kyobashi02
京橋駅で、お遊びに撮ったスナップのバックに偶然201系が来てくれてラッキー!
*
Fukusima01
野田駅で降りてみました。すぐにUSJのラッピング電車がやってきて、またまたラッキーhappy01
*
Fukusima02
でもこの後が続きません。快速は221系か223系、各停は323系ばかりcoldsweats01
*
Fukusima03
まあ、ひと昔前の103系だらけそれも朱色一色で、タマに青や鶯色がやって来る時代からみると、カラフルでキレイで乗り心地よくなりましたけどね(^^;
*
Fukusima04
323系は現状、環状線・桜島線専用ですが、関西線、桜井線、奈良線の各駅停車や区間快速に進出していくのでしょうか。大和路快速やみやこ路快速は、225系かな(^^)
*
Fukusima05
ようやく201系がやってきました。

でもまともに撮れたのはこの一本だけ(^^; あとは、かぶられたり取り逃がしたりcoldsweats01
*
Fukusima06
もう1本のUSJ電車は、後追いながら撮れました。
*
Fukusima07
1時間あまりいて、隣の福島駅に移動
*
Noda04
さっきのUSJ電車が戻ってきて、はるかと並んでくれました。
*
Noda05
ハリポタの大画像ポスターと指差確認する車掌さんhappy01

何かシュールです(^^)
*
Noda08
梅田貨物線を含めた3並びを待ってたんですが、昼間はパターンダイヤになってて見られずbleah 

※ 不謹慎ながらダイヤの乱れたときに期待しましょう
*
Noda07
次は、今宮駅に移動します。
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.12

京の冬の散歩 哲学の道から岡崎公園へ日展を見に

連休2日目の1月7日は、岡崎公園に「日展」を見に行ってきました。

散歩を兼ねて、ぶらぶら歩いて会場へ。
*
201801_kyoto21
寒い朝です。手袋をしても指先がかじかんできますね。

まだ朝8時台の哲学の道は、観光客の姿はなく、地元のひとが犬を散歩させたり、朝練の中高生が急ぐだけ。
*
201801_kyoto22
モヤっとした朝日に透かされる真っ赤なサザンカ。
*
201801_kyoto23
法然院の茅葺の山門

カラーだと寒々しすぎなので(^.^) モノクロに新春らしく桃色を少し重ねてみました。
*
201801_kyoto24
この寒空に落ちずに残っているザクロの実。

寒い時期は、赤色に反応してしまいますね(^^;
*
201801_kyoto25
岡崎公園一帯が、消防出初式で通行止めなので、少し回り道して会場に到着です。今年は京都市美術館の本館が工事中なので、みやこメッセと美術館別館で分散展示になります。

会場は写真撮影禁止なので、気になった作品で絵葉書があったのを紹介します。
*
201801_kyoto26
渋谷の街を作業机の上にリアルに再現する発想に驚きましたcoldsweats02
*
201801_kyoto27
大和神話のお后様を、明治から昭和戦前の貴婦人をおもわせる姿に描かれたのが面白いです。

アクセントのユリの花も清楚で......
*
201801_kyoto28
天に昇るお父さんと見送る母子でしょうか。悲しげな表情が胸を突きました。
*
201801_kyoto29
あと入選作で、鉄道車両をガチで描いたものにD51999とED143が機関区で並んでいるところスケッチしたのがありました。
*
(次回は、JR環状線ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.11

新春「福袋」展2018 in スナバギャラリー

1月6日は、スナバギャラリーさんの新春「福袋」展2018を見てきました。
*
201801osaka_gallery01
福袋というと、年末大売り出しに売れ残った商品を袋詰めして叩き売りcoldsweats01 のイメージがありますが、この展示は昨年来、このギャラリーで活躍された作家さんのほぼ新作ばかり、けっして残り物ではありませんぞhappy01
*
201801osaka_gallery02
手前のフロアーの様子
*
201801osaka_gallery03_2
奥のフロアーの様子

グループ展なので個別に作家さんや作品を挙げて感想は書きませんが、さすがに常連のベテランや新進気鋭の若手クリエイターばかりですから力作揃い。

外の寒さを吹き飛ばす(^^; 熱気に溢れてました。今年も素晴らしい展示が続くであろうことを予感いたしました(*^▽^*)
*
201801osaka_gallery04
(C) 2017 奥村あか  『夜明けをまってる』 <<無断転載を禁ず>>

このギャラリーが昨夏に移転されたときに、移転費用カンパ名目で制作を依頼した絵がやっと仕上がって会場で作家さんから直に受け取ってきました。

作家さんは、「いつもの夜の絵ではなく夜明けについて考え描くのは新鮮で楽しかったです。」
とおっしゃてました。

角のように生えた命の枝と蓮の葉、カラフルなチョウ、曼珠沙華..... イメージが膨らみますね。
大切に飾らせてもらいましょう。
*
(続く) (次回は、京都のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.09

【JR西】モハ103系 in 稲荷駅

1月3日は、鳥羽街道駅で京阪を撮影してから、稲荷駅に移動して、これも絶滅危惧種に指定された奈良線の103系を少し撮影しました。
*
Inari09
時間は午後4時半をまわり、かなり薄暗くなってきています。でもお稲荷さんに向かう人波はぜんぜん減ることがないようですが(^.^)
*
Inari10
6両編成で稲荷駅に到着する103系。 ライトがまぶしいです。
*
Inari11
あまり意識したことがなかったんですが、稲荷駅のホームもかなりカーブがキツイですね。
*
Inari12
1本前の電車から10分しか経ってませんが、急に暗くなってきました。レールが光ります。
*
Inari13
最後の輝きをみせる夕焼けをバックに、稲荷駅入線。
*
Inari14
お姉さん車掌さんの合図で発車していきました(^^♪
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.08

【京阪】2018年正月ダイヤ in 鳥羽街道(その2)

2018年の「鉄」はじめcoldsweats01 は、恒例の鳥羽街道駅での京阪電車の正月ダイヤの撮影です。

通常ダイヤでは日中に走ることの少ない「急行」を記録。
*
6004_02
6004Fと6005Fの「急行」どうしのすれ違い。鳥羽街道駅では正月ダイヤならでは(^^♪
*
1501_05
1501Fの7連「急行」
*
1503_03
1503Fの「急行」。「アートエリア ビーワン」のHM付き(三条駅)
*
2601_11
場合によっては、今年中に廃車となる可能性大な、2600系も記録。
*
2601_12
いまだ骸骨灯とあだ名される尾灯をつけた2601F
*
2624_03
骸骨をアップで(^^♪
*
5555_06
やはり置換えが間近な5000系
*
5555_07
5扉でラッシュを切り抜けてきた電車も、混雑率の低下でいよいよ引退です(T_T)
*
(次回は、稲荷駅の103系です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.06

【京阪】2018年正月ダイヤ in 鳥羽街道(その1)

2018年の「鉄」はじめcoldsweats01 は、恒例の鳥羽街道駅での京阪電車の正月ダイヤの撮影です。

目玉は、HM付きの快速急行「洛楽」
*
3001_13
上り1本目、3001F。 やはりHMが付くと引き締まりますね。
*
3001_15
京都方で、8005Fの特急と並びました。
*
3002_08
上り2本目は、3002F。

1本目の3001Fの戻りの特急とかぶってしまいました(^^; 下りが通過した後にカメラを向けたので、露出がおかしいです(^.^)
*
3002_09
夕方の下り1本目はまた3002Fです。
*
3002_10
後追いです。
*
8009_08
上り3本目の8009F

疏水鉄橋を渡るため25‰の急勾配急カーブを駆け上がります。
*
8009_09
後追いです。
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.05

京の冬の散歩 北野天満宮へ初詣

1月2日は、北野天満宮に初詣に行きました。
*
201801_kyoto06
季節がら受験生のお参りが多いですね。

頑張れ受験生、栄冠までもう一歩!!
*
201801_kyoto07
楼門の下には、糸人形の西陣が飾ってありました。人形の体を生糸の束で、衣装は西陣織の端切れで作ります。

管理人の子供の頃は、まだ西陣織の全盛期で、夏祭り(お盆?)の行事で、織屋さんが町内ごとに糸人形を飾っていたのを覚えてます。

和装の衰退とともに、行事もすたれたようですが、最近また復活したようで、よろこばしいです。
*
201801_kyoto08
西陣のゆるキャラ? 「にしじんくん」もいました。糸巻きをモデルにしてるんでしょうねhappy01
*
201801_kyoto09
昨年暮れに寒波が続いたためか、梅の開花も遅れています。例年だと正月にかなり花を咲かせている樹も多いですが、今年はわずか一本にふたつ、三つ咲いてるだけでした。
*
201801_kyoto10
梅の枝にお守りをつけた「思いのまま」を買い求めました。

うまく育てると花芽が膨らんで梅花が香るのだとか。枯らさないように育ててみましょうcoldsweats01
*
201801_kyoto13
ひょうたんの中には、厄除けの玄米が入っています。梅花祭に供えられる神饌用に調製されたお米なのだそうです。

昨晩の晩御飯に炊き込んで、美味しくいただきましたriceball
*
201801_kyoto11
帰り道の上七軒の花街で見つけた、巨大な矢。 これはなんの看板でしょう?
*
201801_kyoto12
提灯の重しに唐草模様のがま口がぶら下げてあるものユニークでした。
*
(次回は、京阪ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.03

京の冬の散歩 平安神宮へ初詣

元日は、お節を祝ったあと、お寺と当家のお墓参りをして、そのあと母方の親戚のお墓参りを兼ねて、市内の寺社に初詣に出向いています。

今年は、平安神宮に参りました。
*
201801_kyoto02
暮に比べて少し寒さも和らいだ感じで、よいお正月です。
*
201801_kyoto03
大勢の参拝者です。神さまの前に出るまで20~30分は掛かるなと予想しましたが、
*
201801_kyoto04
やはり25分くらいかかりました(^^;
*
201801_kyoto05
平安神宮をでて、知恩院の本山さん、東大谷のお墓とお参りして、祇園新橋から京阪三条駅に抜けました。

お正月の花街は静まり返っています。舞妓さんの挨拶回りは七日の始業式からかな(^^)
*
(続く) (次回は、北野の天神さんから嵐山へ)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.02

京都御所の仙洞御所拝観

あらためまして、

明けましておめでとうございます。本年もピンぼけ写真館をよろしくお願いいたします。

さて、記事にするのが少し遅くなりましたが、暮れの12月24日に京都御所の仙洞御所・大宮御所を拝観してきました。
*
201712kyoto31
京都御所の東側に築地塀に囲まれて仙洞御所があります。外からは木立と建物の屋根が見えるだけで、中はどんなになっているかうかがい知るのは難しいです。
*
201712kyoto32
これは、拝観者の休憩所に掲げられた仙洞御所内の絵地図です。

入る前は、御所の内裏のように平安絵巻さながらの寝殿造の御殿が並んでいるかと思っていたのですが、意外に建物は少なくて敷地の大半が松林や池庭になっています。
*
201712kyoto33
見学は北門から入り受付を済ますと、まず大宮御所の御常御殿に案内されます。

この御殿の玄関だけは、皇族方や外国の賓客がお泊りになるときにテレビに写されたりして知っている方も多いと思います。
*
201712kyoto34
残念ながら御殿の中は非公開です。純和風の御殿ですが中は洋間で絨毯敷なのだそうです。ちょっとアンバランス(笑)
*
201712kyoto35
御殿から外へでると、大きなお池が広がっています。街の真ん中にこれだけの水面があるとは驚きです。
*
201712kyoto36
池の周りや池に浮かぶ小島を巡る池泉回遊式庭園になっています。
*
201712kyoto37
こちらは、仙洞御所のお庭の南池です。南北の池は水路で結ばれています。

南池の真ん中に八ツ橋と呼ばれる橋がかかり藤棚が造られています。初夏には水上に紫の道ができるそうです。

予約が取れれば、そのころ再訪したいですね(^^♪
*
201712kyoto38
南池の南西岸は、州浜になっていて野球ボール大の丸石で覆われています。なかなか壮観です。

使われた石は11万1千個といわれ、「石一個に米一升」の約束で運ばせたので、一升石とも呼ばれます。
*
201712kyoto39
仙洞御所のお庭の南端に醒花亭とよばれる茶室があります。李白の詩から命名されているそうです。
*
201712kyoto40
州浜に沿って北上し、大宮御所に戻る手前に、又新亭(ゆうしんてい)という茶室があります。

明治17年に近衛家から献上された建物で、御所の歴史の中では比較的新しい(といっても130年以上前ですが)のだそうです。
*
201712kyoto41
再び、御常御殿の横を通って休憩所に戻り解散になりました。一周小一時間の見学コースです。

仙洞御所の中が大きなお庭になっていることが分かって、漠然とした疑問が消えて(笑) 有意義な拝観でした。
*
(次回は、京都の初詣風景を)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.01

2018年 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします
*
201801_kyoto01
2018年が始まりました。

今年は戌年。私事ながら今年は年男、秋には還暦を迎えます(^^;

人生も、そろそろ終着駅の遠方信号機がカーブの向こうに見え始めるところなのでしょうか(^^;

それともまだまだ進行を現示した閉塞信号機が続いて行くのでしょうか(^^)

ともあれ、ぼちぼち第二・第三の人生の運行スケジュールを決定する時期ではありますね。

読者の皆様にも、いろいろとお知恵を拝借するかもしれません。その時はよろしくご指導のほど願います(^^♪

管理人 なかっちょ 拝

2018年元日
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 2017年12月 | トップページ

フォト

謹賀新年 2018年元日

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ