« 京都精華大卒展 | トップページ | 「伏見の鉄道史」 in 伏見歴史Do!フェス »

2018.02.19

エコアート展 (かどまエコフェスティバル) in 門真市

門真市クリーンセンターで開催の、第4回かどまエコフェスティバルを見てきました。
*
201802osaka_21
たまたま駅のポスターで見つけたんですが、調べると知ってる作家さんも出展されるようなので、見に行くことに。

エコロジーや環境問題に関する展示の中に、不用品や廃棄物を活用したエコ・アート展があります。
*
201802osaka_22
「ハンガー de パンダ」

使い捨てハンガーを加工した作品は、他にも鳥の巣や生命誕生をイメージした作品がありました。
*
201802osaka_23
「リサイクラゲモビール」と「新聞紙で作るジンベイザメと飛行機」です。

身近なビニールや古新聞を活用して、こんな立派な作品ができるんですね
*
201802osaka_24
宙を舞う、くじらと紙飛行機
*
201802osaka_25
@たつまささんの、「やさしい絵 ダンボール君が見た夢」です。
「やさしい絵」は、この作家さんのシリーズ作品です。わたしもこの絵柄に引かれて一枚お迎えしています。

会場におられたのでお話しすると「門真市民でここから10分位の所に住んでます(^^)」とのこと。
*
201802osaka_26
門真といえば京阪特急ですね

おなじみの段ボール工作ですが、中に入れます。さらに中は展望台(会場はビルの5階)になってて、ピンホールカメラを応用した望遠鏡で、市内を眺められます。

子供たちはもちろん、大人も大喜びでのぞきます
*
201802osaka_27
他にもいろいろ作品がありましたが、このくらいにして門真市のゆるキャラを紹介。

左は、「蓮(れん)ちゃん」。門真市の地場作物のレンコンをとる蓮の花の妖精をイメージ。8歳の女の子との想定だそうです。

右は、ネコのゆるキャラみたいですけど名前聞くの忘れました(^^;
だれか知ってる?
*
(続く) (次回は、伏見の鉄道史のイベントです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京都精華大卒展 | トップページ | 「伏見の鉄道史」 in 伏見歴史Do!フェス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エコアート展 (かどまエコフェスティバル) in 門真市:

« 京都精華大卒展 | トップページ | 「伏見の鉄道史」 in 伏見歴史Do!フェス »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ