« 【京阪】大津線を撮る(坂本~三井寺間) | トップページ | きゃらあい個展「煙に巻く」 & 「日本画へのいざない」 »

2018.02.25

醍醐寺の餅上げ力奉納を見てきました。

2月23日は、振休が取れたのであちこちで歩いてきました(^^;

まず午前中に京阪大津線を撮影して、昼過ぎに醍醐寺にきました。
*
201802kyoto_41
この日は、年に一度の五大力さんの法要があり、境内は大勢の参拝者で賑わっています。

有名な醍醐三宝院前の桜並木を進み、山門をくぐり、
*
201802kyoto_42
五重塔の前を過ぎると、金堂前の広場にでます。
*
201802kyoto_43
ここに舞台が作られて、餅上げ力奉納の行事が行われます。
*
201802kyoto_44
餅上げ力奉納とは、五大力さん=「不動明王」(中央)、「大威徳明王」(西方)、「軍荼利明王」(南方)、「降三世明王」(東方)、「金剛夜叉明王」(北方)の五尊に、女性は90kg、男性は150kgの大鏡餅を持ち上げて「力」を奉納し、その時間を競う行事です。
*
201802kyoto_46
すでに女性の部は半分以上が終わってましたが、この方は4分以上持ち上げられてましたね。
*
201802kyoto_45
長く抱えるコツは、馬鹿力より持ち方や支える態勢にあるそうです。

新聞に載ってましたが、優勝者による講習会もあるのだとか
*
201802kyoto_47
まったく上がらないひとや、数秒でアウトのひと、数分頑張るひと、それぞれに声援や感嘆の掛け声や笑い声が飛びます。
*
201802kyoto_48
続いて、男性の部です。 最初にアトラクション で、月光仮面や戦隊ヒーローそれに醍醐地区のご当地ゆるキャラ「もちもちぃん」の応援がありました。
*
201802kyoto_54
本気で優勝を狙う方、スーツ姿の飛び入り?参加のサラリーマン、外国の方などなど32名がエントリーされました。
*
201802kyoto_49
やはり長く持ちこたえるかたは、掴み方、持ち上げ方、支え方と決まってますね。
*
201802kyoto_51
安定すると姿勢は固まって、ピクリとも動かない感じです。1分経過・・・・・、2分経過・・・・とアナウンスがあるたびに、どよめきがあがります。
*
201802kyoto_50
それにしても150Kgを数分(今年の優勝者は、女性6分28秒、男性5分16秒)も支えるってすごいですね

管理人では、持ち上げるところか引っ張り出すのも無理かも
*
201802kyoto_52
最後の表彰式まで見ていたかったですけど、他にも行きたいところがあるので、山伏さんによる護摩供養をすこし拝んで、
*
201802kyoto_53
三宝院のお庭の紅梅に見送られて、醍醐寺を後にしました。
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京阪】大津線を撮る(坂本~三井寺間) | トップページ | きゃらあい個展「煙に巻く」 & 「日本画へのいざない」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 醍醐寺の餅上げ力奉納を見てきました。:

« 【京阪】大津線を撮る(坂本~三井寺間) | トップページ | きゃらあい個展「煙に巻く」 & 「日本画へのいざない」 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ