« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月に作成された記事

2018.04.30

初夏の長岡京市の散歩(その2-長岡天満宮)

もう1週間以上前になってしまいましたが(^^) 4月22日に長岡京市を散歩したときの話題をお届けします。
*
201804nagaokalyo13
乙訓寺をでて、長岡天満宮にむかいます。行きは最短コースでバス通りを急ぎましたが、帰りは旧丹波街道をのんびりと(^-^)

新興住宅地のイメージの大きい乙訓地区ですが、まだまだのどかな景色が残っています。
*
201804nagaokalyo14
一面の菜の花畑。今年は季節の進みが早くて撮れてなかった一枚を、やっと写し取れました(^^♪
*
201804nagaokalyo16
菜の花のむこうに、真っ赤なお花と青い水面が見えてきました。
八条ケ池です。
*
201804nagaokalyo17
水上橋の遊歩道に六角堂。池の奥の茂みが天満宮の境内です。
*
201804nagaokalyo18
ハトさんもお出迎えhappy01

モデル料にお菓子をさしあげましたcoldsweats01
*
201804nagaokalyo19
正面大鳥居前にきました。池のなかに築かれた参道を歩きます。
*
201804nagaokalyo20
ここも早や見ごろを過ぎた感じですが、キリシマツツジの真っ赤な壁。
*
201804nagaokalyo21
日陰になる北側は、まだ見応え十分で、重量感に圧倒されますね(^^;
*
201804nagaokalyo22
壁の先端部分。雲ひとつない青空に埋まり込む、真っ赤なツツジ。
いいですねぇー
*
201804nagaokalyo23
お参りを終わって戻り道、3列にならぶ石の太鼓橋を写します。加賀前田侯の寄進と伝えられます。

背景は、竹の子料理で有名な料亭錦水亭です。
*
201804nagaokalyo24
いちど、こんな高級料亭でお食事してみたいですが、接待のおよばれでもないと無理かなbleah
*
201804nagaokalyo25
お土産は、乙訓の朝掘り竹の子。夜明けとともに掘り出して、午前10時頃に農協の直売所に並びます。

農家の話では「今年は、想像以上の上出来(^^)」とのことでした。

帰ってから、たけのこご飯や若竹汁で賞味しましたが、おじさんの自慢(笑)どおり、サイコーのお味でした。
ごちそうさまhappy01
*
(続く) (次回は、龍造寺城跡です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.29

初夏の長岡京市の散歩(その1-乙訓寺)

年度初めで仕事が忙しくて、なかなかブログを更新できませんcoldsweats01

もう1週間前になってしまいましたが(^^) 22日に長岡京市を散歩したときの話題をお届けします。
*
201804nagaokalyo01
まず訪れたのは、乙訓寺の「牡丹祭り」。例年GW期間中に開催なのですが、今年はどの草木も開花が早くて(^^; 急遽、前日の土曜から繰り上げ公開になりました。

ネットで情報が来たので、朝8時の開門とともにお参りです。
*
201804nagaokalyo12
朝はやくから大勢の観光客やカメラマンが、大輪の牡丹を目当てに集まってきてました。

みなさん「今年は早いネー。桜が散った思たら、もう牡丹やcoldsweats01」が朝の挨拶。
**
201804nagaokalyo02
このお寺の牡丹園は、白い和傘の日覆いが名物です。
*
201804nagaokalyo03
和傘は、優雅なんですが意外と撮影には苦労します。特に朝夕の斜めから太陽光の差し込む時間帯はhappy01
*
201804nagaokalyo04
古来、中国では牡丹は「花の王」として愛好され、日本でも多くの品種が作出されています。
*
201804nagaokalyo05
このお寺では、2000株を越えるボタンを栽培されているそうです。

たくさん写真を撮ってきましたが、特に気に入ってた数枚をUpします。
*
201804nagaokalyo06
*
201804nagaokalyo07
*
201804nagaokalyo08
*
201804nagaokalyo09
*
201804nagaokalyo10
*
201804nagaokalyo11
初夏の香りを堪能できました(^^♪
*
(続く) (次回は、長岡天満宮です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.27

グループ展「男祭砂場鑑」&「みだれ髪」 in SUNABAギャラリー

4月3週目のSUNABAギャラリーの展示はグループ「男祭砂場鑑(おとこまつりすなばかがみ)」と、グループ展「みだれ髪」です。
*
201804osaka_gallery19
「男祭砂場鑑」は、タイトル通り男性作家さんばかりの展示です。軟硬とり交ぜて、多彩な作品が並びました。

「みだれ髪」は、女性作家さんばかりの官能を前面に打ち出した(^-^)展示です。R18ではありませんが、かなりキワドイ絵も並びます。
*
201804osaka_gallery15
左側の大明さんのやや抽象画っぽい作品いいです。右手のチャーリー・フィリップスさんの緊縛写真もなかなか良いです。
*
201804osaka_gallery16
一番左手のNAOLIONさんの 《Possession》 写真では見にくいですが、非常に繊細に描き込まれた細密画が素晴らしかったです。

作家さんは、たまたま在廊されておられたようですが、お客さんと思い込んで(^^;お話しを伺えなかったのが残念です。
*
201804osaka_gallery17
右手の招待作家のMa marumaruさんの官能的美女の作品。熱心なファンのかたがおられて、いつも新作をいの一番に買い求められます。作家冥利に尽きますねdelicious
*
201804osaka_gallery18
右手の奥田鉄(おくだまがね)さん、左手の鼓雀(こすずめ)さん、どちらもいい絵です。

とくに鼓雀さんの作品は牡丹やシャガの花を描き込んで初夏の季節感を出せれているのに感心しました。
*
201804osaka_gallery20
(次回は、長岡京市の街歩きです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.26

【南海】平野線平野駅跡を歩く(その2)

地下鉄平野駅前のギャラリーに展示を見に行く前に、せっかく平野まで来たのだからと、旧南海平野線の廃線跡を歩いてきました。
*
201804nankai_hirano14
戻って、阿倍野方面に向かいます。

ゆるやなか鉄道カーブがこころを揺らしますね(^.^)
*
201804nankai_hirano11
遊歩道は広くなって公園になります。その中を線路が通っています。
*
201804nankai_hirano12
線路が分岐して駅のイメージですかね。
*
201804nankai_hirano13
ここには、西平野電停があったようです。
*
201804nankai_hirano06
西平野駅ではありませんが、こんな駅でした。

いまでも阪堺線や上町線の専用軌道部分はこの雰囲気を残してます。
*
201804nankai_hirano15
ギャラリー前の南港通りを、旧塗装の市バスが通り過ぎていきました。

一瞬、40年ちかく前にタイムスリップした感じです。
*
201804nankai_hirano16
地下鉄平野駅構内に描かれた大阪メトロの仲間たち
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りの続きです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.25

【南海】平野線平野駅跡を歩く(その1)

地下鉄平野駅前のギャラリーに展示を見に行く前に、せっかく平野まで来たのだからと、旧南海平野線の廃線跡を歩いてきました。
*
201804nankai_hirano01
地下鉄の駅から内環状線を少しJR平野駅方向に歩き、東に細い道に入ると何の案内もなく、旧線路敷きを転用した遊歩道が現れます。
*
201804nankai_hirano02
線路を模したタイルや、信号機(ちゃんと鉄道用らしく縦長ですねcoldsweats01 )が作りつけられています。
*
201804nankai_hirano03
平野駅のシンボルといわれる六角形の屋根をイメージしたあずまやにタイル絵のモ205形電車。

懐かしいですねー。もう廃止から38年も経ちます。
*
201804nankai_hirano04
タイル絵のアップ
*
201804nankai_hirano17
偶然、現役時代のモ223号を撮影してました。阿倍野交差点を今池から平野方面に進むところです。

(撮影日-昭和55(1980)年11月16日)
*
201804nankai_hirano07
平野駅跡です。レールが分かれて出発信号機もありますね(^^)/
*
201804nankai_hirano08
改札側からみたところ。藤棚は古レールを転用してあります。平野線で使われたものでしょうか。車止めがあるのも憎いですね(^.^)
*
201804nankai_hirano05
現役時代の写真です。賑わってますね。

地下鉄に置き換えられるくらいですからかなりの交通量があったのでしょう。
*
201804nankai_hirano09
駅前商店街には「平野南海」の文字が残ってました。
*
201804nankai_hirano10
趣のある、六角を半分にしたような形のお肉屋さん。

コロッケを揚げる香りが漂ってましたrestaurant
*
(続く) (次回も南海平野線跡です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.24

「A4の世界VI Horizon」 & ある紗個展「胎の果て」 in スナバギャラリー

大阪のギャラリー巡りの次は、スナバギャラリーで開催のグループ展「A4の世界VI-Horizon-」 と、ある紗個展「胎の果て」です。
*
201804osaka_gallery14
A4の世界は、年に2回ほど開かれる大グループ展で、このギャラリーの呼び物のひとつになりました。

ベテランの招待作家を常連の中堅作家さんが支え、さらに公募の作家さんの多彩な作品が並びます。
*
201804osaka_gallery10
A4という限られたサイズですが、これだけ並ぶと圧巻ですね(^.^)

公募作家さんには、はじめましての方も多いのですが、ここから常連さんになられたり、個展を開かれたりで、愛好家さんに作品がお迎えされるケースも良くあります。
*
201804osaka_gallery11
招待作家の葵野ケイコさんの空の上を歩くようなイメージの連作はいいですね。
*
201804osaka_gallery12
ある紗さんの個展「胎の果て」です。

官能的ですこしオカルトなモチーフはドキッとさせられましたcoldsweats01 
でも細かいところまで丁寧に描き込まれて、いやらしさが全くありません。

この手の作品はひとつ間違うとエロ・グロに堕ちて見られなくなってしまうものですがdelicious
*
201804osaka_gallery13
作家さんは、まだ美大生とのことですので、これからの活躍を大いに期待しましょう(^^♪
*
(続く) (次回は、街歩きネタを一回入れます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.23

「三冊だけの絵本屋さん」 in ギャラリーhana輪

大阪のギャラリー巡りのつづきは、平野のギャラリーhana輪さんで開催のグループ展「三冊だけの絵本屋さん」です。
*
201804osaka_gallery07
タイトルどおり、nagomi koubouさん、貴納 大輔さん、やの えみさん、お三人の作家さんによる絵本の原画展です。

お店は谷町線の平野駅前にあって大阪では知られたギャラリーなのですが、京都からではちょっと遠くて(^^; 谷町線沿線のギャラリーのスタンプラリーがてらにはじめて寄せていただきました。

最終日の閉幕間近にもかかわらず、大勢のお客さんで賑わっていました。
*
201804osaka_gallery08
三人三様の個性あふれる原画と言葉書き、読み進みながらほのぼのdeliciousしたり、ハラハラcoldsweats02したり、ちょっとおセンチになったりconfident

よい絵本は、子供だけでなく大人も楽しめるものなんですね。
*
201804osaka_gallery09
(続く) (次回も、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.22

マハカラ個展「Karappo」& 貴絵個展「春の恋」 in ギャラリーそら

先週は忙しくてブログをUpするヒマがありませんでした。もう少し忙しいのですが、あまり溜めるわけにもいかないので(^^; 先週の大阪のギャラリー巡りの続きを(^^)
*
201804osaka_gallery01
ギャラリーそらの奥のスペースで開催のマハカラさんの個展「Karappo」です。

ネコ好きの作家さんらしく、猫ちゃんのモチーフが多いですね。
いま大阪では、「ねこふん VOL.7 猫ふんじゃったなギャラリーたち」と題して、多くのギャラリーで猫の絵を展示してるので、それを意識されているのかもしれませんcat
*
201804osaka_gallery02
この作家さんは、インドの神話や民俗にも詳しくて、猫の体の模様は、「メヘンディ」と呼ばれるインドのボディアートのデザインを取り入れられているそうです。
*
201804osaka_gallery03
こちらは、インド神話の神さま、シヴァ・マハーカーラ・ガネーシャなど。

これらの神さまは仏教に取り入れられて大黒天や歓喜天、帝釈天、梵天になりました(^^)
*
201804osaka_gallery04
ぎゃそらの手前のスペースは、貴絵さんの個展「春の恋」です。

入り口を入ると、まずこの大きな女性像が目に飛び込んできます。アメリカ映画のハリウッド女優さんを描いたような美女のさまざまな表情やしぐさが描き分けられています。
*
201804osaka_gallery05
すこしレトロな感じもするのは、淡い水彩で描かれているからでしょうか。

「春の恋」のタイトルからすると、みなさん恋に夢中だったり、恋に悩んだりしてるのかなcoldsweats01
*
201804osaka_gallery06
大人の女性が多い中で、真ん中の女の子の顔が愛らしいですねhappy01

どちらも楽しかったです。
*
*
(続く) (次回も、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.15

明治150年 明治の日本画と工芸展 in 京都近代美術館

この週末は、京都と大阪のミュージアム・ギャラリーを巡ってきました。
*
201804kyoto67
京都国立近代美術館で開催の、「明治150年展 明治の日本画と工芸」です。

展示は4部構成になっていて、第1部は「京都府画学校と同時代の日本画」です。

今の京都市立芸大の前身である京都画学校で活躍した、幸野楳嶺、竹内栖鳳、今尾景年らの作品がならんでいます。

第2部は、この展覧会のメインで「明治の工芸-博覧会の時代」です。

明治時代、殖産興業や輸出振興の国策のもと日本の美術工芸品が内国博覧会や海外での万国博覧会を通して、主に欧米に紹介され、いわゆる「ジャポニズム」を流行させます。

帝室技芸員に選ばれるような著名な作家から、名もない職人まで作者はいろいろですが、優れた日本の工芸品は世界で絶賛されました。

ただ個人的な美的感覚では、西洋人に好まれたい一心で、なにかバタ臭く悪趣味(失礼)に見えなくもないのですが(^^;

第3部は、ワグネルと旭焼です。ワグネルはドイツ出身のお雇い外国人技術者ですが、日本の陶磁器やガラス産業の発展に尽くして人です。そのワグネルが開発した陶器が旭焼です。外国にも多数輸出され愛好されました。

第4部は、「明治の名工」と題して、当時を代表する工芸家の作品が多数展示されています。
上のポスターの左側の安藤緑山の仏手柑牙彫置物などは、とても象牙を彫って彩色したとは思えない本物そっくりの仕上がりで、見る者を圧倒させてくれます。

日本の手わざに感心のあるかたは、ぜひご覧ください。5月20日(日)まで
*
201804kyoto68
京都文化博物館の京の至宝と文化コーナーで紹介される「加藤宗巌、忠雄金工展」です。

お二人は、親子で金属板を叩いたり伸ばしたりしながら形をつくる鍛金と金属を鏨や金槌で打って仕上げていく彫金の技術に秀でた金工作家です。

その作品は、精緻で優美で気品があって、とても堅い金属板を加工して作ったとは思えないくらいです。

卓越した職人技に感動を覚えます。
5月6日(日)まで、「洛陽三十三所3 – ゆかりの人と寺宝」展と併催です。
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.14

京の春の散歩 桜・椿・石楠花・山吹etc... 咲き乱れる雨宝院

ソメイヨシノは早や葉桜になった4月7日、遅咲きの桜と椿を探してまた西陣を散歩してきました。
*
201804kyoto55
千本閻魔堂をでて、雨宝院に向かいます。観音桜に歓喜桜が見ごろを迎えています。

山門の屋根も花びらが散り敷いてピンクに染まっています。
*
201804kyoto56
狭い境内を覆い尽くすピンクのドーム(^^)
*
201804kyoto57
足元もピンクの絨毯。散り椿もアクセントに(^.^)
*
201804kyoto58
真っ赤な椿に粉雪のように降り積もる白い花びら。

幻想的でしたthink
*
201804kyoto59
どこを写してもピンクの壁です(^^;
*
201804kyoto60
もうシャクナゲが見ごろになっています。早いですねぇー 平年より半月以上は早いのでは(^-^) 感覚が狂ってしまいます。
*
201804kyoto61
ヤマブキも黄金色の花をつけています。これも早いなぁー
*
201804kyoto62
黄緑色の珍しい花を咲かす、御衣黄桜。ここの名物です。
*
201804kyoto63
高いところの咲いているので、写真が撮りにくい(^^;
*
201804kyoto64
堪能できましたhappy01
(次回は、京都のミュージアム巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.12

京の春の散歩 五色散り椿と普賢象桜

ソメイヨシノは早や葉桜になった4月7日、遅咲きの桜と椿を探してまた西陣を散歩してきました。
*
201804kyoto41
最初に向かったのは、椿寺地蔵院。2週間ぶりの再訪です。桜も椿もすこし盛りを過ぎた感じですが、まだまだ見ごろでした。
*
201804kyoto43
年によって、桜と椿の開花の時期がずれてなかなか両方が同時に満開になることは少ないのですが、今年は3、4年ぶりの当たり年ですhappy01

これで天気が快晴なら言うこと無しですがcoldsweats01
*
201804kyoto42
地面が見えないくらい花びらが敷き詰められてます。
*
201804kyoto45
もう3、4日はやく来れれば、しだれ桜のカーテンが見れたでしょうけれど(^^;
*
201804kyoto47
五色椿とは違う種類のようですが、植込みの上に一輪落ちてました。明け方までの小雨で濡れています。
*
201804kyoto49
続いて、千本閻魔堂に向かいます。途中にやぶ椿の古木が屋根を覆うよい雰囲気の酒場がありました。

いちど夕方以降に立ち寄ってみたいですbottle
*
201804kyoto50
閻魔堂は、八重桜が満開です。
*
201804kyoto51
普賢象桜という桜が多く植えられています。
*
201804kyoto52
花の真ん中から雌しべがにゅーっとでて、それが普賢菩薩の乗る像の鼻のように見えるのでこの名があります。
*
201804kyoto53
境内には、紫式部の供養塔があります。
*
201804kyoto54
(続く) (次回は、雨宝院です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.11

MIHOミュージアムの光のトンネル

3月25日は、午前中に西陣を散歩して午後から信楽のMIHOミュージアムへ行ってきました。
*
201804sigaraki01
「猿楽と面」という展示をやっています。猿楽とは能楽の古い呼び名ですが、いわゆる「お能」として洗練され体系化された演劇だけではなく、体系化される以前から現代まで各地に伝えられた伝統芸能としての猿楽があります。

この展示では、とくに猿楽の能面に焦点をあてて展示されています。
*
201804sigaraki02
能面というと、なにか取っつき難いイメージがありますが、地方の猿楽の面は、素朴で力強く神秘的で、またユーモラスでちょっとエロティックなものもあります。

豊作や子孫繁栄を願う神事の所作のひとつであり、農民や町民が、自ら演出して自ら楽しむためのアトラクションでもあったからなのでしょう。

その造形は見ていて飽きません。
*
201804sigaraki03
さて、この美術館にいったもうひとつの目的は、春秋のお彼岸の時期に、エントランス部と展示館をつなぐトンネルがちょうど真西に沈む太陽の光りをうけて金色に光り輝くのが見れるのです。
*
201804sigaraki05
午後5時の閉館以降も、この自然と人工物の織りなす光りのアトラクションを見ようと大勢の人が待ち受けています。
*
201804sigaraki06
5時40分頃からだんだんと光の輪がトンネルの奥からやってきて、50分ごろに一番輝きました。

でももう少し遅かったようで(3月18~20日頃がピーク)、期待したほどは輝きませんでした。

秋のお彼岸のころにリベンジいたしましょうcoldsweats01
*
(次回は、京都の街歩きです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.09

京の春の散歩 3月下旬の西陣(その2)

花はすでにあらから散ってしまい、足早に終わったような春ですが、写真にはしっかり残せましたcoldsweats01  ボチボチ紹介していきます。

3月25日の西陣の散歩の続きです。
*
201804kyoto37
北野天満宮にきました。実はすっかり忘れていたのですが、この日は天神さんの縁日で、参道には屋台が並び、受験のお礼参りをする学生さんの姿も目立ちました。
*
201804kyoto38
境内では、大道芸の猿回しをやってました。神戸モンキーズ劇場の一座だそう。
*
201804kyoto39
人間の背丈よりもたかい竹馬を器用に乗りこなします。
*
201804kyoto21
天神さんをでて、椿寺地蔵院に参ります。

名物の五色八重椿は、5分咲きといったところ。見ごろはもう1週間後くらいですかね。
*
201804kyoto23
並んで咲くしだれ桜も、ツボミ膨らむといったところ。
*
201804kyoto22
まだ散り椿を愛でるには、ちょっと早い(^^;
*
201804kyoto40
*
201804kyoto24
行けませんでしたが、3月31日から4月1日にかけての週末が、椿・桜ともに満開をむかえて、見事だったそうですhappy01
*
(続く) (次回は、MIHOミュージアムの光のトンネルです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.08

京の春の散歩 3月下旬の西陣(その1)

寒い週末です。花はすでにあらから散ってしまいましたが、やはり花冷えと呼ぶのでしょうか(^^)

足早に終わったような春ですが、写真にはしっかり残せましたので、ボチボチ紹介していきます。

まずは、3月25日の京都御所の近衛邸のしだれ桜を写した続きから。
*
201804kyoto25
御所をでて、一条通を西に向かいます。堀川を渡るところで川面をのぞくと、滝のうえにやぶ椿が。
街中なのに、山奥のような雰囲気の写真が撮れました(^^)
*
201804kyoto31
雨宝院に参ります。ここは花のお寺で四季の草花が絶えませんが、早春は椿ですね。
*
201804kyoto27
まだ9時過ぎで、お参りの人もまばらで、ゆっくり撮影できました。
*
201804kyoto28
朝日の差し込む時間帯なので、光と陰をちょっと意識してみました(^^;
*
201804kyoto29
美しいですねぇ~
*
201804kyoto30
いかがでしょうかcoldsweats01
*
201804kyoto32
続いて千本釈迦堂に参ります。

阿亀桜(おかめざくら)も見ごろになってます。御所や出町の本満寺ほど見物人が多くなくてゆっくり花見ができますね(^^♪
*
201804kyoto33
阿亀さんと桜
*
201804kyoto34
このお寺の境内にも美しい椿が咲きます。
*
201804kyoto35
このピンクの薔薇咲きの花が好きで、毎年撮りに来ます。
*
201804kyoto36
この日に初日を迎えた「北野をどり」で賑わう上七軒を通って、北野天満宮へ
*
(続く) (次回は、京の散歩です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.06

【叡電】桜とひえい撮り歩き (上り編)

3月最終日に、始発から最終まで一日「ひえい」を追いかけてみました。
*
Yase_cable36
下り列車を追って、八瀬比叡山口まできました。折り返し時間に、叡山ケーブルまで行ってみました。

初夏の陽気に、木々も芽吹きだしています。
*
Yase_cable37
麓から桜が順に咲いていきます。例年ですと山頂の桜が満開になるのは、4月下旬ですが、今年は早まるかも。
*
732_0144
再び駅に戻って、今度は上り電車を追ってみましょう。
八瀬を出発した電車は、比叡山をバックに坂を下っていきます。
*
732_0137
三宅八幡駅に到着。

「あっ!ひえいや」と歓声があがります。
*
732_0138
この駅のホームの桜は見事な枝ぶりでしたが、近年衰えがめだち、枝がだいぶん伐採されたのが残念です。
*
732_0132
耕された田んぼの脇に、ひと畝の菜の花が。
*
732_0145
菜の花を入れて撮ってみました。
*
732_0147
茶山~元田中間の有名撮影地。

おおきく比叡山が見下ろしています。
*
732_0152
最後のカーブを回って、出町柳はすぐそこ。
*
732_0155
午後6時半ごろ、夕闇のせまる車庫に戻ってきました。
一日お疲れ様でした(^^♪
*
732_0140
自転車で、出町柳~八瀬を2往復して、撮りまくりました(^^;

地元で、全線の所要時間が15分(自転車なら30~40分かな)のミニ路線だからできるお遊びですねcoldsweats01
*
(次回は、京都の街歩きです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.05

【叡電】桜とひえい撮り歩き (下り編)

叡山電車の新型観光電車「ひえい」が登場して、10日余りたった3月最終日に、始発から最終まで「ひえい」の一日を追いかけてみました。
*
732_0133
土日の「ひえい」の朝は遅く、8時半ごろにお目覚めです。
*
732_0135
9時ちょうどに、出庫。回送で出町柳に向かいます。
*
732_0148
出町柳で、811+812Fとならぶ「ひえい」。
*
732_0149
出町柳をでるとすぐ進行方向右手の公園の桜が満開に。
*
732_0146
元田中を出たところで、723号とすれちがい。途中、宝ヶ池をでたところでも722号とのすれちがいがあります。
*
732_0130
修学院~宝ヶ池間の沿線で数少ない田んぼの脇を通ります。真横から撮影できるのは、ほぼここに限られます。
*
732_0139
三宅八幡の手前の桜。 この付近から桜とからめて撮影できるところが増えます。
*
732_0136
三宅八幡駅を発車。
*
732_0141
終点に近づきました。ホテルの敷地に植えられた桜をながめながら八瀬比叡山口に到着です。
*
732_0143
ホームの桜を愛でながら、折り返しまで一服。
*
(続く) (上り編につづく)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.03

京の春の散歩 宇治川派流の花いかだ

4月1日は、花見を兼ねて伏見の酒蔵の街を歩いてきました。
*
201804kyoto01
同じ京都市内でも、すこし南の方にある伏見区の桜はすでに満開を過ぎて散り始めています。
*
201804kyoto02
水面に花吹雪の舞う宇治川派流。 絵になりますねぇーhappy01
*
201804kyoto03
せっかくなので十石舟に乗ってやろうと船着き場に行くと、まだ10時過ぎなのに午後3時過ぎまで予約で一杯coldsweats01
人気あるんですねぇ。
*
201804kyoto04
仕方ないので、いつものように酒蔵の遊歩道を歩いて、黄桜、月桂冠、富翁と酒蔵をみて歩きます。

お猪口半分ほどの(^^) 利き酒bottleや振る舞い酒bottleも、3ヶ所もはしごすると酔いが回りますbleah
*
201804kyoto05
蓬莱橋から三十石舟の船着き場をみる。花筏が美しいです。
*
201804kyoto06
豪川の桜並木。右手は北川酒造(富翁)の工場。
*
201804kyoto07
高瀬川沿いの、菜の花と酒蔵(松本酒造)のポイント。
残念ながらもう終わったのか未だなのか、菜の花はあんまり咲いてませんcoldsweats01
*
201804kyoto08
大手筋を東に戻って、御香宮に参ります。
伏見の酒造りの味を決める御香水が湧き出ています。口に含むとほんのり甘い(^^)
*
201804kyoto09
拝殿に立派な彫り物がありました。徳川家康が寄進したもので、日光東照宮の装飾の先駆けともいわれます。

20年以上前に修理されたものですが、いまだに極彩色があせません。
*
201804kyoto10
睨みをきかす狛犬さんとともに。
*
201804kyoto11
たのしい春の一日でしたcherryblossom
*
201804kyoto13
月桂冠でいただいた純米吟醸酒をいただきます。

湯浅まき作 「ペガサス ペア杯」 で。
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.02

京の春の散歩 高野川土手の桜並木

4月になりました。

今年の桜の開花は異様に(笑)早くて、もう関西ではソメイヨシノは散り始めてます。

先週末に撮影した京都の桜をUpします。今年は地元の高野川と伏見の宇治川派流しか行けませんでしたが(^^;
*
201803kyoto91
御蔭橋付近
*
201803kyoto92
蓼倉橋付近
*
201803kyoto96
馬橋から比叡山を望む。

この景色は、四季折々に撮影してますが、やはり春の桜の時期が一番ですね(^^)
***
201803kyoto97
上流の八瀬のつり橋

この付近は、秋の紅葉シーズンに瑠璃光院参拝の人出で賑わうのですが、春は静かですね。
*
201803kyoto94
高野橋付近
*
201803kyoto98
八瀬公園の紅しだれ
*
201803kyoto95
松ヶ崎人道橋付近
*
201803kyoto99
八瀬公園の紅しだれ
*
201803kyoto93
3月最後の夕日が、空も桜色に染めて沈もうとしています。

冬日(最低気温2℃)から夏日(最高気温26℃)まで一気に楽しめてcoldsweats01 毎日の着るものを選ぶのに苦労した3月も終わりました。
*
(続く) (次回は、伏見の宇治川派流の桜です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

フォト

叡山ケーブル

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ