« グループ展「男祭砂場鑑」&「みだれ髪」 in SUNABAギャラリー | トップページ | 初夏の長岡京市の散歩(その2-長岡天満宮) »

2018.04.29

初夏の長岡京市の散歩(その1-乙訓寺)

年度初めで仕事が忙しくて、なかなかブログを更新できません

もう1週間前になってしまいましたが(^^) 22日に長岡京市を散歩したときの話題をお届けします。
*
201804nagaokalyo01
まず訪れたのは、乙訓寺の「牡丹祭り」。例年GW期間中に開催なのですが、今年はどの草木も開花が早くて(^^; 急遽、前日の土曜から繰り上げ公開になりました。

ネットで情報が来たので、朝8時の開門とともにお参りです。
*
201804nagaokalyo12
朝はやくから大勢の観光客やカメラマンが、大輪の牡丹を目当てに集まってきてました。

みなさん「今年は早いネー。桜が散った思たら、もう牡丹や」が朝の挨拶。
**
201804nagaokalyo02
このお寺の牡丹園は、白い和傘の日覆いが名物です。
*
201804nagaokalyo03
和傘は、優雅なんですが意外と撮影には苦労します。特に朝夕の斜めから太陽光の差し込む時間帯は
*
201804nagaokalyo04
古来、中国では牡丹は「花の王」として愛好され、日本でも多くの品種が作出されています。
*
201804nagaokalyo05
このお寺では、2000株を越えるボタンを栽培されているそうです。

たくさん写真を撮ってきましたが、特に気に入ってた数枚をUpします。
*
201804nagaokalyo06
*
201804nagaokalyo07
*
201804nagaokalyo08
*
201804nagaokalyo09
*
201804nagaokalyo10
*
201804nagaokalyo11
初夏の香りを堪能できました(^^♪
*
(続く) (次回は、長岡天満宮です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« グループ展「男祭砂場鑑」&「みだれ髪」 in SUNABAギャラリー | トップページ | 初夏の長岡京市の散歩(その2-長岡天満宮) »

コメント

こんばんは。
なかっちょさんはいつも朝に強いですねぇ。
花を撮るにはやっぱり朝のほうが、花にも勢いがあって、
綺麗に撮れるんでしょうけど・・・。
ありんこの場合、なかなかそうはいきません
つぎはきっと躑躅でしょうね。期待してま~す

>> ありんこさんへ

おはようございます。

年ととも(笑)朝早く目覚めるようになりますね。
冗談はさておき、やっぱり朝のうちのほうがお花も電車も釣り物が
多く、カメラマンは少ないので撮影には好都合みたいですね。

でも、昼間や夕方や夜間撮影も、それぞれいいところがあるので、
自分の好みで撮ればよいのでは。

また、続きも読んでくださいね(~~)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の長岡京市の散歩(その1-乙訓寺):

« グループ展「男祭砂場鑑」&「みだれ髪」 in SUNABAギャラリー | トップページ | 初夏の長岡京市の散歩(その2-長岡天満宮) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ