« 京の春の散歩 高野川土手の桜並木 | トップページ | 【叡電】桜とひえい撮り歩き (下り編) »

2018.04.03

京の春の散歩 宇治川派流の花いかだ

4月1日は、花見を兼ねて伏見の酒蔵の街を歩いてきました。
*
201804kyoto01
同じ京都市内でも、すこし南の方にある伏見区の桜はすでに満開を過ぎて散り始めています。
*
201804kyoto02
水面に花吹雪の舞う宇治川派流。 絵になりますねぇー
*
201804kyoto03
せっかくなので十石舟に乗ってやろうと船着き場に行くと、まだ10時過ぎなのに午後3時過ぎまで予約で一杯
人気あるんですねぇ。
*
201804kyoto04
仕方ないので、いつものように酒蔵の遊歩道を歩いて、黄桜、月桂冠、富翁と酒蔵をみて歩きます。

お猪口半分ほどの(^^) 利き酒や振る舞い酒も、3ヶ所もはしごすると酔いが回ります
*
201804kyoto05
蓬莱橋から三十石舟の船着き場をみる。花筏が美しいです。
*
201804kyoto06
豪川の桜並木。右手は北川酒造(富翁)の工場。
*
201804kyoto07
高瀬川沿いの、菜の花と酒蔵(松本酒造)のポイント。
残念ながらもう終わったのか未だなのか、菜の花はあんまり咲いてません
*
201804kyoto08
大手筋を東に戻って、御香宮に参ります。
伏見の酒造りの味を決める御香水が湧き出ています。口に含むとほんのり甘い(^^)
*
201804kyoto09
拝殿に立派な彫り物がありました。徳川家康が寄進したもので、日光東照宮の装飾の先駆けともいわれます。

20年以上前に修理されたものですが、いまだに極彩色があせません。
*
201804kyoto10
睨みをきかす狛犬さんとともに。
*
201804kyoto11
たのしい春の一日でした
*
201804kyoto13
月桂冠でいただいた純米吟醸酒をいただきます。

湯浅まき作 「ペガサス ペア杯」 で。
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の春の散歩 高野川土手の桜並木 | トップページ | 【叡電】桜とひえい撮り歩き (下り編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の春の散歩 宇治川派流の花いかだ:

« 京の春の散歩 高野川土手の桜並木 | トップページ | 【叡電】桜とひえい撮り歩き (下り編) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ