« 京の初夏の散歩 茶源郷 和束町をあるく(その3) | トップページ | 初夏の大阪の散歩 万博公園(花の丘からアジサイの森へ) »

2018.05.27

「京都 水彩 散歩」展 in 京セラ美術館

京セラ美術館に、水彩画家・イラストレーターの黒岩多貴子さんの展示会「京都水彩散歩」を見に行ってきました。
*
201805kyoto_gallery01
作家さんは、プロフィールにあるように、京阪電車の情報誌「K PRESS」の表紙絵をもう12年も続けられています。

今回はその中から京都地区の原画を選び、四季別に分けて展示されてます。

縮小印刷された絵とはちがって、10号ほどの水彩紙にカラフルな水彩絵の具で淡く、でも丁寧に描き込まれた原画は、いつ見ても見飽きません。(京阪電車沿線を中心に時々展示会されてるので、よく見せてもらってます

制作過程のわかるラフスケッチや打ち合わせ用の下絵、パレットや絵筆もならべられて面白いです。
*
201805kyoto_gallery02
今回は、作家さんの在廊日を選んでいったので初めてお話しさせていただきました。「京阪ユーザーで、毎月季節感あふれる絵を楽しみにしています。」というと、喜んでいただけました。

制作時の苦労話や、次に出る6月号の裏話-もう駅に並びだしてますので、原画と突き合わせてみてください。ちょっと手を加えられてるとこが見つけられるかも-など、楽しいお話を聞かせていただけました。
*
Hankai0166
前に大阪で展示をされたギャラリーのオーナーさんに頼まれて、「黒岩さんは、パンダ🐼が好きなので、阪堺電車のパンダ電車の写真があったら、差し上げて欲しい。」といわれて、「素人の下手な写真でよければ 」と、上の写真をお渡ししたことがあります。

その話をすると、「机のうえに飾ってます。」といっていただけました。嬉しかったです

プロの作家さんの展示なので、著作権の関係で写真撮影は遠慮しています。お近くの方、水彩画がお好きな方、京都ファンの方は、ぜひ会場へ足を運んでください。
*
(次回は、万博公園を散歩します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の初夏の散歩 茶源郷 和束町をあるく(その3) | トップページ | 初夏の大阪の散歩 万博公園(花の丘からアジサイの森へ) »

コメント

こんにちは
来月からは日曜日がお休みになるので、
日にちが合えば姪っ子と出かけてみようかと思います♪
もう2週間ほど前になりますが、甥っ子と
阪急3番街近くにあるスケートのお店へ行ってきました
その時大阪駅前にオブジェがあったのですが、ゆっくり見ている時間がなかった(-_-;)
写真に収める余裕を今度は持って出かけたいです🎶
🐼🚃可愛いですね~

>> na nori さんへ

こんにちは。

水彩画展は、まだ会期があるのでゆっくり行かれててください。
近くには、城南宮や伏見稲荷があるので、お庭やお山を散歩する
のもいいかも。

大阪駅前のオブジェですか、梅田は人も多いので、なかなか
ゆっくり見てられませんね。

朝早くとかなら空いてるでしょうけど、その時間にいくのも
大変だし(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「京都 水彩 散歩」展 in 京セラ美術館:

« 京の初夏の散歩 茶源郷 和束町をあるく(その3) | トップページ | 初夏の大阪の散歩 万博公園(花の丘からアジサイの森へ) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ