« 京の初夏の散歩 東寺、六孫王神社へ | トップページ | 石仏と剣豪の里、柳生街道を歩く(その2、剣豪の里) »

2018.06.26

石仏と剣豪の里、柳生街道を歩く(その1、笠置から柳生へ)

6月22日は、振休がとれたので前から行きたかった柳生街道を歩いてきました。
*
Kasagi03
出発は、関西線木津駅から。加茂からひと駅だけですがキハ120に乗り換えます。木津川の流れに沿ってディーゼルカーのエンジン音を楽しみながら(^^♪ 数分で笠置駅で下車。
*
Kasagi04
亀山に向かう列車を見送って、目の前にそびえる笠置山に登ります。
*
Yagyu01
柳生へ直接向かう道もありますが、やはり旧街道を歩かないとね(^^;
*
Yagyu02
登山口から15分ほどで笠置寺の山門に到着。市街地ではアジサイは見ごろを過ぎましたが、山寺では今が見ごろです。
*
Yagyu03
この付近一帯の山々は、古くから山岳信仰のメッカとして栄え、巨石や滝を廻る修行場が点在しています。
*
Yagyu04
「平等石」から眺める木津川上流方面。ちょうど枯れ枝が伸びているあたりに関西線の線路が走っていて、SL時代の昔から名撮影地として知られるところです。
*
Yagyu05
笠置寺をあとに、アジサイが咲き乱れる柳生街道を柳生の里に向かいます。

峠を越えると突然ゴルフ場のグリーンが広がって、現実に引き戻されます(笑)。坂をおりると京奈府県境、奈良市柳生町に入ります。
*
Yagyu06
この辺は、国定公園なんですね。

倭建命(やまとたけるのみこと)の
「大和は 国のまほろば たたなづく青垣 山ごもれる大和し美し

の和歌から名付けられているのでしょうか。
*
Yagyu07
また旧道にもどってすぐのところにある「阿対(あたや)の石仏」。
阿弥陀様とお地蔵様が彫られています。
*
Yagyu08
石仏を過ぎると道は開けて、柳生の集落に入ります。
町の中心部までは、もうすこし。
*
(続く) (次回は、剣豪の里を散策します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の初夏の散歩 東寺、六孫王神社へ | トップページ | 石仏と剣豪の里、柳生街道を歩く(その2、剣豪の里) »

コメント

こんにちは。

柳生街道、笠置から行けるんですね!
なぜかその発想がなくて、
ガイドブックに縛られていました。
ヒントをありがとうございます。
この続きも楽しみにしていますhappy01

>> スローモーションさんへ

おはようございます。

京都からは、笠置からのほうがはるかに早く柳生の里に行くことができます。
駅から直進すれば徒歩でも30分ほどで行けます。(ハイキングコースは1時間ほど)

木津川の水遊びや、恭仁京跡遺跡などと絡めて歩くと面白いですよ(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/66862465

この記事へのトラックバック一覧です: 石仏と剣豪の里、柳生街道を歩く(その1、笠置から柳生へ):

« 京の初夏の散歩 東寺、六孫王神社へ | トップページ | 石仏と剣豪の里、柳生街道を歩く(その2、剣豪の里) »

フォト

ヒマワリ

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ