« 京の晩秋の散歩 黒谷さんから真如堂へ | トップページ | 京の晩秋の散歩 祇園新橋 »

2018.11.15

「±複合の彫刻家たち展」 in 大雅堂

祇園の大雅堂で開催の、「±複合の彫刻家たち展」を見てきました。
*
201811kyoto_gallery03
タイトルの+(プラス)は、素材を加えて造形する塑像などを、-(マイナス)は、彫ったり削ったりする彫像など表し、±で彫刻家すべてを表すそうです。

個人的には、プラスを斬新な型破りな表現を、マイナスをそのベースとなる基礎の手わざをも表すと解釈してみてきました。

6名の作家さんは、今春に社会人になったばかりの若手から管理人と同年配のベテランまで、ジャンルも年齢も大きく違う方ばかりです。

でも作品のもつ気迫というかオーラというか、訴えるものがビシビシと見るものに迫ってきますね。

先日見てきた日本伝統工芸展とはコンセプトがまた違いますが、作品にかける思いの深さは、変わらないように感じました。
*
201811kyoto_gallery04
この展示にお誘いいただいた黒沢理菜さんの作品です。「キツネの面」や球体関節人形の双子の「月子姉妹」など、いままでに当ブログでも紹介した旧作ですが、やっぱり良いものは何度見ても良いです(^^♪
*
201811kyoto_gallery05
高橋洋祐さんの作品。

阿修羅とか迦楼羅とか風神雷神とか、伝統的な仏像・神像のモチーフながらセクシーにしたりスポーティーにしたりと、皮肉とか風刺とか辛辣とかいう形容詞が似合うbleah 形に彫りだされています。

最初は笑ってしまいそうになりますが、じっくり見ると現代社会にたいする警鐘が鳴らされているのかも。
*
201811kyoto_gallery06
かわさき まなみ さんのフェルト作品です。

犬をモチーフにされています。非常に愛くるしい表情に心が和みます。会場は黒をベースに照明も落としてシックなたたずまいなので、白い羊毛が一層映えますね。

フェルトというとお人形さんをイメージしますが、これは塑像の領域まで高められています。

*************************************************

18日まで開催されています。見ごたえありです。お近くに方は是非。 詳しくはギャラリー大雅堂のHPへ。
https://www.g-taigado.com/

*
(次回は、京都の街歩きです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の晩秋の散歩 黒谷さんから真如堂へ | トップページ | 京の晩秋の散歩 祇園新橋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/67371367

この記事へのトラックバック一覧です: 「±複合の彫刻家たち展」 in 大雅堂:

« 京の晩秋の散歩 黒谷さんから真如堂へ | トップページ | 京の晩秋の散歩 祇園新橋 »

フォト

クリスマス・ステーション in 八瀬

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ