« なんてキママな展覧会 & うちわらファクトリー in ロコロナギャラリー | トップページ | 「虚構博物誌」 & 「フォーチュン・テリング」 in SUNABAギャラリー »

2018.12.15

サトウナツキ個展「映る生活は水分となり、」 in アトリエ三月

12月8日は、大阪のギャラクシー巡りしてきました。

中崎町では、イロリムラとアトリエ三月とSUNABAギャラリーへ寄りましたが、アトリエ三月で開催の、サトウナツキ個展「映る生活は水分となり、」を紹介します。
*
201812osaka_gallery12
サトウナツキさんは、京都精華大の版画コース出身ということもあって、前からグループ展などで作品を拝見させていただいてました。

今年になって作品をお迎えする機会があり、三月さんによく足を運ぶようになりました。
*
201812osaka_gallery13
ちょっとデフォルメされ、単純化された人物像と抽象画的なコラージュという、まったく違う表現方法の作品を手掛けられています。

作家さん自身も「よく、同じ人の作品とは思えない(^.^)」との感想をいただきます。といわれてます。とのこと。

でも複数の表現を駆使される作家さんも多いですし、表現の幅は広くても損はない のでは。
*
201812osaka_gallery14
アトリエ三月さんの取扱作家に選ばれて、これからの活躍が期待されます。
*
201812osaka_gallery15
三月さんから次のスナバさんにいく途中の都島通に丸木の小口に描かれたサンタさんがイルミネーションに浮かんでました。
*
201812osaka_gallery16
いかにもアートの街「中崎町駅前」らしいクリスマス・イベントです。
*
201812osaka_gallery17p
歩道の緑地帯を生かして展示されてます。
(画像をクリックすると、拡大します)
*
(続く) (次回は、SUNABAギャラリーさんに寄ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« なんてキママな展覧会 & うちわらファクトリー in ロコロナギャラリー | トップページ | 「虚構博物誌」 & 「フォーチュン・テリング」 in SUNABAギャラリー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サトウナツキ個展「映る生活は水分となり、」 in アトリエ三月:

« なんてキママな展覧会 & うちわらファクトリー in ロコロナギャラリー | トップページ | 「虚構博物誌」 & 「フォーチュン・テリング」 in SUNABAギャラリー »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ