« 【京阪】お正月ダイヤを撮影(洛楽以外の列車編) | トップページ | 18きっぷで山陽路の旅 (錦帯橋を渡る) »

2019.01.09

18きっぷで山陽路の旅 (和気神社に参拝)

1月4日、5日と一泊二日で山陽路を岡山、広島、山口まで18きっぷの旅を楽しんできました。
*
Kobe01
日帰りの慌ただしさもなく、10時過ぎにゆっくりと京都駅発、神戸で山陽本線に入り、姫路・相生で乗り換えて船坂峠を越えて岡山県に入ります。
*
Wake01
降りたのは、和気駅。

鉄道ファンの間では、旧片上鉄道の乗換駅として記憶されているところです。
*
Wake03
かつての片鉄のホームがあったところは、道路や駐車場になり、線路敷きは「片鉄ロマン街道」というサイクリングロードになっています。

片鉄と貨物の受け渡しをいた旧国鉄側の貨物線は、JRの訓練場になって、練習用の信号や踏切装置が置かれています。
*
Wake02
さて、この駅で降りたのは片鉄の廃線跡探し(^^) ではなく、亥年にちなんで、イノシシの神社で知られる和気神社に参拝するためです。

駅の待合室に飾られた立派な駅名票の上にも描かれていますが、神社のある藤公園を目指します。
*
201901wake01
駅から公園までコミュニティバスやレンタサイクルが利用できるのですが、なんとどちらもまだ正月休みcoldsweats02 4キロ近くの道を小一時間かけて歩くことにcoldsweats01 

でも「晴れの国岡山」 暖かくて足が進みます。
*
201901wake02
それに和気清麻呂公は、足腰の守護神として祭られるので、歩いてお参りするのは神様のお心に叶うでしょうね(^^)
*
201901wake03
京都の初詣の護王神社の紹介でも書きましたが、清麻呂公のお使いはイノシシです。

境内には狛猪をはじめ、イノシシの置物がたくさんあります。
*
201901wake04
かわいい撫でイノシシが人気を集めてました(^.^)
*
201901wake05
行きは最短コースの県道を歩いたのですが、帰りは集落の中を通る旧道を戻ります。

線路沿いに清麻呂公の顕彰碑が立っています。この付近は古代の和気郡の郡衙跡ではないかと推定されているとのこと。

今は何もない田畑が広がってますが、古代のロマンを感じ取れる道でした。
*
Fukuyama02
和気駅を後に、岡山・福山・糸崎と乗換へ呉線経由で広島へ向かいました。

福山から向かいの席に座られた老夫婦。ご主人は時刻表で時間を調べ、奥様は「何時に着くの?」 とか聞いておられる風でした。

このあと呉線までご一緒して暗くなった竹原駅で降りられたと思います。

ほほえましいお姿に、管理人もこういう風に年を取りたいと感じ言った次第smile
*
Itozaki01
さて呉線ですが、昨夏の豪雨の被害が未だ癒えずで、至る所に徐行区間が残っています。場所によっては30Km以下の速度制限で自転車で走るくらいの低速でゆっくり走る区間も多いです。

運転本数は、ほほ従来通りですが、所要時間はかなり伸びています。通勤通学や急ぐ用務客にはつらいところですね。

早い完全復旧が待たれるところですね。
*
(続く) (次回は、岩国の錦帯橋を渡ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京阪】お正月ダイヤを撮影(洛楽以外の列車編) | トップページ | 18きっぷで山陽路の旅 (錦帯橋を渡る) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/67562907

この記事へのトラックバック一覧です: 18きっぷで山陽路の旅 (和気神社に参拝):

« 【京阪】お正月ダイヤを撮影(洛楽以外の列車編) | トップページ | 18きっぷで山陽路の旅 (錦帯橋を渡る) »

フォト

雪道

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ