« 三人展「睦月三彩」 in 筆屋ギャラリー | トップページ | 中崎町「キャンドル・ナイト」を見てきました。 »

2019.02.06

京の冬の散歩 聖護院門跡節分祭

2月3日は節分です。京都市内の多くの寺社でも2~3日に節分祭が行われます。

左京区の吉田神社が有名ですが、午後から 降り出したので、傘をさして雑踏に繰り出すのはちょっと と、その先の聖護院門跡にお参りしました。
*
201901_kyoto01
普段は静かな門跡もにぎわっています。
*
201901_kyoto02
小雨の中、山伏さんが護摩供養の真っ最中。

般若心経を唱えながら、護摩木を火の中に投げ込んだり、炎でお札やお供え物を清めたり。

時折り炎が高く上がって勇壮でした。
*
201901_kyoto03
お寺の向かいの須賀神社へ。

ここは、縁結びと交通安全(交通神社)にご利益があります。
*
201901_kyoto04
節分の時だけ現れる、懸想文売りも有名です。
*
201901_kyoto05
「懸想文」とはラブレター のこと、この短冊のようなご利益があるとか(^-^)
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 三人展「睦月三彩」 in 筆屋ギャラリー | トップページ | 中崎町「キャンドル・ナイト」を見てきました。 »

コメント

おはようございます。
いつも楽しく拝見させて頂いております。

聖護院門跡も須賀神社も訪ねたことはありません。
須賀神社の「懸想文」というもの、はじめて知りました。
中にはどのような「文」が書かれているのでしょう。
幾つかパターンがありそうですね。
もしかして、自分で書く?? 
女性向きのようですね。

>> hikobae さんへ

こんにちは。読んでくださってありがとうございます。

聖護院も須賀神社もあまりメジャーな観光寺社ではありませんので
観光で立ち寄られる方は少ないですよね(^.^)
聖護院八つ橋や聖護院かぶら(千枚漬けの材料)では、全国区ですが。

懸想文の中身は、恋文だそうですが復古調のなかなかむずかしい文章が
書かれているそうです。

何種類かはちがう文面になってるかもしれませんね。

節分の時期しか手に入りませんが、来年はいちど買ってみましょうか(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の冬の散歩 聖護院門跡節分祭:

« 三人展「睦月三彩」 in 筆屋ギャラリー | トップページ | 中崎町「キャンドル・ナイト」を見てきました。 »

フォト

菜の花

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ