« 【嵐電】アニメ「新テニスの王子様」コラボ電車 | トップページ | 「天皇の即位図」 & 「斉白石展」 in 京都国立博物館 »

2019.02.14

上賀茂神社の紀元祭の蹴鞠の奉納をみてきました。

3連休最終日の2月11日は、建国記念の日。橿原神宮をはじめ、おもな神社では紀元祭が執り行われます。
*
201901_kyoto07
上賀茂神社では、紀元祭にあわせて蹴鞠の奉納が行われるので、お参りして見物してきました。

蹴鞠は、伝統行事ですので、それぞれの所作には昔ながらの名前がついていますが、ここでは今風の呼び方で書きます。詳しく知りたい方は、蹴鞠保存会のHPなどをご覧になってください。
http://www.geocities.jp/polaris721/spots-kemari.htm
*
201901_kyoto08
拝殿の前庭に4本の青竹をたててコートとし、その中で競技が行われます。
*
201901_kyoto09
小雨の降る生憎のコンディションですが、選手入場です。水干姿に烏帽子をかぶり、靴を履きます。

装束の色や形には、役職や経験によって違いがあるそうです。女性プレイヤーもおられます。
*
201901_kyoto10
いったん、選手控え席に座ります。向かって右端の人のように、まず向こう向きにしゃがんで衣服を直してから前向きに座りなおす所作が、面白く感じました。
*
201901_kyoto11
神職から若手選手に松の枝に括り付けたボール(鹿革を馬革のひもで綴った鞠を膨らませたもの)が手渡されます。
*
201901_kyoto12
さらに主将格の人に枝ごとボールがわたされ、それを枝から外します。その所作は秘儀とされ、袖で覆って外から見えなくして行われるのも、伝統行事らしいですね(^^♪
*
201901_kyoto13
外したボールをコートの中央に置きます。
*
201901_kyoto14
やがて選手8名が対角線上に向かい合ってスタンバイします。
*
201901_kyoto15
最初は、試し蹴りをします。とくにこの日のように雨模様のときは蹴りにくいので、慎重にコンディションを見定めるそうです。
*
201901_kyoto16
試合開始です。

蹴鞠は、得点を競うスポーツではなく『いかに長く鞠を蹴り続けるか』が大切で『上手な人は蹴りやすい鞠を相手に与える』という点が『蹴鞠の道』なのだそうです。
*
201901_kyoto17
だからといって、優雅な所作かというとそうでもなく、ボールはかなり高くまで蹴り上げられますし。それなりに回転と速度が伴います。蹴り返すには相応の技がいります。

試合中にコートの外へ飛び出した球を追って駆けだしたり、
*
201901_kyoto18
後ろ向きに蹴り上げたり、
*
201901_kyoto19
選手同士が交錯したりと、なかなかハードです
*
201901_kyoto20
試合の制限時間も無いそうですが、主将格の選手が頃合いを見計らって、「止め」の合図をだします。

この試合ではおよそ15分でゲームセットになり、5分ほど休憩して2試合目が行われました。選手交代もあります。かなりの運動量ですから、年配の選手はしんどいかも
*
201901_kyoto21
実は、京都に住んでながら蹴鞠の試合は初めてみました(^.^)

お公家さんの遊びなので、ポーンポーンと鞠を蹴りあうだけかと思ってたら、かなりハードで驚きました(^^;

意外と平安貴族もスポーツマンだったんですね(笑)
*
(次回は、京都国立博物館に行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【嵐電】アニメ「新テニスの王子様」コラボ電車 | トップページ | 「天皇の即位図」 & 「斉白石展」 in 京都国立博物館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上賀茂神社の紀元祭の蹴鞠の奉納をみてきました。:

« 【嵐電】アニメ「新テニスの王子様」コラボ電車 | トップページ | 「天皇の即位図」 & 「斉白石展」 in 京都国立博物館 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ