« 京の椿見散歩2019 (霊鑑寺) | トップページ | 京の夜桜散歩2019(岡崎から祇園・木屋町へ) »

2019.04.06

【叡電】三陸鉄道カラーのラッピング電車登場

  3月31日より、叡電に三陸鉄道カラーのラッピング電車が走りだしました。
*
 
712_3
  岩手県を走る三陸鉄道が、震災で不通になっていたJR山田線の宮古~釜石間の譲渡をうけて、盛から久慈まで一本のリアス線として運行を開始したのを祝っての新塗装です。
*
 
712_1
  この日は、天候不順でそれまで晴れてたのが電車の通過する時間が近づくと急に曇ってきて、通り雨まで(^^ゞ クル・クモル現象やね。
*
 
712_2
  カラフルな電車なのに発色が悪くて(ー_ー)!!
*
 
20190403-223626a
  前後でちがうHMが付いています。
左=出町方、右=八瀬方
*
 
712_4
  3月30日の朝は、ラッピングに備えて塗装を剥がされた電車が止まってました。午後にはラッピングされて試運転もあったとか。
*
 
20190403-223626b
20190403-223626b_1
  ちなみにオリジナルカラーは、こんな感じ。
このポスターが、叡電の「鞍馬貴船日帰りきっぷ」のポスターと並んで、電車の中に貼ってあるのを見て笑ってしまいました(^_^)
*
 
  (次回は、京都の街歩きです)
*
 
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の椿見散歩2019 (霊鑑寺) | トップページ | 京の夜桜散歩2019(岡崎から祇園・木屋町へ) »

コメント

 こんばんは。
 近畿に三陸カラーの電車がお目見えとは驚きですが、もともと
単車のせいか、あまり違和感を感じませんね。
 いろんな色、いろんなデザインの電車が走っていて、うらやましく
思います。なにせこちらは猛烈な勢いで標準化が進んでいます
ので(笑)

>> いかさまさんへ

叡電沿線の乗客が、どのくらい三陸鉄道を知っているのか疑問(^^)
ではありますが、震災から復興する岩手を応援しているメッセージが
伝われば、良いと思います。

最近はラッピングの技術が進んで、比較的安価ですばやく模様替えできる
ようになったのも、影響しているのかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京の椿見散歩2019 (霊鑑寺) | トップページ | 京の夜桜散歩2019(岡崎から祇園・木屋町へ) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ