2017.03.26

18きっぷで金沢へ(その4 北鉄ちょい乗りして帰途へ)

3連休の初日の18日に、18きっぷを使って、金沢を観光してきました。
*
Hokutetu_kanazawa01
駆け足で、金沢市内を見て歩いて金沢駅まで戻ってきました。まだ帰りの電車まで時間があるので、北鉄浅野川線に乗ってみることにしました。ただし時間的に終点までは厳しいので、一区間だけ(^^)

この時間帯は24分毎の運転ですが、発車5分前くらいまで改札は行われません。コンコースに並んで待ちます。
*
Hokutetu_kanazawa02
ホームには、元京王井の頭線3000系の8000系が止まってました。この路線はこの形式10両で全車という小世帯です(^^)
*
Hokutetu_kanazawa03
金沢駅は地下にありますが、地下区間は短くわずか数百メートルで地上に出ます。
*
Kamimoroe01
二駅目の上諸江駅で下車。回りは住宅地で特に駅なるような情景もないので、そのまま線路にそって戻ります。
*
Kamimoroe02
金沢駅の西口ちかくには、JR西金沢支社やJRバスの営業所がありました。

以前の西口はさびれた駅裏の感じでしたが、金沢港口と改称され、再開発が進んでいるようです。
*
201603kanazawa29
お土産は、高木屋の「紙ふうせん」 真ん丸な最中の皮の中に、和風のゼリーが入った、オシャレな和菓子です。
*
Kanazawa05
七尾線のラッピング電車「とうはくん号」が見送ってくれました。

30年ぶりの金沢は、おおきく変わってますが、まだ江戸から昭和の香りがそこここに残っているようで、たいへん面白い街でした。

また折を見て再訪したいものですネ。
*
(次回は、嵐電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.03.21

18きっぷで金沢へ(その1 北陸線の車窓から)

春の18きっぷのシーズンになったので、冬休みに続いてお彼岸の3連休の初日の3月18日に金沢まで行ってきました。

前回は、西金沢から北陸鉄道石川線に乗りましたが、今回は金沢市内観光がメインです(^^)
*
Kyoto_eki52
出発は、湖西線の117系近江今津行き。

北陸新幹線線が京都・大阪まで伸びれば、北陸本線は(場合によっては湖西線も) JRから切り離されて18きっぷでは乗れなくなるかもしれませんが、まだ当分先の話でしょうcoldsweats01
*
Omi_imazu02
近江今津で福井行きに乗換、2両なので敦賀までは立ってましたが、ここで座れました(^^)
*
Minami_imajyou01
長い北陸トンネルを抜けると、そこは雪国でしたsnow

だいぶん融けてはいますが、駅構内が真っ白なんてちょっと驚きですcoldsweats02
*
Minami_imajyou02
お彼岸にこれだけ根雪が残っているということは、寒の頃はどれだけ積もっていたんでしょうねぇ。
*
Fukui02
福井で30分ほど乗換待ち。恐竜博士に挨拶して、ちょっと途中下車。
*
Fukuieki06
駅の壁面にまでリアルな恐竜のイラストが描かれてるのがすごいですねcoldsweats01

手前の電車は、元名鉄岐阜・美濃線の福井鉄道770形です。
*
Usinoya01
牛ノ谷峠を越えると、いよいよ石川県に入ります。

車窓には、雪をかぶった白山が見えてきます。
*
Kanazawa01
所要時間4時間半あまりかけて、ようやく金沢駅に到着しました。

開業2周年を迎える北陸新幹線や並行在来線を継承したIRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道の電車が迎えてくれました(^^♪
*
Kanazawa02
駅前の鼓門・もてなしドームです。

個人的には古都金沢の玄関にふさわしいかどうかは即答しかねますが(^^; はじめて実物をみた感想は、「すご~いcoldsweats01」ですね。
*
(続く) (次回は、21世紀美術館を見て回ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.01.17

【北陸鉄道】18きっぷで石川線を撮る

1月7日の3連休初日に、18切符の最終回で北陸方面に行ってきました。 敦賀で気比神宮に参り、福井駅前では福鉄電車を写し、白山比咩神社へも参って、帰り道に北陸鉄道石川線を少し撮影します。
*
Hokutetsu04
鶴来駅に留置中の7000系7200形。もと東急7000系の中間車を先頭車改造した車です。

いわゆる「食パン電車bleah」の一員かな。
*
Hokutetsu08
小柳駅まで乗車した7000形の車内。典型的な昭和の通勤電車ですね(^^)
*
Hokutetsu10
中吊広告をアップにしてみました。『電車で縁結びの神社「しらやまさん」に参って、あわせて沿線を観光しよう!』というキャンペーンのようです。

野町発9:34の電車が「恋のしらやまさんheart02号」になっているのだとか(*^_^*)
*
Hokutetsu07
スノープロウを装備して待機するED20形電気機関車。

この日は、のんびり昼寝でしたが、先週末からは大活躍でしょうね。
*
Hokutetsu12
行きにロケハンして目についた、小柳駅で降ります。まわりは田んぼばかりで民家どころか自販機や電話ボックスもなしcoldsweats01
*
Hokutetsu13
乗ってきた7001+7011の後追い
*
Hokutetsu14
次は、7700形でした。ステンレス車体は冬場は寒く感じますね。
*
Hokutetsu15
遠く雪をかぶった白山を見ながら鶴来に向かって行きます。
*
Hokutetsu16
同じ電車が戻ってきますが、わずか30分足らずでだいぶん日が陰ってしまいました。

この電車に乗って帰途につきました。
*
Kaga_itinimiya01
石川線は、今は鶴来止まりですが2009年10月末まで、白山比咩神社門前の加賀一の宮駅まで2駅分伸びていました。

神社風の一の宮駅舎は廃止後7年経ってまだ解体されずに残ってます。
*
Kaga_itinimiya02
ホーム側から見たところです。草むらのなかに線路もところどころ残ってます。
*
Kaga_itinimiya03
信号や標識類も多くはそのままです。
*
Kaga_itinimiya04
踏切も埋められもせず残っています。
*
Kaga_itinimiya05
でも駅間では、線路敷きを道路に転用する工事が進んでいました。路盤もろとも線路は取り払われています。来年の今頃には立派な道路に変わっているでしょう。
*
Turuga03
帰り道は、金沢発敦賀行きと敦賀発京都行きの乗り換え一回で便利でした。

福井駅で駅そばを食べようとしたらもう閉まっていたのは残念でしたが(^^;
*
(次回は、ギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.12.15

【天浜線】細江湖に臨む寸座駅へ

12月10日から冬の18きっぷのシーズンが始まりました。さっそく、夏休みに行って良かった天浜線と飯田線の再訪に、豊橋に向かいました。

ユリカモメのくる浜名湖佐久米駅を十分に楽しんでから、隣の寸座駅に移動しました。
*
Tenhama40
姫街道は、小さな峠を越えます。線路はトンネルで抜けています。
*
Tenhama41
峠からの浜名湖のながめ。天気は良く風もなくて、散歩には最適です。
*
Tenhama43
ほんの15分ほど歩くと、もう寸座地区です。線路をこえて湖岸まで行ってみます。

そこには、どこかで見た景色が(^.^)
*
Tenhama42
ネットで見た、たかchanさんの風景画の情景がありました。作家さんの立たれた場所を探して、おなじ空間を体験するのは、いいものです。
*
Tenhama44
湖水がキラキラと輝いてました。
*
Tenhama45
無人駅の待合室からみた湖水。

できれば、列車を入れたかったんですが、1時間に1本しかなくて、もし乗り遅れたらこの後の予定が狂うので、あきらめました(^^;

今度は、春の18きっぷの時期にまた来ましょうかcoldsweats01
*
Tenhama46
おとなしく、やってきた下り列車に乗って、
*
Tenhama39
再びユリカモメの駅を通過。

たくさんの白い鳥に見送られて、飯田線へと移動です。
*
(続く) (次回は、飯田線の夕暮れです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.12.14

【天浜線】ユリカモメの来る浜名湖佐久米駅を再訪

12月10日から冬の18きっぷのシーズンが始まりました。さっそく、夏休みに行って良かった天浜線と飯田線の再訪に、豊橋に向かいました。

先に、たかchanさんの個展の記事をUpしましたが、午前中は天浜線を訪れてました。
*
Tenhama28
5時過ぎに起きて、6:15に京都駅を出発、米原、大垣、豊橋と乗り継いで、10:13に新所原に着きました。乗換込みでちょうど4時間の普通列車の旅です(^^;

夏休みに来たときは工事中だったJR新所原駅ですが、橋上駅になって、通路から天浜線の駅が良く見えます。わずか6分の待ち合わせで、ほぼ座席が埋まるくらいの乗客を乗せて出発しました。
*
Tenhama29
途中の奥浜名湖と三ケ日で大勢が降りて、ガラガラになったディーゼルカーが小さなトンネルを抜けると浜名湖佐久米駅です。

駅のホームに大勢の観光客と白い鳥が飛んでいるのが見えます。ここまで来て、ぜんぜんユリカモメが飛んでなかったらどうしようかと思ってましたが、ホッとひと息。

この上り10:50と下り11:30の間くらいに、午前中の餌付けが行われると聞いて、朝早く起きてわざわざこの列車に合わせて来たんですからhappy01
*
Tenhama30
列車がホームに差し掛かると、カメラの放列。そしてカモメの乱舞。
テンション上がりますbleah
*
Tenhama31
列車は、サービスですこし停まるとも聞いてたんですが、乗降が終わるとすぐに発車していきました。

でも、列車の後ろを舞い飛ぶユリカモメがすぐに写せて、サイコー!!

(ここからは、邪魔な(笑)キャプション抜きで写真を見てください)
*
Tenhama32
*
Tenhama33
文章1
Tenhama34
文章2
Tenhama35
文章3
Tenhama36
文章4
Tenhama37
文章5
Tenhama38
ディーゼルカーの屋根に、チョコンと鳥さんが、童話の世界みたいwink

この1枚をものにできただけでも、遠くまで来たカイがあります。

駅は入場無料ですが、エサ代100円、記念入場券160円、募金はいくらでも(笑) を餌付けの費用に出してあげて下さいね。
*
(続く) (次回は、寸座駅を訪ねます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.09.05

【岡電】桃太郎大通りのイヌ、サル、キジとクマ、ネコ

2日、3日と岡山方面に出張してきました。最初は金曜の内に帰るつもりでしたが、「週末だから泊まっていけbottle」 と、ついつい飲み過ぎ、駅前の安宿を探してもらう羽目にcoldsweats01

翌朝、仕事の前に駅前大通りを散歩してきました。
*
Okaden01
朝日をまともに浴びて、すこし色にじみがでてますが右手のメルヘンチックな建物は、喫茶店cafeではなく交番ですhappy01
*
Okaden02
この電車通りは、桃太郎大通と名前がついています。歩道を歩いていくと、ブロンズ像が並べられているのに気が付きました。

モモタロウさんの家来のイヌ、サル、キジのブロンズもあります。

このワンちゃんは、きび団子をねだっているのでしょうか(^^)
*
Okaden03
ロダンの考える人か、広隆寺の弥勒半跏思惟を真似たような(笑)おサルさん。

「鬼退治行こうか、やめとこうか、どうしようかなぁ???」
*
Okaden04
鶴の一声ならぬ、キジの一声を発したところかな(^^)

大阪には、「長柄橋の人柱」の話として「ものいわじ 父は長柄の人柱 鳴かずば雉も射られざらまし」 という、ことわざの由来とされる説話が伝わっています。
*
Okaden05
桃太郎さんは駅前に大きな像がありますが、電停と離れていて電車が豆粒のようにしか写りませんでしたbleah
*
Okaden06
「吉備之国くまなく旅し隊」キャンペーンの「くまなく」と「たびにゃん」のイラスト電車です。

JR線でも走っているそうですが、見かけませんでした(^^;
*
(続く) (次回は、姫路城です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.09.03

【天浜線】浜名湖と天竜川を廻る列車の旅(その5)

18きっぷの旅の4回目は、再び東へ向かいました。今回の目的地は遠州地方。天竜川と浜名湖をめぐる列車の旅です。
*
Tenhama19
天竜二俣駅の見学を終えて、下り列車で帰路に着きます。
天竜川鉄橋を渡り、
*
Tenhama20
気賀駅で、上り列車と交換し、
*
Tenhama21
ユニークな牛のトイレのある、浜名湖佐久米駅で途中下車します。
*
Tenhama23
この駅は、冬になるとユリカモメがやってきてエサをねだるhappy01 駅として有名です。

目の前には、浜名湖が広がっています。
*
Tenhama22
この船溜まりが、白いカモメで埋め尽くされるんでしょうねconfident

冬の18きっぷの時期に再訪したいです。
*
Tenhama24
次の列車が来ました。
*
Tenhama25_3
しばらく浜名湖(猪鼻湖)が見え隠れする、絶好のロケーションを走ります。

ここらでも撮影してみたいです。
*
Tenhama26
二俣駅の見学で一緒だった親子連れが三ケ日駅で降りて行きます。僕がバイバイしてくれました(@^^)/~~~
*
Tenhama27
終点の新所原駅に到着です。

この駅には、浜名湖名物のうなぎ屋さんがありました。乗換時間があまりなくて味わうヒマがありませんでしたが、お取り寄せも出来るみたい。問い合わせてみようrestaurant
*
Hamamatu10
わずか5分ほどの接続で、奥の天浜線から手前の東海道線下りに乗り換え。

ちょうど8時間かけての天竜・浜名湖一周の列車のたびは、終わりました。お疲れ様でした(^^)/
*
*
≪おまけ≫
Toyohashi_sinaisen23
豊橋駅で30分ほど待ち時間があったので、性懲りもなく(笑) 途中下車して再びビールbeer電車を写しましたcoldsweats01

まだ日没には早く、イルミネーションが輝かなかったのが残念です。

このあと、大垣、米原乗り換えで4時間あまりかけて京都に戻りました。

今回も駆け足でしたが、充実した18きっぷの旅でした。
有効期限まで一週間、残り1枚をどう使おうかな(^^)
*
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.09.02

【天浜線】浜名湖と天竜川を廻る列車の旅(その4)

18きっぷの旅の4回目は、再び東へ向かいました。今回の目的地は遠州地方。天竜川と浜名湖をめぐる列車の旅です。
*
Tenhama06
二俣の町をぶらぶら歩いて、天竜二俣駅に着きました。この駅と車両基地を含めて、国の登録有形文化財に指定されています。いわば生きた(現役の)産業遺産です。

まち全体が「昭和の町 二俣」として売り出しています。ただ管理人の感想では、「昭和を売り出す町は全国にいっぱいある。もう少しアッピールできる施設か情景がないとねぇーsmile
といったところでしたが(辛口のコメント失礼)
*
Tenhama07
改札口を入ると、いきなり(笑)軌道自転車を改造したようなトロッコがお出迎え(^^) 家族連れに大人気。
*
Tenhama13
いよいよ、この18きっぷの旅の一番の目的である、天浜線の車両基地(旧国鉄遠江二俣機関区)の見学です。

親子連れや年配のご夫婦、鉄ちゃんcoldsweats01 など20名ほどが集まりました。
*
Tenhama08
かつてC58が一周していた転車台のある風景。
*
Tenhama09
木造官舎、なっぱ服、給水塔........ 手前のエアコンの室外機が邪魔(笑)ですが、まさに昭和の機関区がここに残ってますconfident 
*
Tenhama10
お風呂や洗濯室も残ってます。浴室は使われていませんが(ヘッドマークの置き場になってます)、昔はSLのすすや機械油で汚れるので、24時間風呂が焚かれ、1日中洗濯機が回っていたそうです。

いまのスマートな工場からは想像もできませんね(^^)
*
Tenhama11
保存されているキハ20をモノクロで。

30年前の国鉄二俣線にタイムスリップできました。
*
Tenhama18
見学時間は、資料館なども含めて40分程度で、正直「鉄」な方には短くてちょっと欲求不満かもangry

出来れば、日を決めて予約制で「鉄道ファン感謝Dayhappy02」を設けたら、それなりの入場料取っても、同好者が集まるかも。
*
(続く) (次回は天浜線に乗ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.08.30

【天浜線】浜名湖と天竜川を廻る列車の旅(その3)

18きっぷの旅の4回目は、再び東へ向かいました。今回の目的地は遠州地方。天竜川と浜名湖をめぐる列車の旅です。
*
Tenhama14
西鹿島駅は天浜線の乗換駅ですが、天浜線は1時間に1本程度しか来ないので(^^; 徒歩で撮影ポイントへ。

ほんの数分歩くと天竜川の流れにでます。夏の渇水期ですがそれでもかなりの水量です。橋を渡るときに下を見ると足がすくむ(笑)感じでした。

写真の上が、国道の鹿島橋(220m)、下が天浜線の天竜川鉄橋(402m)、ほぼ同じ位置に100mほどはなれて架かっていますが、線路橋のほうが倍近くも長いのですね。
*
Tenhama15
列車が来るまで、付近を散策してると「筏問屋 田代家住宅」がありました。
*
Tenhama16
残念ながら夏季休館で中へは入れませんでしたが、江戸時代から続く旧家で往時はこの付近の村の庄屋を務め、天竜の流れを行き来する渡し船や川筏の元締も行っていたそうです。
*
Tenhama01
ようやく列車の通過時間がきました。

でも長~い鉄橋に1両だけの可愛いディーゼルカー(^^)
なんか、アンバランスなんですよねぇ~
*
Tenhama02
真横から撮っても、イマイチ迫力がありませんcoldsweats01

朝日や夕日に照らされる時間帯やあえて雨の日に写した写真をよく見るのも、少しでもドラマティックに見せようという、カメラマンさんの努力の結晶(笑) なんですね。
*
Tenhama03
でも、トラス橋を渡る列車の写真は、この定番の構図が一番いいのかもhappy01
*
Tenhama17
鹿島から二俣の町に向かいます。国道のトンネルに沿って旧道のトンネルもあるので、こちらを歩きます。

なんと煉瓦造の古い鉄道トンネルを流用したようなレトロな隧道でした。
*
Tenhama04
トンネルを抜けると二俣本町駅があります。

こじんまりした無人駅で、元駅事務所はお蕎麦屋さんになってます。この駅に限らず天浜線では駅事務所や待合室を店舗(喫茶や食堂が多い)に貸し出しているところが多いです。
*
Tenhama05
これは、帰りの列車から写したものですが、使われていない長いホームが苔むしていい味を出してました(^^)
*
(続く) (次回は、叡電ネタをいれて、その次に二俣駅構内を見学です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.08.28

【遠鉄】浜名湖と天竜川を廻る列車の旅(その2)

18きっぷの旅の4回目は、再び東へ向かいました。今回の目的地は遠州地方。天竜川と浜名湖をめぐる列車の旅です。
*
Hamamatu08
弁天島の鉄橋で撮影したあと、浜松駅に移動します。「出世大名 家康くん」が迎えてくれます。

浜松城にも行きたいところですが、我慢して(笑)遠鉄新浜松駅へ。
*
Tenhama12
ここで「遠鉄&天浜線(西ルート)共通フリーきっぷ」を買います。1450円で、両線を乗り放題、お得です(^^♪

調べると、前に遠鉄と天浜線(当時は国鉄二俣線)に乗ったのは昭和60(1985)年の11月。なんと30年以上も前(^^)

二俣線の3セク化、遠鉄線の高架新線化などを控えていたので、その前にと乗りに来たようです。
新浜松の手前で、国鉄の貨物線に接続するために遠州馬込駅でスイッチバックして運転されていたのを、珍しく見た記憶があります。
*
Entetsu01
高架ホームにあがると、30型モハ51+クハ61の編成も止まっていましたが、ラッシュ時の増結用で昼間はお休みみたいです(^^)/
*
Entetsu02
単線ですが立派な高架線が北に続きます。上島駅をでて自動車学校前の手前で地上に降りました。

ここにある馬込川鉄橋で30年前に写真をとりましたが、今はコンクリート造となり撮影ポイント消滅してましたwobbly
*
Entetsu08
西ケ崎駅の手前に田んぼが見えたので、ここで降りてみることにします。

赤いボディに白いストライプを入れた車体は、緑の田畑や青い空にくっきりと浮き上がってくれます。
*
Entetsu03
派手なラッピング電車がきました。「JAとぴあ浜松号」だそうです。
*
Entetsu04
JAの電車だけあって、野菜や果物のイラストがいっぱい(*^^*)
*
Entetsu05
遠鉄は昼間は12分毎に2両編成の電車がやってきます。

住宅地の間に田んぼや雑木林がたまに残る沿線風景と合わせて、叡電と雰囲気が似てて好ましく感じましたconfident
*
Entetsu06
西ケ崎駅には、保線区もあって電気機関車と貨車が置かれています。

この真っ青な機関車は、JR飯田線の前身の豊川鉄道が大正14(1925)年にイギリスより輸入した車、という歴史があります。もう御年91歳の長寿ですね。

今は、あまり走ることはないようで、「休車」扱いですが、きれいに整備されいつでも動ける状態ではあるようです。
*
Entetsu07
ふたたび電車に乗って、撮影ポイントを探しながら西鹿島に向かいましたが、ピンとくる景色はなく(^^; 車庫で「青電」ことユタカ技研の創立30周年記念ラッピング電車を写して、おしまいです。

チョット食い足らん気もしますが、腹8分目(笑) ということで。
*
(続く) (次回は、天竜川で撮影)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。
フォト

新緑

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ