2018.12.09

京の晩秋の散歩 紅葉点描(その5)

今日(12月9日)は、ギャラリー巡りで泉屋博古館に行く前後に、哲学の道の最後のもみじ散歩を楽しんできました。
*
201812_kyoto035
法然院は、もう終わってました(^^;

朝早いとはいえ、参拝者もまばらです。
*
201812_kyoto043
白砂壇が真っ赤な落ち葉で覆われるのを期待してましたが、残念ながら黄葉でした。

詫びさびの風情と、好意的に受け取っておきましょうか(笑)
*
201812_kyoto036
その代わりといっては何ですが、すぐ近くの安楽寺の門前では、散りもみじの石段がみごとでした。
*
201812_kyoto037
このお寺は、普段は非公開のためこのような風情が見られるのでしょうねthink
*
201812_kyoto038
狛ねずみで有名な大豊神社の参道では、もみじの枝に白いおみくじが。

背景の古民家と合わせて、絵になります。
*
201812_kyoto039
疏水では、鴨の家族が朝ごはん(^^) の最中でした。

この寒いのによく冷たい水に潜れるもんですねhappy01
*
201812_kyoto040
とあるお屋敷の門にうえられた楓樹。

庭木として手入れされてるだけに、見事な照りです。
*
201812_kyoto041
この付近(岡崎地区)は、お屋敷や別荘が多く、白川や疏水の水を庭に引き込んだり、借景にされたりして楽しまれています。

一部は、さりげなく外からの鑑賞できます。
*
201812_kyoto044
山川に風のかけたるしがらみは
  流れもあへぬ紅葉なりけり


 春道列樹 (古今集秋下・303)

来シーズンもよい紅葉が見られますように
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.12.08

京の晩秋の散歩 紅葉点描(その4)

12月2日は、また哲学の道から吉田山方面を紅葉のお寺や神社を巡りながら散歩してきました。
*
201812_kyoto021
真如堂山門
*
201812_kyoto022
塔頭 吉祥院
*
201812_kyoto023
門の前にはかりんが置いてありました。
*
201812_kyoto024
落ち葉に埋もれる野菊の花
*
201812_kyoto025
花の手水舎
*
201812_kyoto026
鐘楼
*
201812_kyoto027
真ん中の木はウルシです。「かぶれる場合あり注意」の貼り紙がありました。
*
201812_kyoto028
なかなか色付かなかった裏庭の楓樹の林も、ようやく赤くなってきました。
*
201812_kyoto029
回廊

真如堂で一番好きな場所です(^^)
*
201812_kyoto030
わずかに緑の残る枝
*
201812_kyoto031
このグラデーションには、息をのみましたconfident
*
201812_kyoto032
三重塔を写してお寺を後にします。
*
201812_kyoto033
吉田山を越えて、吉田神社へ。

紅葉に映える朱塗りの柵を写して帰途にdashdashdash
*
(次回は、もみじ散歩の最終回です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.12.06

京の晩秋の散歩 紅葉点描(その3)

12月2日は、また哲学の道から吉田山方面を紅葉のお寺や神社を巡りながら散歩してきました。
*
201812_kyoto011
南禅寺 わらべ地蔵
*
201812_kyoto012
白河天皇ゆかりの法勝寺跡にたつ「白河院」。いまは私学共済組合の宿舎になっています。
*
201812_kyoto013
岡崎別院のイチョウの木
*
201812_kyoto014
石畳が隠れるくらいの落ち葉
*
201812_kyoto015
縁先にも
*
201812_kyoto016
黒谷さん(金戒光明寺)の山門と寒桜
*
201812_kyoto017
蓮池と極楽橋
*
201812_kyoto018
お地蔵様 
*
201812_kyoto019
この日の一番の撮影ポイントと考えてた塔頭の栄摂院の楓の老木
*
201812_kyoto020
門前には、まさかの「法要のため拝観停止」の張り紙がbleah

今シーズンはご縁がありませんでした。
*
(続く) (次回は、真如堂から吉田神社へ)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.12.05

京の晩秋の散歩 紅葉点描(その2)

師走とは思えない暖かい日が続きます(^.^)

12月2日は、また哲学の道から吉田山方面を紅葉のお寺や神社を巡りながら散歩してきました。
*
201812_kyoto01
永観堂正面「みかえり阿弥陀」
*
201812_kyoto02
永観堂前庭
*
201812_kyoto03
永観堂前庭
*
201812_kyoto04
永観堂前庭
*
201812_kyoto05
永観堂前庭
*
201812_kyoto06
正門から入って、前庭をざっと一周するだけで、これだけの写真が撮れる永観堂の紅葉は凄い(^^♪
*
201812_kyoto07
南禅寺山門
*
201812_kyoto08
南禅寺前庭
*
201812_kyoto09
南禅寺前庭
*
201812_kyoto010
この広い庭も、いつもはサッサと通り過ぎるが、もみじが照るだけでこれほどフォトジェニックになるとは驚きcoldsweats01
*
(続く) (次回は、岡崎から黒谷さんへ)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.11.29

京の晩秋の散歩 紅葉点描(その1)

11月下旬のもみじ散歩の写真を、ダイジェストhappy01
*
201811kyoto29
23日の朝のお散歩は真如堂さんへ。 百体地蔵さま
*
201811kyoto30_2
真如堂本堂南側
*
201811kyoto31
真如堂から鞍馬に移動して、叡電を撮影。

鞍馬天狗happy01 叡電鞍馬駅前
*
201811kyoto32
舵取社 貴船口
*
201811kyoto33
夜泣峠登山口の紅葉を写して二ノ瀬駅から一旦帰宅。 
*
201811kyoto34
午後からは、赤山禅院へ。

紅葉と寒桜のコラボは、新聞記事にもなってました。
*
201811kyoto35
赤山禅院地蔵堂
*
201811kyoto43
紅葉まつりの数珠供養に参列しました。 記念にお数珠をいただきました。
*
201811kyoto36
赤山をでて禅華院に行きましたが、工事中で紅葉は写せず(^^ゞ
そのまま、曼殊院へ。

前庭を一周して帰宅。
*
201811kyoto37
25日の朝のお散歩は、哲学の道へ。

法然院の山門を通して真っ赤な紅葉が額縁のように(^^)
*
201811kyoto38
白砂壇と赤・黄・緑のグラデーションがみごと。
*
201811kyoto39
午後からは、ポスカ展の道すがら本満寺へ。

サザンカが見ごろになってます。
*
201811kyoto40
バックには真っ赤なもみじ。

このお庭は、春先はしだれ桜見物で賑わいます。
*
201811kyoto41
相国寺にはいります。

このお寺は、他の京都五山に比べて観光客が少なくて、静かなのがいいですね(^^)
*
201811kyoto42
雁の寺、瑞春院
*
(次回は、このあと行ったポスカ展です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.11.17

京の晩秋の散歩 祇園新橋

大雅堂をでて、祇園新橋を通って三条駅まで戻りました。

巽橋付近は、観光客でいっぱいですが、なぜか新橋の通りは静かです。
*
201811kyoto19
お茶屋さんの一角で、甘味処がひっそりと旗看板を出しています。夜になると芸舞妓さんもひと休みの来るのでしょうかjapanesetea
*
201811kyoto20
さるぼぼ?
*
201811kyoto21
ロージ。

白川に抜けられます。
*
201811kyoto22
踊りのポスター
*
201811kyoto23
黒の格子に黄色のツワブキの花が映えます。
*
201811kyoto25
鴨川へでると、はや秋の日はかなり傾いています。
*
(次回は、枚方の菊花展です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.11.14

京の晩秋の散歩 黒谷さんから真如堂へ

11月も中旬になって、秋も深まった感じのこの頃です。朝晩は寒く、昼間は気温があがって、体調管理に気を使いますね(^^)
*
201811kyoto18
11月11日のお散歩は、紅葉が見ごろになってきた、黒谷さんから真如堂へ。

参道の菊の鉢植えがきれいです。
*
201811kyoto11
黒谷さんの本堂脇のススキも穂が白くなってきました。
*
201811kyoto12
三重塔のまわりの楓も赤くなってきています。

ただ塔は修理中で足場が組まれています。目立たないように隠すアングルを作るのに苦労します(^^;
*
201811kyoto13
花の手水鉢も秋のお花に代わっています。

水面が波打っていますが、静かになると紅葉が映り込むのかもmaple
*
201811kyoto14
手水鉢の小菊は、ここで摘んだのかな(^.^)
*
201811kyoto15
ドウダンツツジとクマザサ

これも毎年ねらうアイテム(^^♪ です。
*
201811kyoto16
極めつけは、奥の回廊の楓樹。

朝日に映えます。(時刻は、午前9時前後くらい)
*
201811kyoto17
阿弥陀様の御手につながれた紐が前庭に伸びています。これを握って念仏を唱えると極楽往生まちがえなし(^^)/

本堂前に茂るのは、菩提樹です。(ただしインドでお釈迦さまが悟りをひらかれた樹とは種類がちがいます)
*
201811kyoto24
白川通りに降りる東参道に落ちてた、柿の葉。

自然の織り成すグラデーションがステキですね(^^♪
*
(続く) (次回は、京都のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.11.11

京の晩秋の散歩 哲学の道

順番は逆なりますが、11月3日に、岡崎の細見美術館に行く前に、哲学の道を散歩してきました。
*
201810kyoto101
永観堂の前庭。秋の特別公開がはじまって、多くの参拝者で賑わっています。

地元民的(^^) には、もみじの色つきはまだまだなので、偵察しただけでスルー。
*
201810kyoto102
若王子神社付近の疏水の様子。

この付近の楓樹がいちばん色ついてましたね。全体的にはやはりまだ早いですが(^.^)
*
201810kyoto103
おぜんざいも美味しい季節になってきましたね。

夏は、和傘のしたは「」の旗がゆれてましたが。
*
201810kyoto104
法然院に来ました。

哲学の道沿いは、南禅寺からはじまって、永観堂、光雲寺、法然院、銀閣寺、白沙村荘と秋の特別公開がメジロ押しcoldsweats01 です。

一か所数百円から千円ほど拝観料がかかりますから、すべて無料エリアのみhappy01
*
201810kyoto105
茅葺の山門をくぐると、白砂壇に maple の型押し。

なかなか心憎いおもてなしですね。
*
201810kyoto106
アップにするとこんな感じ。

手前の葉が色づく頃にまた来ましょう。ただし朝早く来ないと写真の順番待ちになっちゃうけどねbleah
*
201810kyoto107
これも演出でしょうけど、砂壇の手前の杉こけには、散り落ち葉がふわり。
*
201810kyoto108
季節の花の飾られる手水は、菊の注ぎ口に変わってました。
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.10.18

粟田神社の粟田祭をみてきました。

体育の日の10月8日、粟田神社の粟田祭をみてきました。
*
201810kyoto25
実は、この日がお祭りとは知らなくて、たまたま岡崎地区を歩いていたら、ポスターが目にとまり、さらに氏子さんの家に剣鉾が展示してあるのを見て、神社まで行ってみたのです(^.^)

粟田神社は、東山三十六峰のひとつ粟田山の中腹にあり、ここから旧東海道まで急な参道が続いています。

ここをお神輿をはじめ祭り行列が下り降りるのが、祭りの見せ場のひとつです。
*
201810kyoto26
傾斜はこんな感じ。慎重に担いだり、押しとどめたりしながら坂を下ります。
*
201810kyoto27
お神輿が下ってきました。前のほうは長押をもって押しとどめ、後ろは縄をつけて引っ張って滑り落ちないようにしています。
*
201810kyoto28
どちらかというと、優雅で静かなお祭りの多い京都の神社には珍しい勇壮な祭りです。
*
201810kyoto29
目の前を通過していくお神輿。 かなり低く担いで鳥居にぶつからないようにしています。
*
201810kyoto30
旧東海道に出てきました。ここで小休止のようです。

その間に、三条神宮道の交差点まで先回りします。
*
201810kyoto31
しばらくすると、祭り行列がやってきました。三条通りから神宮道に入ります。
*
201810kyoto32
2~300mほど進んだところ(東山区と左京区の区界で、岡崎神社の氏子町との境界でもあります)で、Uターンのためまた小休止。
*
201810kyoto33
さして広くない神宮道に祭り行列が溢れて、バスも立ち往生(^^; この後に3・4台止まってました。

京都では、祭礼に伴う交通規制は日常茶飯事ですbleah
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.10.05

櫛まつりの「時代風俗行列」を見てきました

9月24日は、萩まつりのあと、祇園の安井金毘羅宮の櫛まつりの「時代風俗行列」を見てきました。
*
201809kyoto44
1時から神事があって、そのあと行列に移るのですが、東山安井の交差点に着くと、すでに神社を出発した行列がやってくるところでした。
*
201809kyoto45
古墳時代から明治・大正までの時代を代表する髪型と衣装風俗をまとったの女人列をカメラに収めます。

行列が通過すると、後ろについて祇園石段下の交差点へ。
*
201809kyoto46
八坂神社をバックに、時代行列が進みます。
*
201809kyoto47
行列は、知恩院前で左折して新門前通りへ。それまでのバス通りとちがい、いかにも祇園町らしい情景を進みます。

江戸や明治の服装で歩いても違和感ありませんよね(^^)
*
201809kyoto48
行列は、花見小路を左折して戻っていきましたが、追っかけはここまで(^_^)

来年は、神事と時代風俗の解説のところも見てみたいですね。
*
(次回は、大阪のギャラリーを巡ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

より以前の記事一覧

フォト

クリスマス・ステーション in 八瀬

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ