2017.05.15

京の初夏の散歩(その2)きぬかけの路と華頂の道

       
*
Kawaramachi_imadegawa01_2 GWも終盤の5月6日は、春の京都非公開文化財の特別公開で、洛西のきぬかけの路とギャラリー巡りで洛東の精華の道を歩いてきました。

この日は、午後から雨の予報なので、時間節約に出町から金閣寺まではバスを利用。急行バスなので速いです(^^♪

<注>この記事内の写真は、クリックすると拡大します。
*
201705_4kinukake01_2 衣笠からきぬかけの路をあるいて、御室仁和寺まできました。すでに遅咲きの御室桜も葉桜になって、境内は静かになっています。

国宝の金堂と重文の経堂が公開されます。金堂(本堂)は、元は京都御所の紫宸殿を移したもので、最古(桃山時代建造)の紫宸殿の遺構だそうです。

内部は、御殿から仏殿に改装されてますが、一段高い仏座は高御座のおかれた跡だとか。背後の極彩色の壁画が美しいhappy01
*
201705_4kinukake02 経堂は、その名の通り経典の収蔵庫。内部には八角の回転式の書架が置かれてます。

書架には引き出しが800個もの引き出しがあり中にお経が納められてます。

それぞれの引き出しには千字文という漢字の練習帳の漢字が順番に振られナンバー管理中coldsweats01

このお堂も内部は極彩色の壁画で飾られてます。普段は閉め切られて真っ暗なようなので、何百年も色が残ったんでしょうね。
*
201705_4kinukake03 仁和寺をでて、近くの福王子神社へ。

仁和寺を開かれた宇多天皇の母で、光孝天皇の后である班子女王をお祀りします。

小さなお社ですが、重文指定(江戸時代初めに徳川家光が造営)

班子皇后が多くの子宝に恵まれたことから福王子と名付けられたとか。いまでも安産・子育てのお参りが多いです。

お宮参りのお札の犬張り子がカワイイlovely
*
201705_4kinukake04 福王子から北へ少し上がったところに、次の非公開寺院、妙光寺があります。

非公開でも、大概の寺社は名前くらいは知ってますが、このお寺はまったく知りませんでしたcoldsweats01
*
201705_4kinukake11 鎌倉時代に開かれ、京都十刹の第三位の寺格を誇る大寺院でしたが、戦乱や自然災害で荒廃し、忘れられた存在になってしまったようです。

広い境内ですがあまり整備はされておらず、痛々しい感じもします。
境内には、野々村仁清の墓と伝えるお墓があります。

本物だとして、世の名声にくらべて、非常に質素なのに驚きました。薄葬を命じたのでしょうか。
*
201705_4kinukake05 妙光寺をでて、嵯峨野の遍照寺にむかいます。

途中に、「鳴滝の大根焚き」で有名な了徳寺があるので、寄ってみました。

旧街道に沿った意外と小さなお寺でした。

師走の風物詩としてテレビや新聞でみる写真で、大寺院かと思ってたんですけどbleah
*
201705_4kinukake06 旧街道には、こんな茅葺屋根の民家もありました。

玄関前の、発泡スチロールの箱が艶消しなんですねsmile
*
201705_4kinukake07 きぬかけの道は、宇多野の丘陵地を越えて、嵯峨野に入ります。

広沢池の水面が広がります。

左奥は大覚寺、五山の送り火のひとつ鳥居形の灯る曼荼羅山そして愛宕山と続きます。
*
201705_4kinukake08 正面は遍照寺山。

その昔は、これから参る遍照寺がこの山の麓を中心に池の周りに大伽藍を広げていたそうです。

今の遍照寺は、池から南へすこし入った所にあります。

整備された境内が美しいです。
*
201705_4kinukake09 このお寺では、十一面観音菩薩像と赤不動像が公開されました。どちらの仏さまも、平安中期このお寺が開かれた頃(989年前後)に彫られたと考えられています。

時は、一条天皇の御代、藤原道隆や道長、定子皇后、彰子中宮に清少納言や紫式部、和泉式部が活躍した時代ですぞ。

しかもこのお寺には、源氏物語の夕顔の巻のモデルになった、具平親王と大顔の悲恋話が残されていたりします。

観音さまもお不動様も、平安貴族やお付きの女房方と対面されてるかもしれませんね。
*
201705_4kinukake10 前に、「桃山時代の作(450年ほど前)で、信長や秀吉を見ているかも知れない。」と説明された仏さまをみて、「へぇー!」って思ったことがありますが、
上には上(約1000年前)がいるもんだcoldsweats01
*
Yamagoe01 さて、午前中のきぬかけの路の散策を終えて、バスで、一気に四条京阪前まで移動します。

バスに乗ってすぐに雨が降ってきました。でも40分ほどの乗車時間のうちに雲は移動し、バスを降りた時には傘は不要でした。

良かったですhappy01
*
201705_5kacyou01 祇園町を抜けて、知恩院さんに向かいます。

順番が逆になりましたが、前に紹介した、田上晃庸さんの写真展「Flow-道-」を見るためです。

新緑に覆われた華頂山が目に痛いくらいですね(^^)
*
201705_5kacyou03 写真展を見終わって、本山さんにお参りします。

鶯張りの廊下を歩くと、キュッキュッと鳴って面白いですね。

子供の頃は走り回ってよく怒られましたcoldsweats01
*
201705_5kacyou04 お参りを終えて、新門前通りを下っていくと小さな流れにぼたん桜の花いかだがcherryblossom

回りは初夏なのに、ここだけ晩春が取り残されてるみたい。
*
201705_5kacyou05 花いかだの上には、つるバラが垂れ下がっていい感じ。
*
201705_5kacyou06 白川の一本橋を渡って、古川町商店街へ。
*
201705_5kacyou08 偶然、ギャラリーを見つけてまた立ち寄りました。

京都精華大のマンガ学部のOB・OGの四人展です。

漫画の原点のカートゥーン、似顔絵、見立て絵、オリエンタルな絵、どれも個性的(*^_^*)

仏様ばかり見て歩いて、すこし抹香臭く(失礼)なったこの日のお散歩の、リフレッシュになりましたwink
*
(次回は、草津に藤祭りを見に行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.04.01

京の春の散歩(その7)哲学の道から吉田山へ花を探して

3月25日に霊鑑寺の特別公開に行き、そのあと哲学の道から吉田山へ抜ける散歩コースで、春の花を探して来ました。
*
2017038_otoyo01
哲学の道の遊歩道は、まだ「春爛漫」を感じるところまではいきませんが、ぽつぽつと春を告げる花が咲きだしています。
*
2017038_otoyo02
大豊神社に参ります。 このお宮は花の名所のひとつで、一年中お庭に花が絶えません。

今は、梅と椿がみごろです。
*
2017038_otoyo03
気に入った花を数輪写せました。
*
2017038_otoyo04
バックは、コブシでしょうか。
*
2017038_otoyo05
お神酒の手前は、蝋梅の枝に結ばれたおみくじ
*
2017038_otoyo06
この神社のマスコット、狛ネズミくんと稲荷キツネが勢揃いhappy01
*
2017039_sinnyodou01
哲学の道から真如堂に向かいます。このお寺はカエデのイメージが強いのですが(^^; 椿の大木もありました。ふだんはたくさんの楓樹に囲まれて見落としていたようです。
*
2017039_sinnyodou02
三重塔の下には、ツツジが咲いてました。早春に咲く玄海ツツジという品種のようです。
*
2017039_sinnyodou03
馬酔木もたくさん咲いています。
*
2017039_sinnyodou04
ほんのり赤みがかった花も
*
2017039_sinnyodou05
真如堂のちかくの東北院ではジンチョウゲが満開になってました。
*
2017039_sinnyodou06
今日から4月です。 いよいよ春本番cherryblossom

これから梅雨明けまで、花が途切れることがないので被写体探しも楽で助かりますbleah
*
(次回は、見頃を迎えた本満寺と御所の桜です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.03.31

京の春の散歩(その6)椿寺:霊鑑寺の春の特別公開

3月25日は、嵐電を楽しんでから一転して洛東鹿ケ谷までバスで移動し、椿寺霊鑑寺の春の特別公開の初日に駆けつけました。
*
2017037_reikanji01
特別公開はどこも早く行かないとひとでいっぱいになるのですが(^^;、ここは初日でもあるのか、まだほどほどのお参りでした。
*
2017037_reikanji02
尼寺らしく、境内には、たおやかな感じのする苔庭がお堂の周りの山裾に造られ、小さなお池が掘られています。

そこにたくさんの椿の銘木が植えられています。どこまで写真で美しさを捉えられたかわかりませんが(^^; ごゆっくりお楽しみください。
*
2017037_reikanji03
前庭の石仏さま
*
2017037_reikanji04
梅の古木
*
2017037_reikanji05
庫裏玄関
*
2017037_reikanji06
中庭から本堂のある高台に上がります
*
2017037_reikanji07
本尊は、如意輪観音様が祀られています。恵心僧都の作と伝えられます。
*
2017037_reikanji08
しばらく一段高いところにある奥庭を進みます。
*
2017037_reikanji09
一面の苔庭が続きます。新緑の頃にお参りしたいところですが、普段は非公開ですcoldsweats01
*
2017037_reikanji10
逆光に輝いていました。shine
*
2017037_reikanji11
また急な階段を、中庭に降りて行きます。
*
2017037_reikanji12
苔の中からお花が咲いているよう(^.^)
*
2017037_reikanji13
この付近は、比較的おおきな花を咲かす品種が植えてあるようです。
*
2017037_reikanji14
その中で、これは西洋種の椿のようですが、可愛らしい花を咲かせてました。
*
2017037_reikanji15
小さなピンポン玉大です。
*
2017037_reikanji16
お庭を一周して、庫裏の前に戻ってきました。
*
2017037_reikanji17
蹲踞で、手を清めて座敷にあがります。

座敷内は撮影禁止ですが、御所の建物を移した見事な造作や壁画そして歴代の尼宮さまのお道具を拝見できます。
*
2017037_reikanji18
銘木「月光(げっこう)椿」

庫裏の坪庭に植えられています。
*
2017037_reikanji21
こちらは、「日光(じっこう)椿」
*
2017037_reikanji19
いかがでした(^.^) まだ咲いていない枝も多く、見ごろにはもう少しという感じでしたが、落ち着いて鑑賞できて良かったです。

今年は、4月9日(日)まで公開されます。京都においでの際は立ち寄られてみてください。

お手洗いでは、人形君が迎えてくれますよ(*^_^*)
*
2017037_reikanji20
(続く) (次回哲学の道を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.03.13

京の春の散歩(その4) 東山花灯路

201703kyouto2hanatourou07
京都の春の観光シーズンの幕開けを告げる「東山花灯路2017」がはじまりました。3月4日の夜に行ってきました。
*
201703kyouto2hanatourou04
定番のcoldsweats01 夕暮れの八坂の塔
*
201703kyouto2hanatourou05
日没直後
*
201703kyouto2hanatourou06
ねねの道の犬矢来
*
201703kyouto2hanatourou08
高台寺山門の梅
*
201703kyouto2hanatourou03
こぼれ梅とお地蔵さま (八坂庚申堂)
*
201703kyouto2hanatourou09
プロジェクションマッピング (長楽館)
*
201703kyouto2hanatourou10
八坂神社
*
201703kyouto2hanatourou11
八坂神社楼門

今年は、とくにイベントに参加することもなく、小一時間散歩して引き上げてきました。

もう人出が多くなって、それに伴い三脚の使用が全面禁止になり、気の利いたcoldsweats01 夜景撮影は無理になりましたから。
*
(次回は大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.01.01

京都の初詣 大混雑の(^^; 平安神宮

201701hatuhi01
自宅ベランダから見えた、2017年の初日の出 (8:10頃)
*
改めまして、あけましておめでとうございます。本年もピンぼけブログ館をよろしくお願いします。

元日は、恒例のお墓参りを兼ねた東山散策に行ってきました。祇園四条から建仁寺、八坂の塔、高台寺と回って東大谷さんでお墓参り。

それから知恩院さんにお参りして平安神宮まで来ました。
*
201701heian01
すでに神宮道の交通規制は解除されて、大鳥居付近の人の流れは普段の休日並み。

「この程度なら平安神宮に参っとこか」と応天門をくぐります。
*
201701heian05
前庭を通して拝殿の前にひとが群がっているのが見えます。最初はなにかイベントがあって人だかりしてるのだと思ってたんですけど........
*
201701heian02
なんと! 拝殿に登るための順番待ちの人波でしたcoldsweats02

伏見稲荷ですごい混雑を経験したことがありますが、平安神宮もこんなに人が多いとはcoldsweats01

普段は初夏のハナショウブが咲く時期に写真を撮りに神苑に行くか、無料公開日か、結婚式に呼ばれるかくらいしか参らなくて、ここしばらくは初詣に来た記憶がありません(笑)
*
201701heian03
結局、拝殿に上がるまでに20分ちかく、さらに一番前にいって礼拝するのにまた数分かかりましたbearing
*
201701heian04
平安神宮の人気、恐ろしや(笑)
*
(次回は、五新線跡を見に行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.12.01

京のもみじ散歩 2016 (その10)雨の真如堂

11月最後の日曜日の27日は、朝から雨になってしまいました。でもおそらく京都市内の紅葉の見ごろは、この日でお仕舞いになりそうなので、山科の毘沙門堂と聖天さんそして真如堂を回ってきました。
*
201611_15shinnyodo02
雨が降ってなければ、山科から山越えで南禅寺に出るところですが、地下鉄で蹴上に戻り、真如堂に向かいます。

雨は降り止みませんが(^^; 雨の日しか撮れないような情景を探すことに。

これは、三重塔に雨脚を写し込んでます。
*
201611_15shinnyodo03
苔庭も水気を含んでしっとりしてきました。
*
201611_15shinnyodo04
雨の日の定番(^^) ですが、葉先に光る雨粒を
*
201611_15shinnyodo05
カメラを濡らさないように気を付けてたら、逆に背中のリュックサックに雨が入ってしまったようです。家に帰って開けてみたら、底に水が溜まってましたcoldsweats01
*
201611_15shinnyodo06
野菊もたくさん植えてあるのですが、雨で構図を作りにくくて、あまりパッとした絵にはならず(*_*)
*
201611_15shinnyodo07
雨がきついので本堂裏側のもみじの林は、ほとんど人影がありません。

おかげで、ここでも思う存分真っ赤な落ち葉を撮影できました。
*
201611_15shinnyodo08
波紋が美しいですconfident
*
201611_15shinnyodo09
例年なら、人影が途切れるのを辛抱強く待つときも多いですが、雨ならその心配なし。 ある意味お得かもbleah
*
201611_15shinnyodo10
絵のような情景ですconfident
*
201611_15shinnyodo11
今年の紅葉撮影も、これであらかた終わりでしょう。

今週末は、「京都で一番最後に紅葉する」といわれる下鴨神社の糺の森へ行きましょうか。
*
(次回は、ギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.11.30

京のもみじ散歩 2016 (その9)山科毘沙門堂と聖天さん

11月最後の日曜日の27日は、朝から雨になってしまいました。でもおそらく京都市内の紅葉の見ごろは、この日でお仕舞いになりそうなので、山科の毘沙門堂と聖天さんそして真如堂を回ってきました。
*
201611_13bisyamon01
JR山科駅から毘沙門堂に続く細い道は、晴れの日に比べれば空いているのかもしれませんが、それなりの人出です。
*
201611_13bisyamon02
ここは、散りもみじが売りのお寺です。雨に濡れた落ち葉がしっとり感を出してくれています。
*
201611_13bisyamon04
参道に水たまりが出来て歩きにくいので、やむなく脇にそれたら思いがけず木の根を埋めるカラフルな落ち葉が見つかりました。
*
201611_13bisyamon03
もう一度石段を登って、境内に入ります。
*
201611_13bisyamon05
東山に霧が出て、いい雰囲気に見えたんですが、写真に撮るとイマイチかな(^^;
*
201611_13bisyamon06
ドウダンツツジも、カエデに負けじと赤色を競っています。

灯籠の火袋に何か見えますね。
*
201611_13bisyamon07
お坊さんの心遣いか、観光客のイタズラか(笑) ロウソクの代わりに真っ赤なツツジの一枝がhappy01
*
201611_14syouten01
庫裏や庭園は何度か拝見しているので、やはりモミジで彩られた石段を下りて、山科聖天さんに向かいます。
*
201611_14syouten02
鄙びた山寺の風情がいいですね。観光客もここまで足を伸ばす人は少なくて、もみじの境内を独り占めcoldsweats01
*
201611_14syouten03
雨だれ受けの火鉢?にもみじ葉が浮かび、雫で波紋が立ってました。
*
201611_14syouten04
奥の不動の滝。 

こころが洗われる情景ですね。
*
(続く) (次回は、真如堂です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.11.28

京のもみじ散歩 2016 (その8)黒谷さんから哲学の道へ

11月23日の勤労感謝の日は、東山山麓の紅葉の名所を、南から北へ歩いてみました。

建仁寺から、祇園町、白川沿い、岡崎公園とモクモクとcoldsweats01 あるいて、ようやく黒谷さん金戒光明寺に着きました。
*
201611_11kurotani01
晩秋の日はつるべ落とし、はや山門を斜め横から照らしています。
*
201611_11kurotani02
アップにすると、こんな感じ(^^)
*
201611_11kurotani03
塔頭の栄摂院のお庭を拝見します。それほど広くはありませんが、息を呑むようなみごとな紅葉が見られます。

もみじの外れ年で、他で残念な樹ばかり見てきても(^^;、ここは裏切られることはありません(*^▽^*)
*
201611_11kurotani04
うす曇りで重厚なもみじの絨毯ですが、快晴の日に行くと、また違った印象です。
*
201611_11kurotani05
さすがに、雨の日に参ったことはありませんが、どんな雰囲気なんでしょう(^.^)
*
201611_11kurotani06
マスコットhappy01 の手びねりのミニ地蔵さまに送られてお寺を後にしました。
*
201611_12tethugaku01
すぐ近くに、真如堂さんがあるのですが、もうお腹一杯(笑)にもみじを見たので、またの日にして、最後は哲学の道を歩きました。
*
201611_12tethugaku02
ここは、春の桜の時期がいちばん素晴らしいですが、晩秋のもみじする樹は意外と少ないようです。

それでも、探すと絵になる情景はいくらでも(^.^)
*
201611_12tethugaku03
サザンカの花が目につきました。うまく紅葉と合わすことが出来ました。
*
201611_12tethugaku04
お散歩の最後は、法然院の参道の黄葉で締めることにしましょう。

この後、出町柳駅まで歩いて、24,000歩余り 13キロ程の道のりでした。
*
(続く) (次回は、山科の毘沙門堂と聖天さんを訪ねます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.11.27

京のもみじ散歩 2016 (その7)新熊野神社、智積院、養源院、建仁寺へ

11月23日の勤労感謝の日は、東山山麓の紅葉の名所を、南から北へ歩いてみました。

泉涌寺をでで、智積院に向かいます。
*
201611_7imakumano09
新熊野神社に前を通ると、火焚き祭が行われていたので、立ち寄ってみました。

般若心経が唱えられるなか、護摩木が火に焚べられます。
*
201611_7imakumano10
ミカンも火であぶられます。焼ミカンは、この冬の初物(^^♪
皮はほんのりと温かく、中身は冷たかったです。
*
201611_8chisyakuin01
智積院に着きました。ここの紅葉は毎年楽しみにしているのですが、残念ながら多くの樹は終わってましたcoldsweats01
*
201611_8chisyakuin02
見頃の樹をさがして、写します。太陽が雲に隠れたりまた出たりするので、そのつど露出を変えねばならず忙しいhappy01
*
201611_8chisyakuin03
蓮池に本堂の五色幕が写り込むのを見つけました。なかなかシュールにもみえます(^^;
*
201611_8chisyakuin04
極め付けは、五色幕もみじ散らしhappy01

実景じゃないみたいですね。
*
201611_8chisyakuin05
ここは、苔庭に散り紅葉がみどころのひとつなんですけど、残念ながらあまりよい色付きの葉は見つかりませんでしたdespair

まあ、五色幕とmapleが見れて、良しとしましょう(^^♪
*
201611_9eigenin01
智積院の次は、養源院です。これは敷地の裏手の東山通側に植えてある黄葉を写したもの。陽の光に映えて、きれいかったのでhappy01
*
201611_9eigenin02
ここは、参道の散りもみじが有名ですが、まずは本堂前でサザンカでピンクの庭をパチリcamera
*
201611_9eigenin03
石畳の枯れ葉は、掃き清めてありますが、あさイチに来ると一面の真っ赤な絨毯が見られることも(*^^*)
*
201611_9eigenin04
メイン通路以外は、石畳にも枯れ葉がアブストラクトな(^.^) 模様を描いてました。
*
201611_10kenninji01
この先、清水寺や知恩院、南禅寺、永観堂といった紅葉の名所が点在してますが、回り切れない(^^; のでパスして、建仁寺で桜紅葉の苔庭をちょっと写して、一気に岡崎地区まで移動します。
*
(続く) (次回は、黒谷さんから哲学の道です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.11.25

京のもみじ散歩 2016 (その6)東福寺から今熊野へ

11月23日の勤労感謝の日は、東山山麓の紅葉の名所を、南から北へ歩いてみました。

まずは、東福寺から今熊野観音寺・泉涌寺へ。
*
201611_6toufukuji01
混雑する東福寺駅を避けて、ひとつ先の鳥羽街道駅から歩き始めます。

表参道までくると、なぜか消防車が止まってました。万一に備えての待機のようですが、紅葉した木々によく合いますね(^^♪
*
201611_6toufukuji02
境内に入るとすぐに、一本で真っ赤から青葉までのグラデーションが楽しめる(*^^*) 樹が三門横で見つかりした。

お得かもcoldsweats01
*
201611_6toufukuji04
塔頭の最勝金剛院のお墓の小屋の軒です。きれいに色つく樹ですが、今年はすでに終わりかけでした。
*
201611_6toufukuji05
これも塔頭の同聚院の軒先です。シーズンが終わったあとの掃除が大変でしょうね(笑)
*
201611_7imakumano01
清水焼の窯元が並ぶ日吉地区を抜けて、今熊野観音寺に来ました。お寺の参道なのに「鳥居橋」とよぶのは、鎮守社として熊野権現社が祀られてるからなのだとか。神仏習合の伝統ですね(^^)
*
201611_7imakumano02
手水鉢のわきで水浴びしている落ち葉たちmaple
*
201611_7imakumano03
如意輪観音さまがおられました。
*
201611_7imakumano04
このお寺で、いちばん真っ赤になるといわれる楓樹です。
*
201611_7imakumano05
少し引いて、落ち葉の小径と共にcamera
*
201611_7imakumano07
観音寺をでて、お隣の来迎院に参ります。ちいさなお寺ですが、紅葉はみごとです。

ふだんはひっそりしてますが、この日は大勢のお参りでした(^^)/
*
201611_7imakumano08
泉涌寺の本堂です。

人口美と自然美のコラボレーションがすばらしです。昔の人は、ここまで考えて瓦を葺き、木を植えたのでしょうかconfident
*
(続く) (次回は、智積院とその近くの寺社を回ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。
フォト

新緑

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ