2017.03.13

京の春の散歩(その4) 東山花灯路

201703kyouto2hanatourou07
京都の春の観光シーズンの幕開けを告げる「東山花灯路2017」がはじまりました。3月4日の夜に行ってきました。
*
201703kyouto2hanatourou04
定番のcoldsweats01 夕暮れの八坂の塔
*
201703kyouto2hanatourou05
日没直後
*
201703kyouto2hanatourou06
ねねの道の犬矢来
*
201703kyouto2hanatourou08
高台寺山門の梅
*
201703kyouto2hanatourou03
こぼれ梅とお地蔵さま (八坂庚申堂)
*
201703kyouto2hanatourou09
プロジェクションマッピング (長楽館)
*
201703kyouto2hanatourou10
八坂神社
*
201703kyouto2hanatourou11
八坂神社楼門

今年は、とくにイベントに参加することもなく、小一時間散歩して引き上げてきました。

もう人出が多くなって、それに伴い三脚の使用が全面禁止になり、気の利いたcoldsweats01 夜景撮影は無理になりましたから。
*
(次回は大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.01.01

京都の初詣 大混雑の(^^; 平安神宮

201701hatuhi01
自宅ベランダから見えた、2017年の初日の出 (8:10頃)
*
改めまして、あけましておめでとうございます。本年もピンぼけブログ館をよろしくお願いします。

元日は、恒例のお墓参りを兼ねた東山散策に行ってきました。祇園四条から建仁寺、八坂の塔、高台寺と回って東大谷さんでお墓参り。

それから知恩院さんにお参りして平安神宮まで来ました。
*
201701heian01
すでに神宮道の交通規制は解除されて、大鳥居付近の人の流れは普段の休日並み。

「この程度なら平安神宮に参っとこか」と応天門をくぐります。
*
201701heian05
前庭を通して拝殿の前にひとが群がっているのが見えます。最初はなにかイベントがあって人だかりしてるのだと思ってたんですけど........
*
201701heian02
なんと! 拝殿に登るための順番待ちの人波でしたcoldsweats02

伏見稲荷ですごい混雑を経験したことがありますが、平安神宮もこんなに人が多いとはcoldsweats01

普段は初夏のハナショウブが咲く時期に写真を撮りに神苑に行くか、無料公開日か、結婚式に呼ばれるかくらいしか参らなくて、ここしばらくは初詣に来た記憶がありません(笑)
*
201701heian03
結局、拝殿に上がるまでに20分ちかく、さらに一番前にいって礼拝するのにまた数分かかりましたbearing
*
201701heian04
平安神宮の人気、恐ろしや(笑)
*
(次回は、五新線跡を見に行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.12.01

京のもみじ散歩 2016 (その10)雨の真如堂

11月最後の日曜日の27日は、朝から雨になってしまいました。でもおそらく京都市内の紅葉の見ごろは、この日でお仕舞いになりそうなので、山科の毘沙門堂と聖天さんそして真如堂を回ってきました。
*
201611_15shinnyodo02
雨が降ってなければ、山科から山越えで南禅寺に出るところですが、地下鉄で蹴上に戻り、真如堂に向かいます。

雨は降り止みませんが(^^; 雨の日しか撮れないような情景を探すことに。

これは、三重塔に雨脚を写し込んでます。
*
201611_15shinnyodo03
苔庭も水気を含んでしっとりしてきました。
*
201611_15shinnyodo04
雨の日の定番(^^) ですが、葉先に光る雨粒を
*
201611_15shinnyodo05
カメラを濡らさないように気を付けてたら、逆に背中のリュックサックに雨が入ってしまったようです。家に帰って開けてみたら、底に水が溜まってましたcoldsweats01
*
201611_15shinnyodo06
野菊もたくさん植えてあるのですが、雨で構図を作りにくくて、あまりパッとした絵にはならず(*_*)
*
201611_15shinnyodo07
雨がきついので本堂裏側のもみじの林は、ほとんど人影がありません。

おかげで、ここでも思う存分真っ赤な落ち葉を撮影できました。
*
201611_15shinnyodo08
波紋が美しいですconfident
*
201611_15shinnyodo09
例年なら、人影が途切れるのを辛抱強く待つときも多いですが、雨ならその心配なし。 ある意味お得かもbleah
*
201611_15shinnyodo10
絵のような情景ですconfident
*
201611_15shinnyodo11
今年の紅葉撮影も、これであらかた終わりでしょう。

今週末は、「京都で一番最後に紅葉する」といわれる下鴨神社の糺の森へ行きましょうか。
*
(次回は、ギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.11.30

京のもみじ散歩 2016 (その9)山科毘沙門堂と聖天さん

11月最後の日曜日の27日は、朝から雨になってしまいました。でもおそらく京都市内の紅葉の見ごろは、この日でお仕舞いになりそうなので、山科の毘沙門堂と聖天さんそして真如堂を回ってきました。
*
201611_13bisyamon01
JR山科駅から毘沙門堂に続く細い道は、晴れの日に比べれば空いているのかもしれませんが、それなりの人出です。
*
201611_13bisyamon02
ここは、散りもみじが売りのお寺です。雨に濡れた落ち葉がしっとり感を出してくれています。
*
201611_13bisyamon04
参道に水たまりが出来て歩きにくいので、やむなく脇にそれたら思いがけず木の根を埋めるカラフルな落ち葉が見つかりました。
*
201611_13bisyamon03
もう一度石段を登って、境内に入ります。
*
201611_13bisyamon05
東山に霧が出て、いい雰囲気に見えたんですが、写真に撮るとイマイチかな(^^;
*
201611_13bisyamon06
ドウダンツツジも、カエデに負けじと赤色を競っています。

灯籠の火袋に何か見えますね。
*
201611_13bisyamon07
お坊さんの心遣いか、観光客のイタズラか(笑) ロウソクの代わりに真っ赤なツツジの一枝がhappy01
*
201611_14syouten01
庫裏や庭園は何度か拝見しているので、やはりモミジで彩られた石段を下りて、山科聖天さんに向かいます。
*
201611_14syouten02
鄙びた山寺の風情がいいですね。観光客もここまで足を伸ばす人は少なくて、もみじの境内を独り占めcoldsweats01
*
201611_14syouten03
雨だれ受けの火鉢?にもみじ葉が浮かび、雫で波紋が立ってました。
*
201611_14syouten04
奥の不動の滝。 

こころが洗われる情景ですね。
*
(続く) (次回は、真如堂です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.11.28

京のもみじ散歩 2016 (その8)黒谷さんから哲学の道へ

11月23日の勤労感謝の日は、東山山麓の紅葉の名所を、南から北へ歩いてみました。

建仁寺から、祇園町、白川沿い、岡崎公園とモクモクとcoldsweats01 あるいて、ようやく黒谷さん金戒光明寺に着きました。
*
201611_11kurotani01
晩秋の日はつるべ落とし、はや山門を斜め横から照らしています。
*
201611_11kurotani02
アップにすると、こんな感じ(^^)
*
201611_11kurotani03
塔頭の栄摂院のお庭を拝見します。それほど広くはありませんが、息を呑むようなみごとな紅葉が見られます。

もみじの外れ年で、他で残念な樹ばかり見てきても(^^;、ここは裏切られることはありません(*^▽^*)
*
201611_11kurotani04
うす曇りで重厚なもみじの絨毯ですが、快晴の日に行くと、また違った印象です。
*
201611_11kurotani05
さすがに、雨の日に参ったことはありませんが、どんな雰囲気なんでしょう(^.^)
*
201611_11kurotani06
マスコットhappy01 の手びねりのミニ地蔵さまに送られてお寺を後にしました。
*
201611_12tethugaku01
すぐ近くに、真如堂さんがあるのですが、もうお腹一杯(笑)にもみじを見たので、またの日にして、最後は哲学の道を歩きました。
*
201611_12tethugaku02
ここは、春の桜の時期がいちばん素晴らしいですが、晩秋のもみじする樹は意外と少ないようです。

それでも、探すと絵になる情景はいくらでも(^.^)
*
201611_12tethugaku03
サザンカの花が目につきました。うまく紅葉と合わすことが出来ました。
*
201611_12tethugaku04
お散歩の最後は、法然院の参道の黄葉で締めることにしましょう。

この後、出町柳駅まで歩いて、24,000歩余り 13キロ程の道のりでした。
*
(続く) (次回は、山科の毘沙門堂と聖天さんを訪ねます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.11.27

京のもみじ散歩 2016 (その7)新熊野神社、智積院、養源院、建仁寺へ

11月23日の勤労感謝の日は、東山山麓の紅葉の名所を、南から北へ歩いてみました。

泉涌寺をでで、智積院に向かいます。
*
201611_7imakumano09
新熊野神社に前を通ると、火焚き祭が行われていたので、立ち寄ってみました。

般若心経が唱えられるなか、護摩木が火に焚べられます。
*
201611_7imakumano10
ミカンも火であぶられます。焼ミカンは、この冬の初物(^^♪
皮はほんのりと温かく、中身は冷たかったです。
*
201611_8chisyakuin01
智積院に着きました。ここの紅葉は毎年楽しみにしているのですが、残念ながら多くの樹は終わってましたcoldsweats01
*
201611_8chisyakuin02
見頃の樹をさがして、写します。太陽が雲に隠れたりまた出たりするので、そのつど露出を変えねばならず忙しいhappy01
*
201611_8chisyakuin03
蓮池に本堂の五色幕が写り込むのを見つけました。なかなかシュールにもみえます(^^;
*
201611_8chisyakuin04
極め付けは、五色幕もみじ散らしhappy01

実景じゃないみたいですね。
*
201611_8chisyakuin05
ここは、苔庭に散り紅葉がみどころのひとつなんですけど、残念ながらあまりよい色付きの葉は見つかりませんでしたdespair

まあ、五色幕とmapleが見れて、良しとしましょう(^^♪
*
201611_9eigenin01
智積院の次は、養源院です。これは敷地の裏手の東山通側に植えてある黄葉を写したもの。陽の光に映えて、きれいかったのでhappy01
*
201611_9eigenin02
ここは、参道の散りもみじが有名ですが、まずは本堂前でサザンカでピンクの庭をパチリcamera
*
201611_9eigenin03
石畳の枯れ葉は、掃き清めてありますが、あさイチに来ると一面の真っ赤な絨毯が見られることも(*^^*)
*
201611_9eigenin04
メイン通路以外は、石畳にも枯れ葉がアブストラクトな(^.^) 模様を描いてました。
*
201611_10kenninji01
この先、清水寺や知恩院、南禅寺、永観堂といった紅葉の名所が点在してますが、回り切れない(^^; のでパスして、建仁寺で桜紅葉の苔庭をちょっと写して、一気に岡崎地区まで移動します。
*
(続く) (次回は、黒谷さんから哲学の道です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.11.25

京のもみじ散歩 2016 (その6)東福寺から今熊野へ

11月23日の勤労感謝の日は、東山山麓の紅葉の名所を、南から北へ歩いてみました。

まずは、東福寺から今熊野観音寺・泉涌寺へ。
*
201611_6toufukuji01
混雑する東福寺駅を避けて、ひとつ先の鳥羽街道駅から歩き始めます。

表参道までくると、なぜか消防車が止まってました。万一に備えての待機のようですが、紅葉した木々によく合いますね(^^♪
*
201611_6toufukuji02
境内に入るとすぐに、一本で真っ赤から青葉までのグラデーションが楽しめる(*^^*) 樹が三門横で見つかりした。

お得かもcoldsweats01
*
201611_6toufukuji04
塔頭の最勝金剛院のお墓の小屋の軒です。きれいに色つく樹ですが、今年はすでに終わりかけでした。
*
201611_6toufukuji05
これも塔頭の同聚院の軒先です。シーズンが終わったあとの掃除が大変でしょうね(笑)
*
201611_7imakumano01
清水焼の窯元が並ぶ日吉地区を抜けて、今熊野観音寺に来ました。お寺の参道なのに「鳥居橋」とよぶのは、鎮守社として熊野権現社が祀られてるからなのだとか。神仏習合の伝統ですね(^^)
*
201611_7imakumano02
手水鉢のわきで水浴びしている落ち葉たちmaple
*
201611_7imakumano03
如意輪観音さまがおられました。
*
201611_7imakumano04
このお寺で、いちばん真っ赤になるといわれる楓樹です。
*
201611_7imakumano05
少し引いて、落ち葉の小径と共にcamera
*
201611_7imakumano07
観音寺をでて、お隣の来迎院に参ります。ちいさなお寺ですが、紅葉はみごとです。

ふだんはひっそりしてますが、この日は大勢のお参りでした(^^)/
*
201611_7imakumano08
泉涌寺の本堂です。

人口美と自然美のコラボレーションがすばらしです。昔の人は、ここまで考えて瓦を葺き、木を植えたのでしょうかconfident
*
(続く) (次回は、智積院とその近くの寺社を回ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.11.24

京のもみじ散歩 2016 (その5)清水寺のライトアップ

19日は、清水寺のライトアップを見てきました。
*
201611_5kiyomizu02
この日は、仕事だったんですが、たまたま帰りの電車の中で、京都のお寺のライトアップをSNSにUpしてる方がありました。それを読んで、急に行きたくなって清水五条駅で途中下車したのです。
*
201611_5kiyomizu01
普段の夜なら人通りもそんなに多くない五条坂が、駅に向かう人でいっぱい(^^; もう8時にちかい時間なのにこれからお寺に向かう人もそれなりにあります。

音羽山からは三重塔越しにレーザー光線が照射されて、夜空を切り裂いています。
*
201611_5kiyomizu11
*
201611_5kiyomizu03
境内に入り、三重塔の下からもみじの林を見ています。
*
201611_5kiyomizu04
もう少し進んで、轟門の付近から下を見ています。
*
201611_5kiyomizu05
清水の舞台から奥の院を望んでいます。他に京都市街や子安塔を望む写真も撮ったのですが、手振れや露出不足でng
*
201611_5kiyomizu06
奥の院から子安塔まで回りたかったのですが、ものすごい人出でぜんぜん進みそうもないので諦めましたcoldsweats01

本堂から音羽の滝へ下りて、舞台を下から見上げたところです。夜の方がより重厚に見えますね。
*
201611_5kiyomizu07
ひと回りして、三重塔の真下にきました。この付近の紅葉が一番良い感じでしたね。
*
201611_5kiyomizu08
帰りは、清水坂をぷらぷらと観光客モードで祇園四条駅までもどります。

有名な、三年坂の瓢箪屋さん。
*
201611_5kiyomizu09
八坂の塔。 ここは、観光客のいない朝の内に撮影に来ることが多いですが、夜もなかなかいいですね(^^♪
*
201611_5kiyomizu10
八坂庚申堂のお守りのくくり猿。申年もまもなく去りますcoldsweats01
*
(続く) (次回は、東山山麓の紅葉を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.09.27

京の秋の散歩 祇園白川に咲く花

秋分の日は、予報では一日中から雨でしたが、朝起きると青空も広がっているので、カメラをもって萩の寺と御所の萩の宮に行き、そのあと祇園白川へ回ってみました。
*
201609_4gion01
桜の葉が赤茶けて落葉し、もう晩秋みたいな感じです(^^)
*
201609_4gion02
この小川をテリトリーにしてるアオサギ君がいました。

ヒガンバナをいれて一枚。
*
201609_4gion03
知恩院前の一本橋のたもとには、ヤブランが。
*
201609_4gion04
塔頭のお寺の前のお地蔵さまは、背の高いケイトウに取り囲まれて(笑) お顔が見えません。
*
201609_4gion06
知恩院さんのお彼岸のお参りを済ませて、円山公園へ。

ヌスビトハギと思いますが、雑草でも一面の花をつけるときれいですね。
*
201609_4gion05
キバナコスモスには、タテハチョウが蜜を吸ってます。スマホの連写の一枚ですが、わりと良く撮れたかな(^^)
*
(次回は。亀岡のひがん花の里へ行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2016.07.29

京の夏の散歩 伏見稲荷・東福寺

御所を出てから、伏見稲荷大社の本宮祭に向かいました。
*
201607_3rakutou05
提灯や行灯で飾られた参道を歩き、本殿に参ります。

日が暮れて、提灯や灯籠に灯がはいってからが見ごろなのですが、昼間でも夏祭りの華やかさは伝わってきます。

お山をひと回りして、ハイキングコースを東福寺へ下ります。
*
201607_3rakutou01
通天橋の前には、ハスがきれいに咲いていました。
*
201607_3rakutou02
花弁にカマキリが逆さに止まっている花も(^.^)
*
201607_3rakutou03
東福寺の回廊、中を歩くだけでは気が付きませんが、
*
201607_3rakutou04
階段部分の屋根がせり上がっていて、なかなか凝ってますね(^^♪


【おまけ】
*
201607_2rakutyu01
京都御所の清和院門前(梨木神社前)の骨董屋さんで、電車のコントロラーを見つけました。

京都市電のものかはわかりませんが、直接制御器ですね。
*
201607_2rakutyu02
昔のチンチン電車には、よくこれが運転台の真ん中に置かれてました。運転士さんが力いっぱい回して、電車を動かしてましたね。

今でもこれで走っている電車も数少ないながら、残っているんでしょうね。18きっぷで、乗りに行きたいなぁ~train
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。
フォト

菜の花

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ