2019.04.18

京の花見散歩2019(花いかだの琵琶湖疏水と紅しだれ)

 
  4月13日の花見散歩の続きです。

哲学の道から、岡崎公園に来ました。疏水の本流に沿ってあるきます。
*
 
201904_kyoto36
  川端通りの田辺橋から上流を望んでいます。

橋の名は、琵琶湖疏水を完成させた、田辺朔朗技師にちなみます。この日は行きませんでしたが、やはり桜の名所で有名な、蹴上のインクラインのある疏水公園には、田辺技師の像があります。

その銅像の説明文を読むと、田辺技師は土木工学者として各地の鉄道建設計画にもかかわっておられるのですね(^.^)
*
 
201904_kyoto37
  遊歩道で、上を向くと、桜と新緑のコラボ。春爛漫から晩春・初夏へとあわただしく季節は移っていくのでしょうか(^^)/
*
 
201904_kyoto38
  東山通りの徳政橋。ここを市電が走っていた40年前を思い出す構図で(^^ゞ
*
 
201904_kyoto39
  徳政橋の上流で、流れが直角に曲がるので、漂ってきた花びらが渦のようになってました。
*
 
201904_kyoto40
  みやこめっせ前を、花見舟が走って行きます。
*
 
201904_kyoto41
  ここまで、主にソメイヨシノの写真ばかり上げてましたが、比較的遅咲きで4月半ばに見頃をむかえる紅しだれを2本。
(4月14日撮影)

南禅寺近くの「清流亭」の紅しだれ。某アパレル会社の迎賓館として使われるお屋敷(非公開)の前庭に咲き誇っていました。
*
 
201904_kyoto44
  青蓮院門跡にちなむ「あおくすの庭」に植えられた紅しだれ。
お寺の境内に隣接していますが、市営の広場です。

この日は、午前中はくもり、昼ごろから雨の撮影には不向きな天候(^^ゞ なぜか、しだれ桜をメインにカメラ散歩にでると、曇っちゃうんですねぇ(+_+)
*
 
  (次回は、アートダイブ京都を見に行きます)
*
 
ポチッとよろしく!
お帰りは、このバナーから

2019.04.17

京の花見散歩2019(花いかだの疏水分線)

 
  4月13日の土曜は、快晴でした(^^)

週の半ばに雨が降って、もう桜は散ってしまったかと思いましたが、以外と(笑)しぶとく残っていて、きれいな花筏とあわせて撮影することができました。
*
 
201904_kyoto30
  銀閣寺参道の「関雪桜」と称される「白沙村荘 橋本関雪美術館」前の桜並木。

アップで枝を見るとやはり散ってますが、ズームで圧縮すると、それなりに写ります(^^ゞ
*
 
201904_kyoto31
  疏水は、花筏。

ここが哲学の道の一番下流側になるので、川面に浮かぶ花びらも多くなります(^.^)
*
 
201904_kyoto32
  雨上がりで、水がにごっているのが残念(^_^)
*
 
201904_kyoto33
  新聞やテレビでも紹介された、撮影ポイント。
*
 
201904_kyoto34
  水玉と花びらをかき分けて進むカルガモさん。
*
 
201904_kyoto35
  続いて、岡崎方面に進みます。
*
 
 
(続く) (次回は、岡崎公園付近の桜です)
*
 
ポチッとよろしく!
お帰りは、このバナーからどうぞ。

2019.04.09

京の花見散歩2019(哲学の道から黒谷さんへ)

 
  4月6日は、3週続けての哲学の道方面の花見散歩。

チラホラ咲きから3分咲き、満開と週を追うごとに咲いていきます。4月に入って花冷えが続いて週末に満開が持ち越されたのもありがたいところです(^^♪
*
 
201904_kyoto11
  銀閣寺道交差点の哲学の起点。
*
 
201904_kyoto12
  疏水脇の遊歩道は、桜のトンネル。
*
 
201904_kyoto13
  奥は、大文字山。
*
 
201904_kyoto14
  この水鏡に写る桜が最高に綺麗かった(^^)
*
 
201904_kyoto15
  丸太町通りへ出て、岡崎神社へ。

狛うさぎが見つめる先には、紅しだれ。
*
 
201904_kyoto16
  こんな花かんざしのような八重の濃いピンクの花が咲きます。
*
 
201904_kyoto17
  黒谷さんの参道を上ります。極楽橋の向こうには、山門がみえます。
*
 
201904_kyoto18
  花に囲まれた、山門。
*
 
201904_kyoto19
  もう少し歩いて、真如堂の塔頭の咤枳尼天さんへ。

このお寺では、三十六歌仙の絵馬と桜の取り合わせが楽しめます。お堂の中と外で明るさが違い過ぎて、露出に困ります(^^;
*
 
201904_kyoto20
  帰り道にたまたま見かけた、ホトケノザとナズナの群生。

桜とはまた違った「春」を感じます(^.^)
*
 
  (次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
 
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

 

 

2019.04.08

京の夜桜散歩2019(岡崎から祇園・木屋町へ)

 
  4月5日は夜桜散歩。
*
 
201904_kyoto01
  歩きだしは、岡崎公園の疏水べりから。
*
 
201904_kyoto02
  ちょっと白っぽいけど、なかなかきれい。
*
 
201904_kyoto03
  川面に屋形船でも浮かんでるともっと情緒がでるけど、それは無理(^^;
*
 
201904_kyoto04
  神宮道を知恩院さんへ。ここもライトアップしてる。
青紫の灯りが幻想的。

桜の木にサクランボが実るころは、もう「令和」だね(^.^)
*
 
201904_kyoto05
  円山公園の祇園しだれ桜。 満開です。
*
 
201904_kyoto06
  かがり火も焚かれてました。
*
 
201904_kyoto07
  屋台のならぶ参道を通って、八坂神社へ。

歩いてるのは、インバウンドの観光客ばかり。場所取りも制限されてるので、宴会してるグループも少ない。

祇園夜桜も変わったね(^-^)
*
 
201904_kyoto08
  最後は、木屋町へ。
*
 
201904_kyoto09
  ここも静か。

もう花見でドンチャン騒ぎは、少なくとも京都の歓楽街では、過去のもんかいなぁ(^_-)-☆
*
 
201904_kyoto10
  *  
(続く) (次回は、また哲学の道を歩きます)
*
 
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

 

 

2019.04.04

京の椿見散歩2019 (霊鑑寺)

 
  3月最後の週末は、哲学の道のサクラとツバキで写真散歩してきました。
*
 
201903kyoto31
  大豊神社をでて、近くの霊鑑寺の春の特別公開にお参りします。
このお寺も椿の名所として有名なところです。
*
 
Imgp5580
  受付を済ませて境内に入ると、まず迎えてくれるのが見事な散り椿。隣には、紅梅の古木もあって、紅色の饗宴が楽しめます。
*
 
201903kyoto33
  庫裏のまえには、椿の花をいっぱい浮かべた水盤に、玄関の式台に並べられた色とりどりの椿(^^)
*
 
201903kyoto34
  続いて前庭に入ります。

迎えてくれるのは、「日光(じっこう)椿」。この自然の造形美には驚かされますが、足元に目をやって二度びっくり(^○^)
*
 
201903kyoto35
  苔庭のうえに、お日様がいっぱい!
*
 
201903kyoto36
  さらに進むにつれ、数十種類の椿の花が迎えてくれます。すべてをUpするとページがいくらあっても足りないので(^^ゞ

インスタ映えしそうなのをピックアップして。
*
 
201903kyoto37
  お茶室へ上るか石段。
*
 
201903kyoto40
  蹲踞(つくばい)
*
 
201903kyoto39
  ハート
*
 
201903kyoto38
  まさに花に酔うひと時でした(*^_^*)
*
 
  (次回は、叡電ネタです)
*
 
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2019.04.03

京の椿見散歩2019 (大豊神社)

 
  3月最後の週末は、哲学の道のサクラとツバキで写真散歩してきました。
*
 
201903kyoto22
  満開の桜が美しい参道を大豊神社に向かいます。四季折々、花の絶えない「花の宮」ですが、この時期は椿が見事です。
**
 
201903kyoto23
  手水舎には、ツバキの花が飾られています。
*
 
201903kyoto24
  マスコット(笑)の狛ねずみもツバキの髪飾りでおめかししてます。
*
 
201903kyoto25
  対のネズミは花を飾ってもらってます。
*
 
201903kyoto26
  「瑞光」という品種。真っ白な花が清楚な感じを与えますね。

 
201903kyoto27
  「五色八重散り椿」

椿寺地蔵院の「五色散り椿」は有名ですが、ここにも植えてありました。
*
 
201903kyoto28
  「照国の春」という品種です。
*
 
201903kyoto29
  「紀州司」という品種です。
*
 
201903kyoto30
  「神代椿」という品種です。
*
 
(続く) (次回は、霊鑑寺の椿です)
*
 
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2019.04.02

京の花見散歩2019(哲学の道)

 
  ようやく2週間の休止期間中の記事をUpし終わって、通常パターンにもどります(^^)

3月最後の週末は、哲学の道で花見散歩してきました。
*
 
201903kyoto12
  まだチラホラ咲きから3分咲きといったところですが、木によっては満開の枝もあり、楽しめました。ただ天候がイマイチな時間帯が多かったのが残念です(^^;
*
 
201903kyoto13
  ソメイヨシノは、こんな感じ。
*
 
201903kyoto14
  大豊神社の参道にあるこの樹は早咲きの品種なのか、この散歩道内では一番咲いてました。
*
 
201903kyoto15
  サクラだけではさみしいので、他の花とあわせてみました。

これは、ユキヤナギと。
*
 
201903kyoto16
  前ぼけしてますが、レンギョウと。
+
 
201903kyoto17
  椿の枝の向こうで、手作りの雑貨の露店の準備中のおばさん達。

開店後にまたのぞいてみると、外国人のお客さんのは「ジャニーズ ハンディクラフト」は人気なようで人だかりができてました(^^♪
*
 
201903kyoto18
  カメラの方を向いてくれてませんが(^^; ハナニラ。
*
 
201903kyoto19
  マガモ 
*
 
201903kyoto20
  ツバキ
*
 
201903kyoto21
  蔵の白壁をバックに紅しだれ
*
 
(続く) (次回は、大豊神社の椿です)
*
 
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

 

 

2019.02.06

京の冬の散歩 聖護院門跡節分祭

2月3日は節分です。京都市内の多くの寺社でも2~3日に節分祭が行われます。

左京区の吉田神社が有名ですが、午後から 降り出したので、傘をさして雑踏に繰り出すのはちょっと と、その先の聖護院門跡にお参りしました。
*
201901_kyoto01
普段は静かな門跡もにぎわっています。
*
201901_kyoto02
小雨の中、山伏さんが護摩供養の真っ最中。

般若心経を唱えながら、護摩木を火の中に投げ込んだり、炎でお札やお供え物を清めたり。

時折り炎が高く上がって勇壮でした。
*
201901_kyoto03
お寺の向かいの須賀神社へ。

ここは、縁結びと交通安全(交通神社)にご利益があります。
*
201901_kyoto04
節分の時だけ現れる、懸想文売りも有名です。
*
201901_kyoto05
「懸想文」とはラブレター のこと、この短冊のようなご利益があるとか(^-^)
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2019.01.28

京の雪景色散歩2019 (金閣寺と法然院)

1月26・27日の週末は、京都市内で今年初めての積雪がありました。

朝からカメラ片手に、あちこち撮影して回ってきました。最初は定番ですが(^^; 雪の金閣寺から
+
201901kyoto25
なかなか積雪と週末が重ならないのですが、上手い具合に週末に積もってくれました。

たまたま叡電の臨時列車の運転日と重なって、金閣に着いたのが11時前でしたが、意外とスムースに池の前まで行けて、思う存分(笑) 撮影できました。
*
201901kyoto26
時折薄日が差し込むこともありましたが、正面から写している間は、ずっと曇り空です。

できれば雪晴れに浮かぶ金閣を写したかった
*
201901kyoto27p
ちょうど岸辺の松の枝から雪が落ちて、粉雪が舞い上がったところを捉えられました

(クリックすると画像が拡大します)
*
201901kyoto29
真横から
*
201901kyoto28
裏山から。

この後は出口に向かうのですが、この頃から急に晴れてきました。もうちょっと待ったら良かった 腹たつなぁ~
*
201901kyoto30
雪が降ると、金閣と共に訪ねのが洛東法然院。

華やかな金閣と対照的な詫び寂びの世界。散歩する人もない哲学の道から参道に入ります。こちらは26日の朝方にお参りしています。
*
201901kyoto31
みぞれ混じりの小雪に濡れて、滑りやすい石畳をのぼります。
*
201901kyoto32
うっすらと白くなった茅葺の山門が迎えてくれます。

紅葉の時期の2・3週間を除いていつもお参りの人は多くありませんが、真冬ともなるとほとんど参拝者はありません。
*
201901kyoto33
白砂壇も普段の静けさに戻りました。
*
201901kyoto34
でも侘しいだけどもありません。

水盤の注ぎ口の赤い花、
*
201901kyoto35
千両の赤い実が、モノトーンに明るさを与えてくれています。
*
(続く) (次回は、貴船神社です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.12.09

京の晩秋の散歩 紅葉点描(その5)

今日(12月9日)は、ギャラリー巡りで泉屋博古館に行く前後に、哲学の道の最後のもみじ散歩を楽しんできました。
*
201812_kyoto035
法然院は、もう終わってました(^^;

朝早いとはいえ、参拝者もまばらです。
*
201812_kyoto043
白砂壇が真っ赤な落ち葉で覆われるのを期待してましたが、残念ながら黄葉でした。

詫びさびの風情と、好意的に受け取っておきましょうか(笑)
*
201812_kyoto036
その代わりといっては何ですが、すぐ近くの安楽寺の門前では、散りもみじの石段がみごとでした。
*
201812_kyoto037
このお寺は、普段は非公開のためこのような風情が見られるのでしょうね
*
201812_kyoto038
狛ねずみで有名な大豊神社の参道では、もみじの枝に白いおみくじが。

背景の古民家と合わせて、絵になります。
*
201812_kyoto039
疏水では、鴨の家族が朝ごはん(^^) の最中でした。

この寒いのによく冷たい水に潜れるもんですね
*
201812_kyoto040
とあるお屋敷の門にうえられた楓樹。

庭木として手入れされてるだけに、見事な照りです。
*
201812_kyoto041
この付近(岡崎地区)は、お屋敷や別荘が多く、白川や疏水の水を庭に引き込んだり、借景にされたりして楽しまれています。

一部は、さりげなく外からの鑑賞できます。
*
201812_kyoto044
山川に風のかけたるしがらみは
  流れもあへぬ紅葉なりけり


 春道列樹 (古今集秋下・303)

来シーズンもよい紅葉が見られますように
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

より以前の記事一覧

フォト

菜の花

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ