2018.01.12

京の冬の散歩 哲学の道から岡崎公園へ日展を見に

連休2日目の1月7日は、岡崎公園に「日展」を見に行ってきました。

散歩を兼ねて、ぶらぶら歩いて会場へ。
*
201801_kyoto21
寒い朝です。手袋をしても指先がかじかんできますね。

まだ朝8時台の哲学の道は、観光客の姿はなく、地元のひとが犬を散歩させたり、朝練の中高生が急ぐだけ。
*
201801_kyoto22
モヤっとした朝日に透かされる真っ赤なサザンカ。
*
201801_kyoto23
法然院の茅葺の山門

カラーだと寒々しすぎなので(^.^) モノクロに新春らしく桃色を少し重ねてみました。
*
201801_kyoto24
この寒空に落ちずに残っているザクロの実。

寒い時期は、赤色に反応してしまいますね(^^;
*
201801_kyoto25
岡崎公園一帯が、消防出初式で通行止めなので、少し回り道して会場に到着です。今年は京都市美術館の本館が工事中なので、みやこメッセと美術館別館で分散展示になります。

会場は写真撮影禁止なので、気になった作品で絵葉書があったのを紹介します。
*
201801_kyoto26
渋谷の街を作業机の上にリアルに再現する発想に驚きましたcoldsweats02
*
201801_kyoto27
大和神話のお后様を、明治から昭和戦前の貴婦人をおもわせる姿に描かれたのが面白いです。

アクセントのユリの花も清楚で......
*
201801_kyoto28
天に昇るお父さんと見送る母子でしょうか。悲しげな表情が胸を突きました。
*
201801_kyoto29
あと入選作で、鉄道車両をガチで描いたものにD51999とED143が機関区で並んでいるところスケッチしたのがありました。
*
(次回は、JR環状線ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.03

京の冬の散歩 平安神宮へ初詣

元日は、お節を祝ったあと、お寺と当家のお墓参りをして、そのあと母方の親戚のお墓参りを兼ねて、市内の寺社に初詣に出向いています。

今年は、平安神宮に参りました。
*
201801_kyoto02
暮に比べて少し寒さも和らいだ感じで、よいお正月です。
*
201801_kyoto03
大勢の参拝者です。神さまの前に出るまで20~30分は掛かるなと予想しましたが、
*
201801_kyoto04
やはり25分くらいかかりました(^^;
*
201801_kyoto05
平安神宮をでて、知恩院の本山さん、東大谷のお墓とお参りして、祇園新橋から京阪三条駅に抜けました。

お正月の花街は静まり返っています。舞妓さんの挨拶回りは七日の始業式からかな(^^)
*
(続く) (次回は、北野の天神さんから嵐山へ)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.12.31

2017年の食べ納め(^^)

2017年の食べ納めに家族で、聖護院の和風ステーキ屋さんでディナーをいただいてきましたrestaurant
*
201712kyoto21
肉専科はふう(波風)聖護院店というお店で、京大病院のすぐ近く、回りは熊野神社や聖護院門跡、聖護院八ツ橋の本店などがあります。バス通りからすこし入るので静かです。

店内は、入り口近くにカウンター席、奥にテーブル席があります。落ち着いた室内です。
*
201712kyoto22
前菜は、牛肉の炙り、黄桜酒造が酒米の山田錦を使って醸した京都麦酒beerでいただきます。

非常にあっさりした味付け、舌でとろけますhappy01
*
201712kyoto23
2品目の「タン塩焼き」に続いて、本日のスープは「聖護院かぶらのスープ」です。

丸い大きなかぶらは千枚漬けの材料として有名ですが、トロトロに煮込んで和風だしで仕上げたポタージュスープは絶品shine
*
201712kyoto24
サラダとメインの鹿児島牛のサーロインステーキです。

鹿児島牛は失礼ながらあまり聞いたことなかったんですが、2017年の品評会でみごと「shinecrown和牛日本一crownshine」の座に輝いたんでそうです。

マスタードかお塩でいただきます。 ソースをまったくかけないので肉本来の旨味が舌で踊ります(^.^)
*
201712kyoto25
デザートは、胡麻のムースと柚子のシャーベット。最後まで和のテイストにこだわってますね。

詳しくは、お店のHPへ http://hafuu.com/

ごちそう様でしたwine

ただ、京都人にすら淡白と感じさせるお味付なので、関東の方にはちょっと物足りなく感じるかもcoldsweats01 ← 「食べログで薄味過ぎる」との書き込みあり(笑)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.12.15

京の師走の散歩2017 (その1) 今熊野再訪

10日は、日差しが暖かそう(実際にはそれなりに寒かったですが(^^; )だったので、国宝展も終わって、ゆっくり展示のみられそうな京博へぶらぶら散歩に向かいました。
*
201712kyoto11
入り口につくと、次回の展示は19日からwobbly 9日からと間違えてましたcoldsweats01
*
201712kyoto12
それじゃぁ、「宗達の絵と血天井を久しぶりにみせてもらうかぁ」と、ちかくの養源院にいくと、ここもお休みhappy02

お坊さんも、紅葉シーズンと年末年の間にお休み取りたいよねcoldsweats01
*
201712kyoto13
シーズン中はひとで埋まっていた参道も静かです。 散り紅葉がまだ美しく残ってます。
*
201712kyoto14
ここで前回の紅葉散歩のとき、今熊野観音ちかくで手作りジャムを買いそびれたのを思い出してゲットしてきました。
*
201712kyoto15
鴨川にもユリカモメがやってきて、年の暮れを告げています。
*
(次回は、京阪ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.12.06

京の紅葉散歩2017 (その8) 今熊野のもみじ見て歩き

東福寺通天橋の日の出を楽しんだあと、近くの今熊野地区の紅葉の名所を散策してきました。
*
201711kyoto59
新熊野神社境内の猿楽図
*
201711kyoto51
今熊野観音寺
*
201711kyoto52
今熊野観音寺
*
201711kyoto53
今熊野観音寺
*
201711kyoto54
泉涌寺
*
201711kyoto55
智積院
*
201711kyoto57
智積院
*
201711kyoto58
智積院
*
(次回は、木島櫻谷展を見に行きます)
}
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.12.05

京の紅葉散歩2017 (その7) 東福寺通天橋の日の出

東福寺の通天橋に朝日が昇ってくる写真をネットで見つけて、自分でも撮りたくて早起きして行ってきましたsun
*
201711kyoto40
早いといっても午前7時、平日ならもう電車で大阪に向かってる時間ですが(^^) 

朝早い禅寺ではすでに修行が始まっているようでお勤めの声が聞こえてきます。
*
201711kyoto41
でも拝観には早すぎる時間、通天橋も洗玉澗もまだ目覚めていません。
*
201711kyoto42
臥雲橋もだれもいません。たまに地元の人が通るばかり。
*
201711kyoto43
洗玉澗の石橋。

人が多いと立ち止まって下を眺めるのも難しくなるのですが、ゆっくり見れました。
*
201711kyoto44
日の出の時間までは、まだすこしあるので日下門までいってみました。拝観開始は8時半からでまだ1時間以上あるのに、もう数十人が行列を作っていました。

そういえば、叡電出町柳駅でも白龍園や瑠璃光院の拝観券を求めて朝早くから並んでいる姿をよくみます。ご苦労様ですthink
*
201711kyoto45
待つこと30分、7時半過ぎに通天橋の向こうの方丈の屋根越しに朝日が昇ってきました。

待っていたカメラマンや観光客が一斉にシャッターを押しますhappy01
*
201711kyoto46
橋にも朝日が一気に差し込みます。
*
201711kyoto47
薄暗かったもみじ谷も明るくなりました。
*
201711kyoto50
日の出を堪能したところで、朝日がすこし高くなるまで近くの紅葉の名所を散策することにします。

(写真は、次回で紹介)
*
201711kyoto48
2時間後の9時半過ぎの洗玉澗の様子

もう通天橋の上は、参拝者でいっぱいです(^^)
*
201711kyoto49
次は、夕陽の時間に来てみたいですねcoldsweats01
*
(次回は、今熊野周辺を散策します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.27

京の紅葉散歩2017 (その4) 祇園白川から真如堂へ

11月18日は、大阪と京都のギャラリー巡りしましたが、岡崎にある画廊への行き帰りに、祇園白川から真如堂まで、紅葉する木々を探して散策してみました。

「カエデの葉だけが<もみじmaple>じゃないよ。」って、葉っぱは呼びかけてくれました。
*
201711kyoto01
祇園白川大和橋
*
201711kyoto02
巽橋
*
201711kyoto03
新門前
*
201711kyoto04
知恩院山門
*
201711kyoto05
山門前の木のアップ
*
201711kyoto06
広葉樹ばかり写すなangry

と、針葉樹から抗議がありましたので、松葉をcoldsweats01
*
201711kyoto07
  知恩院本堂前の寒桜。

冷たい雨に負けず健気に咲いています。
*
201711kyoto09
青蓮院前庭
*
201711kyoto10
<<おまけ>>

ギャラリーのある三条神宮道角のうどん屋さん。
「名物おかめうどん」と「しんそば入りました」の鏡文字happy01
*
201711kyoto11
岡崎公園
*
201711kyoto12
平安神宮前。

まだ4時半すぎなのにすでに薄暗くなって街灯がともりはじめました。
*
201711kyoto13
黒谷さんの塔頭の西翁院
*
201711kyoto14
黒谷さんの塔頭の栄摂院。

もう真っ暗になって、撮影困難です。このあと真如堂へ行きましたが、ライトアップはされてなくて三脚も使用不可で、写真はあきらめました(^^;

いままで、もみじカエデばかり写してましたが、探せば被写体はいくらでもありますねcoldsweats01
*
(続く) (次回も京都市内のもみじ散歩です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.07.16

京の梅雨空の散歩(その4)智積院から建仁寺へ

7月9日は、「昼前から雨rain」との予報でしたので、また早起きして東山通沿いの蓮の寺をめぐってきました。
*
201707_5higashiyama20
智積院の蓮池をでて、門前のベンチで一休みjapanesetea

足もとの雨露に濡れた笹の葉を、二日遅れの七夕気分でcamera
*
201707_5higashiyama21
七条通りも車の姿はなく、休校日で空っぽのスクールバスが通り過ぎていくだけbus
*
201707_5higashiyama22
博物館も開門までまだ間があるので、ひっそりしています。
*
201707_5higashiyama23
大和大路にはいって、通り過ぎてからふと気づいた和菓子屋さん。

「マンゴー大福」って?    「イチゴ大福」はよくきくけどbleah
*
201707_5higashiyama24
建仁寺の境内に入ります。摩利支天堂のキキョウがきれいです。
*
201707_5higashiyama25
三門前の放生池に数株のハスが植えてあります。

ここも超望遠レンズがないと、花のアップは無理です(^^;
*
201707_5higashiyama26
山なりの石橋に白壁の僧堂、禅寺らしい趣にハスが映えます。
*
201707_5higashiyama27
塔頭の両足院の半夏生の庭は有名ですが、種が流れてきたのか溝にも葉を白くした水草が。
*
Sanjyo14
何とか雨が降る前に、京阪三条駅まで戻ってこれました。

上りの「洛楽」に乗る機会はあまりないので知らなかったんですが、三条駅では2番線に到着なんですね。
1番線の普通は、特急と快速特急の2本退避で9分も止まります(^^;
*
Demachi50
3000系の車内もハスの花が飾られてました。

(水野克比古撮影 勧修寺)
*
(続く) (次回の散歩は「祇園祭」です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.07.15

京の梅雨空の散歩(その3)智積院の蓮

7月9日は、「昼前から雨rain」との予報でしたので、また早起きして東山通沿いの蓮の寺をめぐってきました。
*
201707_4thisyakuin01
東山二条の大蓮寺から寄り道しながら、智積院まできました。

このお寺に参るのは、アジサイ苑にきた3週間ぶり。その時はまだツボミも出ていなかった蓮池がはや見ごろになりました。
*
201707_4thisyakuin02
このお池も一段低いところにあるので、やや俯瞰気味に写してみます。
*
201707_4thisyakuin03
淡いピンクが美しい品種です。
*
201707_4thisyakuin04
スノコに邪魔されて(^^; 斜めに伸びながらもお花は天を向いてますね。
*
201707_4thisyakuin06
*
201707_4thisyakuin05
*
(続く) (次回は、建仁寺を通って帰ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.07.14

京の梅雨空の散歩(その2)岡崎から祇園・清水・智積院へ

7月9日は、「昼前から雨rain」との予報でしたので、また早起きして東山通沿いの蓮の寺をめぐってきました。
*
201707_5higashiyama28
大蓮寺をでて、岡崎公園の疏水べりで朝ごはんにしました。

サンドイッチの残りのパンくずを投げてやると水鳥がいっぱい寄ってきます。
*
201707_5higashiyama01
八坂神社前にきました。時間はまだ7時半。

この時間帯では、観光客の姿はぜんぜんありません(^-^)
*
201707_5higashiyama02
広い境内も、ガラーンとしてます。「蘇民将来の子孫なり」のお守りが揺れるだけ
*
201707_5higashiyama03
南門からでて、清水坂に向かっていきます。
*
201707_5higashiyama04
静岡の秋葉大権現を奉るお堂には、黄色いお花が。

名前がわからないので、ネットで問い合わせると「ハマボウ」という返事が。ご回答ありがとうございますm(__)m
*
201707_5higashiyama06
石塀小路に入ります。夜の遅い料亭街はまだ寝静まってます。

まして日曜の朝とあれば、仕込みの車も通りません。
*
201707_5higashiyama07
昼間は観光客ticket、夜は酔客bottleの声が絶えない小路ですので、人も車も通らないと、逆に不気味ですねcoldsweats01
*
201707_5higashiyama08
季節がら、祇園祭の意匠が目につきます。
*
201707_5higashiyama05
朝露を浴びたアサガオだけが、まだ眠っている料亭街でお目めパッチリでしたcoldsweats01
*
201707_5higashiyama09
一念(一年)坂で、パンダ柄(笑) のネコちゃんにご挨拶して、二年坂を上ります。
*
201707_5higashiyama10
この付近までくると、さすがに朝早くから散歩する観光客とすれ違います。

お店は、早朝営業の喫茶店くらいしか開いてませんけどcafe
*
201707_5higashiyama11
八坂道を下っていきます。

春の桜cherryblossom、秋の紅葉maple を求めて、早朝の清水坂に来ることはありますが、梅雨時は初めてですねぇ~
*
201707_5higashiyama12
だれもいない八坂道、なんか映画のセットみたいmovie
*
201707_5higashiyama13
庚申さんもまだ閉まってます。9時開門のようです。
*
201707_5higashiyama14
お坊様の先導でむかうのは、大谷本廟。
*
201707_5higashiyama15
ここは、門前の谷底のようなところに、蓮池があります。
*
201707_5higashiyama16
雨が降りそうなので、300mmの望遠レンズは持ってきませんでしたが、この時は悔やみましたねhappy02
*
201707_5higashiyama17
トリミングしたので、すこし画質が悪いです(^^;
*
201707_5higashiyama18
あちこち寄り道して、ようやく智積院の境内に着きました。

地蔵堂にアガパンサスの花。不似合いなような明るくていいようなbleah
*
201707_5higashiyama19
昨日の雨をうけて、苔庭はしっとりと本堂に続いています。本堂の横が蓮池です。
*
(続く) (次回は智積院の蓮池です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

より以前の記事一覧

フォト

雪の日

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ