2018.03.20

京の早春の散歩 建仁寺に咲く花

うららかな天気に誘われて、清水寺の随求堂の大随求菩薩の特別公開に行ってきました。

その帰り、休憩を兼ねて建仁寺の境内を一周しました。
*
201803kyoto40
梅と椿が満開です。純白のは凛々しい感じです。
*
201803kyoto41
白にすこしピンクのまじったの、綺麗ですね。
*
201803kyoto42
一番ツバキらしい、濃い紅色。
*
201803kyoto43
薄いピンクもステキです。
*
201803kyoto44
西門ちかくには、みごとなやぶ椿の高木があります。青空に真っ赤な花を散らしています。
*
201803kyoto52
木瓜の花も咲いてました。よくみる赤い花のほかに、
*
201803kyoto53
白いのもありました。
*
(続く) (次回は、京都御所のしだれ桜です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.03.18

京の早春の散歩 清水寺へ

3月も中旬となり、ようやく春めいてきました。清水寺の随求堂(ずいぐどう)で秘仏の大随求菩薩(だいずいぐぼさつ)がなんと222年ぶりに公開されるので、17日にお参りに行ってきました。
*
201803kyoto31
清水道のバス停から八坂道を上ります。おなじみの八坂の塔の前の茶店の梅が満開になって春らしい風情です。
*
201803kyoto32
二年坂、三年坂、清水坂と進むうちに観光客は増えてきて、門前の数百メートルは、まっすぐ歩けないくらい(^^;
*
201803kyoto33
仁王門前にも紅梅が咲き誇っています。清水寺といえば、桜や紅葉が有名ですが、梅もたくさん植えてあります。
*
201803kyoto35
門をくぐり、三重塔の横を過ぎると、随求堂です。このお堂は地下の真っ暗闇を進む胎内めぐりで有名です。

普段は、秘仏のご本尊さまのおられる内陣に頭をさげて直ぐに階段を下りますが、特別公開期間中は、間近で拝むことができます。如意輪をもって座っておられるお姿が印象的でした。
*
201803kyoto34
参拝を終えて、ちゃわん坂の方へ下りる出口付近のしだれ桜。高台で春の日差しを受けて、もう数日で咲きそうです。
*
201803kyoto36
人ごみを避けて、なるべく裏道を通って建仁寺の南大門前まできました。

骨董屋さんの塀越しに咲き誇る白梅です。複製ですが名画の前に自転車が止められて、生活感だしてますね(笑)
*
201803kyoto37
門の前には、客待ちしてるのか空の人力車が一台。
*
201803kyoto38
塔頭の摩利支天堂で休憩です。
お使いのイノシシの口から流れ出るお水をいただいてホッとひと息japanesetea
*
201803kyoto39
人力車のお客さんも帰ってきたようです。

私も、腰を上げましょう(^^)
*
(続く) (次回は、建仁寺境内に咲く花を見て歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.02.25

醍醐寺の餅上げ力奉納を見てきました。

2月23日は、振休が取れたのであちこちで歩いてきました(^^;

まず午前中に京阪大津線を撮影して、昼過ぎに醍醐寺にきました。
*
201802kyoto_41
この日は、年に一度の五大力さんの法要があり、境内は大勢の参拝者で賑わっています。

有名な醍醐三宝院前の桜並木を進み、山門をくぐり、
*
201802kyoto_42
五重塔の前を過ぎると、金堂前の広場にでます。
*
201802kyoto_43
ここに舞台が作られて、餅上げ力奉納の行事が行われます。
*
201802kyoto_44
餅上げ力奉納とは、五大力さん=「不動明王」(中央)、「大威徳明王」(西方)、「軍荼利明王」(南方)、「降三世明王」(東方)、「金剛夜叉明王」(北方)の五尊に、女性は90kg、男性は150kgの大鏡餅を持ち上げて「力」を奉納し、その時間を競う行事です。
*
201802kyoto_46
すでに女性の部は半分以上が終わってましたが、この方は4分以上持ち上げられてましたね。
*
201802kyoto_45
長く抱えるコツは、馬鹿力より持ち方や支える態勢にあるそうです。

新聞に載ってましたが、優勝者による講習会もあるのだとかhappy01
*
201802kyoto_47
まったく上がらないひとや、数秒でアウトのひと、数分頑張るひと、それぞれに声援や感嘆の掛け声や笑い声が飛びます。
*
201802kyoto_48
続いて、男性の部です。 最初にアトラクションcoldsweats01 で、月光仮面や戦隊ヒーローそれに醍醐地区のご当地ゆるキャラ「もちもちぃん」の応援がありました。
*
201802kyoto_54
本気で優勝を狙う方、スーツ姿の飛び入り?参加のサラリーマン、外国の方などなど32名がエントリーされました。
*
201802kyoto_49
やはり長く持ちこたえるかたは、掴み方、持ち上げ方、支え方と決まってますね。
*
201802kyoto_51
安定すると姿勢は固まって、ピクリとも動かない感じです。1分経過・・・・・、2分経過・・・・とアナウンスがあるたびに、どよめきがあがります。
*
201802kyoto_50
それにしても150Kgを数分(今年の優勝者は、女性6分28秒、男性5分16秒)も支えるってすごいですねcoldsweats02

管理人では、持ち上げるところか引っ張り出すのも無理かもbleah
*
201802kyoto_52
最後の表彰式まで見ていたかったですけど、他にも行きたいところがあるので、山伏さんによる護摩供養をすこし拝んで、
*
201802kyoto_53
三宝院のお庭の紅梅に見送られて、醍醐寺を後にしました。
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.12

京の冬の散歩 哲学の道から岡崎公園へ日展を見に

連休2日目の1月7日は、岡崎公園に「日展」を見に行ってきました。

散歩を兼ねて、ぶらぶら歩いて会場へ。
*
201801_kyoto21
寒い朝です。手袋をしても指先がかじかんできますね。

まだ朝8時台の哲学の道は、観光客の姿はなく、地元のひとが犬を散歩させたり、朝練の中高生が急ぐだけ。
*
201801_kyoto22
モヤっとした朝日に透かされる真っ赤なサザンカ。
*
201801_kyoto23
法然院の茅葺の山門

カラーだと寒々しすぎなので(^.^) モノクロに新春らしく桃色を少し重ねてみました。
*
201801_kyoto24
この寒空に落ちずに残っているザクロの実。

寒い時期は、赤色に反応してしまいますね(^^;
*
201801_kyoto25
岡崎公園一帯が、消防出初式で通行止めなので、少し回り道して会場に到着です。今年は京都市美術館の本館が工事中なので、みやこメッセと美術館別館で分散展示になります。

会場は写真撮影禁止なので、気になった作品で絵葉書があったのを紹介します。
*
201801_kyoto26
渋谷の街を作業机の上にリアルに再現する発想に驚きましたcoldsweats02
*
201801_kyoto27
大和神話のお后様を、明治から昭和戦前の貴婦人をおもわせる姿に描かれたのが面白いです。

アクセントのユリの花も清楚で......
*
201801_kyoto28
天に昇るお父さんと見送る母子でしょうか。悲しげな表情が胸を突きました。
*
201801_kyoto29
あと入選作で、鉄道車両をガチで描いたものにD51999とED143が機関区で並んでいるところスケッチしたのがありました。
*
(次回は、JR環状線ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.03

京の冬の散歩 平安神宮へ初詣

元日は、お節を祝ったあと、お寺と当家のお墓参りをして、そのあと母方の親戚のお墓参りを兼ねて、市内の寺社に初詣に出向いています。

今年は、平安神宮に参りました。
*
201801_kyoto02
暮に比べて少し寒さも和らいだ感じで、よいお正月です。
*
201801_kyoto03
大勢の参拝者です。神さまの前に出るまで20~30分は掛かるなと予想しましたが、
*
201801_kyoto04
やはり25分くらいかかりました(^^;
*
201801_kyoto05
平安神宮をでて、知恩院の本山さん、東大谷のお墓とお参りして、祇園新橋から京阪三条駅に抜けました。

お正月の花街は静まり返っています。舞妓さんの挨拶回りは七日の始業式からかな(^^)
*
(続く) (次回は、北野の天神さんから嵐山へ)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.12.31

2017年の食べ納め(^^)

2017年の食べ納めに家族で、聖護院の和風ステーキ屋さんでディナーをいただいてきましたrestaurant
*
201712kyoto21
肉専科はふう(波風)聖護院店というお店で、京大病院のすぐ近く、回りは熊野神社や聖護院門跡、聖護院八ツ橋の本店などがあります。バス通りからすこし入るので静かです。

店内は、入り口近くにカウンター席、奥にテーブル席があります。落ち着いた室内です。
*
201712kyoto22
前菜は、牛肉の炙り、黄桜酒造が酒米の山田錦を使って醸した京都麦酒beerでいただきます。

非常にあっさりした味付け、舌でとろけますhappy01
*
201712kyoto23
2品目の「タン塩焼き」に続いて、本日のスープは「聖護院かぶらのスープ」です。

丸い大きなかぶらは千枚漬けの材料として有名ですが、トロトロに煮込んで和風だしで仕上げたポタージュスープは絶品shine
*
201712kyoto24
サラダとメインの鹿児島牛のサーロインステーキです。

鹿児島牛は失礼ながらあまり聞いたことなかったんですが、2017年の品評会でみごと「shinecrown和牛日本一crownshine」の座に輝いたんでそうです。

マスタードかお塩でいただきます。 ソースをまったくかけないので肉本来の旨味が舌で踊ります(^.^)
*
201712kyoto25
デザートは、胡麻のムースと柚子のシャーベット。最後まで和のテイストにこだわってますね。

詳しくは、お店のHPへ http://hafuu.com/

ごちそう様でしたwine

ただ、京都人にすら淡白と感じさせるお味付なので、関東の方にはちょっと物足りなく感じるかもcoldsweats01 ← 「食べログで薄味過ぎる」との書き込みあり(笑)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.12.15

京の師走の散歩2017 (その1) 今熊野再訪

10日は、日差しが暖かそう(実際にはそれなりに寒かったですが(^^; )だったので、国宝展も終わって、ゆっくり展示のみられそうな京博へぶらぶら散歩に向かいました。
*
201712kyoto11
入り口につくと、次回の展示は19日からwobbly 9日からと間違えてましたcoldsweats01
*
201712kyoto12
それじゃぁ、「宗達の絵と血天井を久しぶりにみせてもらうかぁ」と、ちかくの養源院にいくと、ここもお休みhappy02

お坊さんも、紅葉シーズンと年末年の間にお休み取りたいよねcoldsweats01
*
201712kyoto13
シーズン中はひとで埋まっていた参道も静かです。 散り紅葉がまだ美しく残ってます。
*
201712kyoto14
ここで前回の紅葉散歩のとき、今熊野観音ちかくで手作りジャムを買いそびれたのを思い出してゲットしてきました。
*
201712kyoto15
鴨川にもユリカモメがやってきて、年の暮れを告げています。
*
(次回は、京阪ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.12.06

京の紅葉散歩2017 (その8) 今熊野のもみじ見て歩き

東福寺通天橋の日の出を楽しんだあと、近くの今熊野地区の紅葉の名所を散策してきました。
*
201711kyoto59
新熊野神社境内の猿楽図
*
201711kyoto51
今熊野観音寺
*
201711kyoto52
今熊野観音寺
*
201711kyoto53
今熊野観音寺
*
201711kyoto54
泉涌寺
*
201711kyoto55
智積院
*
201711kyoto57
智積院
*
201711kyoto58
智積院
*
(次回は、木島櫻谷展を見に行きます)
}
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.12.05

京の紅葉散歩2017 (その7) 東福寺通天橋の日の出

東福寺の通天橋に朝日が昇ってくる写真をネットで見つけて、自分でも撮りたくて早起きして行ってきましたsun
*
201711kyoto40
早いといっても午前7時、平日ならもう電車で大阪に向かってる時間ですが(^^) 

朝早い禅寺ではすでに修行が始まっているようでお勤めの声が聞こえてきます。
*
201711kyoto41
でも拝観には早すぎる時間、通天橋も洗玉澗もまだ目覚めていません。
*
201711kyoto42
臥雲橋もだれもいません。たまに地元の人が通るばかり。
*
201711kyoto43
洗玉澗の石橋。

人が多いと立ち止まって下を眺めるのも難しくなるのですが、ゆっくり見れました。
*
201711kyoto44
日の出の時間までは、まだすこしあるので日下門までいってみました。拝観開始は8時半からでまだ1時間以上あるのに、もう数十人が行列を作っていました。

そういえば、叡電出町柳駅でも白龍園や瑠璃光院の拝観券を求めて朝早くから並んでいる姿をよくみます。ご苦労様ですthink
*
201711kyoto45
待つこと30分、7時半過ぎに通天橋の向こうの方丈の屋根越しに朝日が昇ってきました。

待っていたカメラマンや観光客が一斉にシャッターを押しますhappy01
*
201711kyoto46
橋にも朝日が一気に差し込みます。
*
201711kyoto47
薄暗かったもみじ谷も明るくなりました。
*
201711kyoto50
日の出を堪能したところで、朝日がすこし高くなるまで近くの紅葉の名所を散策することにします。

(写真は、次回で紹介)
*
201711kyoto48
2時間後の9時半過ぎの洗玉澗の様子

もう通天橋の上は、参拝者でいっぱいです(^^)
*
201711kyoto49
次は、夕陽の時間に来てみたいですねcoldsweats01
*
(次回は、今熊野周辺を散策します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.27

京の紅葉散歩2017 (その4) 祇園白川から真如堂へ

11月18日は、大阪と京都のギャラリー巡りしましたが、岡崎にある画廊への行き帰りに、祇園白川から真如堂まで、紅葉する木々を探して散策してみました。

「カエデの葉だけが<もみじmaple>じゃないよ。」って、葉っぱは呼びかけてくれました。
*
201711kyoto01
祇園白川大和橋
*
201711kyoto02
巽橋
*
201711kyoto03
新門前
*
201711kyoto04
知恩院山門
*
201711kyoto05
山門前の木のアップ
*
201711kyoto06
広葉樹ばかり写すなangry

と、針葉樹から抗議がありましたので、松葉をcoldsweats01
*
201711kyoto07
  知恩院本堂前の寒桜。

冷たい雨に負けず健気に咲いています。
*
201711kyoto09
青蓮院前庭
*
201711kyoto10
<<おまけ>>

ギャラリーのある三条神宮道角のうどん屋さん。
「名物おかめうどん」と「しんそば入りました」の鏡文字happy01
*
201711kyoto11
岡崎公園
*
201711kyoto12
平安神宮前。

まだ4時半すぎなのにすでに薄暗くなって街灯がともりはじめました。
*
201711kyoto13
黒谷さんの塔頭の西翁院
*
201711kyoto14
黒谷さんの塔頭の栄摂院。

もう真っ暗になって、撮影困難です。このあと真如堂へ行きましたが、ライトアップはされてなくて三脚も使用不可で、写真はあきらめました(^^;

いままで、もみじカエデばかり写してましたが、探せば被写体はいくらでもありますねcoldsweats01
*
(続く) (次回も京都市内のもみじ散歩です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

より以前の記事一覧

フォト

新緑

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ