2018.08.06

貴船神社に丹後七姫劇団「しずかの奏」を見に(演舞編)

7月28日に、貴船神社で丹後七姫劇団による奉納演舞「しずかの奏」を見てきました。
*
201807kyoto60_2
台風接近の影響で、午後6時半からの公演が、2時半からに繰り上がりましたが、写真撮影には明るい方が好都合(^^;
*
201807kyoto61
源義経への愛を貫いた儚くも美しい舞姫の物語、最初は、太鼓奏者上田秀一郎さんの力強い演奏から始まります。
*
201807kyoto62
プロローグは桑鶴マミヤさんの語りから、知らなかったのですが、静御前は、丹後の網野の生まれとの伝承があるそうです。

後に、子供の頃に鞍馬山で修業をした牛若丸こと源義経の妻となる所縁から、貴船神社に舞を奉納することとなったのだそうです。
*
201807kyoto63
静御前(演者:本田綾乃さん)の登場です。都で評判の白拍子との設定です。
*
201807kyoto64
ある年、日照りが続き後白河法皇は100人の白拍子に雨乞いの舞をさせますが、99人目までは効果がなかったのに、100人目に静御前が舞うと、急に雨が降り出し三日三晩降り続いたそうです。

法皇は、彼女を「神の子。日本一の白拍子」と称えます。
*
201807kyoto65
その時、雨乞いの舞を見ていた義経に見初められて愛妻heart04になったといわれます。住吉大社で出会ったheart02との説もあり(^^)
*
201807kyoto66
舞台の盛り上がりの場所で、効果音として風鈴のような鐘がチリーンと鳴らされます。

澄んだ音色が、舞台を引き締めます。
*
201807kyoto67
さて、平家を打倒したものの、兄頼朝の怒りをかった義経は、吉野に逃れ、ここで静と別れます。静は吉野から京へ、さらに鎌倉へと送られます。

鎌倉では、頼朝が静に舞うように命じます。夫の仇ともいえる男の前で舞うのを拒みますが、「鶴ケ岡八幡大菩薩に供えるのである。」と、いって無理やり舞わせます。
*
201807kyoto68
舞い終わって、微動だにしなくなった静。

この時、

しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな

吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき

と、義経を慕う和歌を詠んで頼朝を激怒させますが、北条政子の「私が彼女の立場なら、同じことをしたでしょう。」と取りなして命を助けます。
*
201807kyoto69
しばらくして、彼女は義経の子供を産みますが、男子であったため取り上げられ由比ヶ浜に沈められてしまいます。

悲嘆にくれ、天を仰ぐところで舞台は終わります。

後半は、泣かせるconfident 演出でしたdespair
*
201807kyoto70
演者と語り部が退出し、ふたたび太鼓がエピローグを奏で、舞台は終わりました。
*
201807kyoto71
宮司さんを交えての、舞台挨拶。

ドラマや映画や小説で何度も見たり読んだりしているお話しですが、やはり感動しますねhappy01

機会があれば、他の七姫の舞台も見てみたいものです。
*
Kibune22
この感動が醒めないように、今日は電車の撮影は止めてまっすぐお家に帰りましょうcoldsweats01
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.08.05

貴船神社に丹後七姫劇団「しずかの奏」を見に(境内編)

7月28日に、逆走台風の影響を気にしながらcoldsweats01、貴船神社に丹後七姫劇団「しずかの奏」奉納演舞を見に行ってきました。
*
Kibune21
この日の昼頃は、まだ台風は八丈島付近にありましたが、夜には関西へ接近するとの予報で、午後6時半からの開園が2時半に繰り上げになりました。

貴船口駅からは、観光客に人気も「舞妓さん」ラッピングバスで、貴船に向かいます。
*
201807kyoto51
貴船・鞍馬までくると市内より5℃くらいは気温が低いのですが、市内が37・8℃の猛暑では、山奥も当然30℃越え、石畳の階段を上がると汗が噴き出てきますsweat01
*
201807kyoto53
境内は、七夕飾りで覆われています。
*
201807kyoto52
涼やかですねぇー(^^)
*
201807kyoto55
開演まで時間があるので、奥宮まで行ってみます。

貴船川の清流も涼し気です(^.^)
*
201807kyoto58
貴船名物の川床。

暑い盛りなので、賑わっておりましたbeer
*
201807kyoto54
飛沫をあげて流れ落ちる滝。
*
201807kyoto57
奥の院前の手水。

山水を直接引いてあるので、真夏でも手がしびれるほど冷たいです。口に含むと汗が、一気に引きました。
*
201807kyoto59
緑に覆われた、奥宮。

木陰は、風が通って涼しい(^^♪
*
201807kyoto60
涼しいのを満喫したところで、本宮に戻って、開演を待ちます。
*
(続く) (次回は、舞台鑑賞です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.07.25

下鴨神社のみたらし祭に行ってきました。

7月21日は、夕方から下鴨神社のみたらし祭に行ってきました。
*
201807kyoto18
屋台の並ぶ参道を通り、本殿にお参りして、みたらし池に回ると、立派な紺染めの暖簾が掛かっています。
*
201807kyoto19
受付では、有頂天家族の狸四兄弟が迎えてくれました(^^)
*
201807kyoto20
足つけの池にはいると、冷た~いhappy02  汗が一気に引いて、ジンジンするくらい。

今年は風がなくて、ロウソクが消えなくてよかったhappy01
*
201807kyoto21
献灯台に収めて、水から上がります。
*
201807kyoto22
ご神水をいただけば、暑い夏も無病息災で過ごせるのだとか(^.^)
*
201807kyoto23
いつの間にか、橋殿のまえに、「水占いの流れ」が作られてました。水占いは貴船神社の専売特許(^^; と、思ってましたが最近は、あちこちのお宮さんでやってはるんですね(^-^)
*
201807kyoto24
帰りの屋台で、京野菜や果物を売る店を見つけました。

スイカの切り売りが夏らしいですyacht
*
(次回は、浮世絵展です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.05.15

京の初夏の散歩 修学院村の春祭り(*^▽^*)

もうGWから1週間以上経ちましたが(^^; もう少し連休中の話題を続けさせて下さいね。

さて、5月5日の子供の日は、我が修学院学区の春祭りです。
*
201805kyoto25
牛頭天王(スサノオノミコト)を奉る鷺森神社の例祭で正式「さんよれ祭」とよばれますが、地元では単に「お祭り」とよんでます。

修学院離宮に近い七町会館の御旅所で神事があります。
最初に「修祓」-参加者・見物人一同を祓い清めます。
*
201805kyoto26
次は「献饌」-海の物、山の物、里の物を目よりも高く捧げて、神様にお供えします。
*
201805kyoto27
「祝詞奏上」-神様にお祈りします。一同拝礼。このあと玉串奉奠、轍饌と続いて神事は終わります。
201805kyoto28
最後に、子供巫女の舞が奉納されます。
*
201805kyoto29
午前11時すぎ、修学院駅前の山端御旅所に向けて、お神輿が出発です。
*
201805kyoto30
新緑の美しい比叡山に見下ろされながら、離宮道を子供神輿を先頭に下ります。
*
201805kyoto31
続いて、お神輿が下ります。
*
201805kyoto32
叡電修学院駅前の商店街に着きました。御旅所入りを目前に、担ぎ上げて気勢を上げますhappy01
*
201805kyoto33
お昼休みの休憩の後、午後は山端地区を巡行します。
管理人の自宅前を通るお神輿。

お供えをする家の前では止まって、パフォーマンスをするので(^^; なかなか前に進みません(^^♪
*
201805kyoto34
祭り行列は、最後の神輿回しのパフォーマンスに入ります。

修学院道の交差点を通行止めにして、神輿を担ぎ上げて2・3回グルグル回ります。
*
201805kyoto35
最後で最高の瞬間punch
*
201805kyoto36
意気揚々と、御旅所に帰っていきました。

お祭が終わると、洛北の村々では農作業が本格化します。
*
(続く) (次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.05.14

下鴨神社の御蔭祭をみてきました

明日5月15日は、京都三大祭のひとつ葵祭ですが、本祭に先立って、いろいろと神事があります。

その中でも特に重要なのが、上高野の御蔭山から下鴨神社の御祭神の荒御魂(あらみたま)をお迎えして、神様に若返っていただく御蔭祭があります。
*
201805kyoto40
午前中に比叡山の麓の御蔭神社で神様に天下っていただく神事があり、そのあと自動車列で赤の宮神社に移動。昼食休憩のあと下鴨神社の近くまでまた移動して、ここから1キロほどを平安絵巻そのままの優雅な行粧を組んで神社に向かいます。
*
201805kyoto41
葵祭ほどの華やかさはありませんが、新緑のまぶしい糺の森を進む行列は神さまをお迎えする厳かさを感じさせます。
*
201805kyoto42
雅楽を奏でながら進む、楽人と舞人。

このあと切芝神事で、舞楽が奉納されます。
*
201805kyoto43
ながく引いた下襲(したがさね)の裾(きょ)。

束帯姿の特徴ですが、こんな砂利みちを引きずって歩いて、あとの洗濯が大変やろーなぁー(^^; と、ツマランことを考えます。
*
201805kyoto44
続いて、奉仕の近在の郷村の旗。中村郷は今の上賀茂地区南部から下鴨地区北部付近になります。
*
201805kyoto45
鉾をもった警護の武官。
*
201805kyoto46
翳(さしば)

うちわではありません(^^; 貴人(神様)の顔を隠す道具です。
*
201805kyoto47
白馬に載せられたご神体。櫃に収められ傘で覆われています。

なんと手綱は四人で持ってますね。それだけ大切なものだという証なのでしょう。
*
201805kyoto48
ご神体のあとには、お供の神官や付き人やお道具が従い、最後は華やかなお花摘行列です。

神様にお供えする色とりどりのお花を捧げて通り過ぎます。
*
201805kyoto49
行列は、参道の中ほどで切芝神事を行います。

ご神体を載せた神馬を幄舎(仮のお社)に入れ、神様を歓待するため舞楽を奉納します。
*
201805kyoto50
行列が良く見える位置にいると、逆に舞楽は遠すぎて写真写りはイマイチですが、ご容赦ください(^^;
*
201805kyoto51
「東遊(あずまあそび)」ほか、3曲ほど舞われました。
*
201805kyoto52
*
201805kyoto53
*
201805kyoto55
切芝神事が終わると、再び隊列を組み、本殿に向かいます。
*
201805kyoto54
門を閉ざされた本殿。

中では、お迎えした荒御魂により神様が再生される神事が執り行われているのでしょう。
*
(次回は、鷺森神社のお祭りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.05.08

京の初夏の散歩 大田神社と深泥池のカキツバタ

花の話題が続きますが、5月3日の憲法記念日は、深泥池と大田神社のカキツバタをみてきました。
*
201805kyoto01
天然記念物「深泥池の水生植物群落」に指定される野生のカキツバタです。

白い花を咲かせます。
*
201805kyoto02
そんなに株数は多くなく、池の南端に数株生えているだけ。
*
201805kyoto03
水面を覆うのは、ジュンサイの葉。水中の若芽を食材にしますが、もちろん天然記念物を採取することは厳禁です(^^;
*
201805kyoto04
よく見ると、青紫や黄色の筋が入ってますね。

いずれアヤメかカキツバタ、ハナショウブやショウブも含めて見分けがつきにくいですねcoldsweats01
*
201805kyoto05
清楚な花を楽しんだら、こんどは大田神社へ。
*
201805kyoto06
西へ数分で到着。ここも天然記念物に指定されています。

今年は、良く咲いています。ここ2・3年は鹿の食害に悩まされて、花がぜんぜん咲かないときもありましたが、なんとか復活したようでホッとしました。
*
201805kyoto07
それでも数年前に比べると勢いがありませんね。

前は、池一面に紫の花が咲いてましたが、今は手前にはあまり咲かなくなっています。
*
201805kyoto08
通路に近いところに咲いてくれないと、アップの写真が撮りにくいのね(^^;
*
201805kyoto09
黄色いウマノアシガタを入れて。
*
201805kyoto10
これからもずっと咲き続けて欲しいものです。
*
201805kyoto11
大田神社をでて、また西へ数分で、上賀茂神社に着きます。

葵祭の準備が進められています。斎王代さまが禊をされる潔斎場の設置の行われていました。
+
201805kyoto12
神苑の奥で栽培される、双葉葵。 参列者がこの葉を身につけるので「葵祭」の名がついたといわれます。
*
(次回は、嵐電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.05.05

京の初夏の散歩 鞍馬街道を彩る草花たち

4月29日は、初夏の叡電鞍馬線を撮影してきました。撮影の合間に周りの草花を写します。
*
201804kyoto70
鞍馬川の谷間を埋める藤の花。朱色の梶取橋がアクセントに。
*
201804kyoto71
4月もまだ終わらないのに、もう丸坊主(^.^)になったタンポポ。
*
201804kyoto72
これは、ジシバリでしょうか。黄色がまぶしいです。
*
201804kyoto74
洛北名物のシャガの群落。鞍馬川の河原を埋め尽くしています。
*
201804kyoto75
鞍馬川の清流を浴びるシャガの群れ。
*
201804kyoto73
こちらは貴船川の河原。幻想的な雰囲気です。
*
201804kyoto76
鞍馬川と貴船川の水が落ちあって滝つぼへ落ち込んでいきます。水しぶきと轟音が静かな山里に響き渡ります。

でも初夏というより、真夏の暑中見舞いに使いそうな絵ですね(^^;
*m
201804kyoto77
貴船口を後に、鞍馬街道を上賀茂神社に向かいます。      
途中にハルジオンの群生がありました。
*
201804kyoto78
すこし紫がかった花弁がかわいいですね。
*
201804kyoto79
賀茂川の土手まできました。

ここも色とりどりに草花が咲いています。
*
201804kyoto80
ようやく北大路駅まで下ってきました。

駅前のスーパーでひと休み。
*
(続く) (次回は、上御霊神社のイチハツです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.02

京の春の散歩 高野川土手の桜並木

4月になりました。

今年の桜の開花は異様に(笑)早くて、もう関西ではソメイヨシノは散り始めてます。

先週末に撮影した京都の桜をUpします。今年は地元の高野川と伏見の宇治川派流しか行けませんでしたが(^^;
*
201803kyoto91
御蔭橋付近
*
201803kyoto92
蓼倉橋付近
*
201803kyoto96
馬橋から比叡山を望む。

この景色は、四季折々に撮影してますが、やはり春の桜の時期が一番ですね(^^)
***
201803kyoto97
上流の八瀬のつり橋

この付近は、秋の紅葉シーズンに瑠璃光院参拝の人出で賑わうのですが、春は静かですね。
*
201803kyoto94
高野橋付近
*
201803kyoto98
八瀬公園の紅しだれ
*
201803kyoto95
松ヶ崎人道橋付近
*
201803kyoto99
八瀬公園の紅しだれ
*
201803kyoto93
3月最後の夕日が、空も桜色に染めて沈もうとしています。

冬日(最低気温2℃)から夏日(最高気温26℃)まで一気に楽しめてcoldsweats01 毎日の着るものを選ぶのに苦労した3月も終わりました。
*
(続く) (次回は、伏見の宇治川派流の桜です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.03.07

下鴨神社の流し雛 御手洗川をゆらゆらと

3月3日はひな祭り。今年は土曜日なので、下鴨神社の流し雛を見に行ってきました。
*
201803kyoto15
神事に先立って行われる十二単の着付けのイベントをじっくり見てきたので、当然に会場は満員の人出coldsweats01

石段を降りたところにある川面にお雛さまを流すシーンを撮影するのはまず無理ですね。
*
201803kyoto16
なんとか、このシーンだけは撮れました。
*
201803kyoto17
このあと儀式が進んで、最後に近くの幼稚園児による「♫ うれしいひなまつり♪」の合唱です。
*
201803kyoto18
神事のあと、一般の参拝者も桟俵のお雛さまを流していきます。
*
201803kyoto20
早春の暖かい日をうけてゆらゆらと漂う桟俵。
*
201803kyoto19
shineキラキラキラshineshineshineshine
*
201803kyoto21
yachtゆらゆらゆらyachtyacht
*
201803kyoto22
ゆっくりと下流に向かいます。
*
201803kyoto23
光琳梅が迎えてくれました(^-^)
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.03.06

下鴨神社の流し雛 (十二単の着付け)

3月3日はひな祭り、今年は土曜になったので、下鴨神社の流し雛を見に行ってきました。
*
201803kyoto01
この日は、午前中に気温が10℃を越えるポカポカ陽気(最高気温は17℃) 冬用コートに厚手のコール天のズボンのいで立ちはではちと暑かったです(^^;
*
201803kyoto02
流し雛の会場の、御手洗川です。先週末はぜんぜん咲いていなかった光琳の梅も一気に満開です。
*
201803kyoto03
儀式に先立って、お雛様役のご婦人に十二単を着付けるイベントがあります。

有職雛人形の前に畳まれた着物が用意されています。
*
201803kyoto04
袴姿のお雛さまが登場されました。両側に控えるのは衣紋師と呼ばれる、日本の伝統的装束である十二単や衣冠束帯を扱う専門の着付師さんです。
*
201803kyoto05
一枚目は、若草色の袿(うちき)です。
*
201803kyoto06
二枚目は、白の袿、純白ではなくほんのりと紅を含んだ薄桜色です。
*
201803kyoto07
三枚目は、もうすこし濃いピンクの紅梅色です。

お庭の梅の花とお揃いですね(^^♪
*
201803kyoto08
四枚目は、濃い紫色。

嵐電の車体色になってる京紫ですかね。
*
201803kyoto09
五枚目は、目の覚めるような赤紅色

重ね袿を5枚重ねるのを、「「五衣(いつつぎぬ)」と呼びます。
*
201803kyoto10
一番上の袿は、青緑の地に模様を散らした華やかな衣装です。
*
201803kyoto11
最後に、唐衣(からぎぬ)を羽織ります。桜色が映えますね。
*
201803kyoto12
裳(も)という後ろに長く引きずる巻きスカートをつけて出来上がりですhappy01
*
201803kyoto13
懐紙・帖紙(たとう)を襟元に入れ、桧扇を持ちます。

これで重さは14-15㎏と説明してました。けっこう重いcoldsweats01
作業時間は、20分ほどで意外と早いです。普通の和服のように紐や帯をあまり使わずにゆったりと重ね着していくだけだからでしょうか。
*
201803kyoto14
お雛様は、別室で衣冠束帯姿に着かえた男雛役の男性とともに式場に向かわれました。
*
(続く) (流し雛の様子に続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

より以前の記事一覧

フォト

ヒマワリ

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ