2018.09.24

堅田の町を歩いてきました(後編)

9月17日は、佐川美術館に「田中一村」展を見に行ってきました。帰りにびわ湖対岸の堅田の町を歩いてきました。
*
201809siga17
堅田港のすぐ近くに、都久生須麻神社がありました。竹生島にある同名の神社とおなじく弁才天さまをお祀りしています。
*
201809siga18
また旧街道に戻ってすぐに大きな神社があります。正面に回ると「伊豆神社」と書かれています。「西近江に伊豆?」と思ってると、『伊豆一宮 三嶋大社の御祭神を勧請した。』と由緒書きにあって納得happy01
*
201809siga19
境内に「幸福を呼ぶハートheart04型の石」がありました。
縁結びに特に霊験あらたかなのだとかwink
*
201809siga20
浮御堂の参道まできました。びわ湖名物の佃煮屋さん。モロコ、アユ、ゴリなどの佃煮が並んでます。

甘辛い味は、ご飯の友riceballに酒の肴bottleに重宝しますねhappy01
*
201809siga21
竜宮城のような山門
*
*
201809siga23
浮御堂の北面から琵琶湖大橋を望む。

晴れていれば比良山系がバックに浮かびあがるのですが(^^ゞ
*
201809siga24
南側廊下から湖東をのぞむ。近江富士の三上山や鈴鹿の山並みが見えます。
*
201809siga25
今から40年近く前の1980年ごろ、大学生だった管理人は江若鉄道の廃線跡をたどった時に、浮御堂に来た思い出があります。

今は、医薬品工場や研究所になっている東洋紡大津事業所ですが、当時はすでに操業を止めて草ぼうぼうになっていた旧紡績工場跡に、旧江若鉄道の堅田駅からの引込線が赤錆びて残っていたのを覚えています。

当時は、江若鉄道が廃止になって10年あまりしかたっておらず、バスの営業所に転用された堅田駅も、まだ鉄道駅の面影を多分にのこしていました。
*
201809siga26
浮御堂のラッピングをまとった堅田循環線のバス。

昭和の終わりごろまで、せまい旧街道をはしる堅田循環線には、ボンネットバスが重宝されておりました。

本館からの転載ですが、昭和54年10月の堅田駅前です。まだ回りの景色ものどかですね(^_^)
http://nakkacho.fc2web.com/garakuta/omoide/omoide16.htm
*
Kojyaku_bus
(次回は、京都の街歩きネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.09.23

堅田の町を歩いてきました(前編)

9月17日は、佐川美術館に「田中一村」展を見に行ってきました。帰りにびわ湖対岸の堅田の町を歩いてきました。
*
201809siga07
JR堅田駅は、湖岸から1Kmちかく内陸にありますが、かつての堅田の中心街は、びわ湖沿いに南北に伸びていました。

美術館前から乗ったバスを、琵琶湖大橋の西詰に当たる、勾当内侍(こうとうないし)前という変わった名前のバス停で降ります。
*
201809siga08
前からバス停の名前の由来が気になっていたのですが、近くの野上神社に勾当内侍の墓がありました。

説明書きには、「勾当内侍は南北朝時代の女性で、新田義貞の妻となります。足利尊氏に追われて北陸に落ちる義貞と堅田で別れ、のちに義貞戦士の報を聞いて、悲しみのあまり湖に入水して夫の後を追った。村人は憐れんで墓を作って弔った。」とありました。

別な伝承もあるそうですが、興味のある方は調べてみて(^.^)
*
201809siga09
出島灯台です。木造の灯台で明治8年から点灯されています。今は灯台としての役目は終えてモニュメントとして残されていますが、今も点灯され続けているようです。

日が暮れて、点灯するところを見たいですね。
*
201809siga10
堅田漁港にきました。小型ですが漁船が並び漁網が干してある情景が、なぜかびわ湖のイメージと一致しなくて違和感が一杯でしたcoldsweats01
*
201809siga11
祝日で、漁協の事務所も閑散としてましたが、平日は魚のセリや仕分け加工が忙しく行なわれるそうです。
*
201809siga12
旧街道に沿って古い街並みが続きます。

この白い土蔵造りの民家は、「居初邸」です。奥に名勝「居初氏庭園」が広がっています。

残念ながら予約が必要なようで見れませんでしたが、びわ湖や対岸の湖東の山並みを借景にした名園だそうです。園内の茶室「天然図画亭(てんねんずえてい)」も見ものだとか。
*
201809siga13
この呉服屋さんの看板も年季が入ってそうですね(^.^)
*
201809siga14
堅田港と堅田内湖をむすぶ水路に架かる港橋。ちょっとレトロなデザインです。

残念ながら、今は堅田港には定期船の寄港はないようですね。
*
201809siga15
湖岸への通路
*
201809siga16
居初氏庭園の前浜からのびわ湖のながめ。ときどき小雨のぱらつく曇り空でしたが、静かで風情がありました。

琵琶湖周航の歌を口ずさんでみたくなります。
*
201809siga27
今津港に建つ琵琶湖周航の歌の歌碑。湖上の左手に浮かぶ竹生島まで右手の船で30分ほどです。(2017/04/01 撮影)

♪行方定めぬ 浪枕
 今日は今津か 長浜か♫ (3番の歌詞後半部)
*
(続く) (次回は、浮御堂に参ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.09.07

旧東海道を山科から小関越えで大津へ(後編)

9月2日は、また涼しくなって秋を感じたので(^^) 旧東海道を三条大橋から大津宿までウォーキングしてきました。
*
201809shiga09
峠で車道と合流しますが、すぐにハイキングコースは山道になります。
*
201809shiga10
最初にすこし登りがありますが、すぐに平坦になって等高線にそって進んでいきます。

ところどころ崖崩れしかかって危ないところもありますが、注意して通れば大丈夫です。
*
201809shiga11
要所に道しるべもあって、迷うことはありません。
*
201809shiga12
やがて展望台にでて、三井寺の伽藍越しに大津市街とびわ湖を望みます。

峠から20分ほどで着きました。お弁当を食べて小休止riceball
*
201809shiga13
西国三十三ヶ所観音霊場第十四番札所 園城寺三井寺観音堂です。

本尊の如意輪観音さまは秘仏とされ、三十三年に一度しか開帳されないのだとか(@_@)
*
201809shiga14
三井寺を下りると、長等神社があります。

平忠度の
「さざなみや志賀の都は 荒れにしを昔ながらの 山桜かな」
の歌碑があります。

平氏一門が都落ちするとき、都へ引返して藤原俊成に「この先、勅撰集がまた編まれるならば、この中から一首なりとも拾って欲しい。」と、自詠の巻物を託したとの話で、知られますね。

俊成は、千載和歌集にこの歌を載せますが、謀反人の忠度の名を憚って、「詠み人知らず」としました。
*
201809shiga15
東海道本道と小関越道と北國街道が交差する、大津宿の中心、札ノ辻に無事到着しました。

所要時間ほぼ4時間(見学・休憩含)歩数は21000歩余りでした。
*
201809shiga16
この後、草津駅前のギャラリーに向かうため大津駅に行きました。

知らなかったのですが、大津駅は北緯35度線上にあるんですねhappy01
*
201809shiga17
(続く) (次回は、草津のギャラリーからです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.09.05

旧東海道を山科から小関越えで大津へ(前編)

9月2日は、また涼しくなって秋を感じたので(^^) 旧東海道を三条大橋から大津宿までウォーキングしてきました。
*
201809shiga19
コースは、三条から四宮までは旧東海道をの本道を、四宮から大津までは脇道の小関越を歩きます。(逢坂山越えはもろに国道の排ガスを浴びるので(^^;
*
201809shiga20
三条から山科までは、何度も歩いてるブログの紹介は、Passdashdash

琵琶湖疏水の終点の蹴上の疏水記念館の「楽百年之夢」の扁額だけあげときます。
*
Yamashina03
京阪山科駅では、だんだん少なくなってきた旧塗装の800系を記録。
*
201809shiga01
山科(四宮)地蔵さんです。8月22・23日の六地蔵巡りでは賑わったことでしょう。
*
201809shiga02
左手の手水舎のアップ。 井戸に掘られた〇通マークが気になりますね(^^)/
*
201809shiga03
京阪四宮駅まで東海道本道とわかれて、JRの下をくぐり抜けて疏水脇の道を行きます。

しばらく歩くと有名な逢坂山・長等山トンネル出口の名撮影地にでます。
*
201809shiga04
追分駅からの道と合流して、この付近から滋賀県大津市になります。

「小関越・三井寺 7Km」とありますが、実際は3Kmかせいぜい4Km程度? 誤記では(^^;
*
201809shiga05
峠道の入り口です。
*
201809shiga06
しばらく歩くと、こんなドームのようなものが。
「疏水第一立坑」です。

疏水のトンネルを造るとき、ここから地下に竪坑を掘り、底からも大津側と山科側に掘り進んで、工期短縮を図りました。
*
201809shiga07
路面は簡易舗装されて歩きやすいです。ハイカーやサイクリストとすれ違います。
*
201809shiga08
15分ほどで峠に着きました。山科駅からも寄り道をいれても1時間弱です(^^♪

立派な地蔵堂が立ってます。道路を改修したときに掘り出されたお地蔵様を地元のひとがお祀りしてお堂を立てたのだとか。

この先の道中安全をお願いして下ります。
**
(後半に続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.07.05

泥んこ「田んぼ体験」 in びわ湖

梅雨晴れの某日、子供会のイベントで大津市郊外の田んぼで「田んぼの草取り」体験をしてきました。
*
201806siga01
場所は、後ろに比叡山横川を背負い、まえに琵琶湖のさざ波を望む大津市仰木地区の田んぼです。

「仰木の棚田」として、カメラマンやハイカーにも有名なところ。管理人も大原からの山越えで何度か来たことがあります。
*
201806siga02
自然農法を実践されている農家のご協力で、総勢30名あまりでお邪魔しました。
*
201806siga03
子供たちはもちろん、付き添いの大人も世話役さんをのぞいて田んぼは初体験coldsweats01 がほとんど、みんなおっかなびっくりで、泥水に足を踏み入れます。
*
201806siga04
農薬を使っていないので、田んぼは小動物の宝庫。カエルにオタマジャクシにメダカにミズスマシに、羽化したばかりのトンボもいました。
*
201806siga05
農作業のあとは、「種当てクイズ」。野菜やお花は知っててもその種となると、丸くてちっちゃくて、どれも同じに見えちゃいますbleah
*
201806siga06
最後は、野菜たっぷりの夏カレーを食べて、おばあちゃんお手製の白玉入りぜんざいを堪能して、お開きになりました。
*
201806siga07
(感想)
かがんでの草取りは、思いのほか重労働でしたwobbly 田んぼの泥もかなり足にまとわりつき慣れないと、移動もひと苦労coldsweats01
2時間ほどやって、やっとコツがつかめたと思ったら、もうお仕舞いhappy01

夏休みに、また来ます。秋の稲刈り体験がまた楽しみwink
*
(次回は、京都のギャラリー巡りの予定です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.03.03

滋賀・京都・大阪の梅見散歩

3月になりようやく暖かくなってきましたが、今年は寒波がきつかった影響で春の花の開花も遅れているようです。

2月下旬に、大津、醍醐、枚方、高槻、西陣と梅の名所を散歩した記録です。
*
611_04
23日の京阪大津線ネタに入れるべきだったかもしれませんが、花鉄なので(^^; ここに.....
*
705_05
電車がボカシすぎで分かりにくいのですが、「ちはやふる」のイラスト電車です。

百人一首には、蝋梅は出てこなかったとは思いますがcoldsweats01
*
705_06
紅梅色の電車と黄色の花  よく合います(^^)
*
201802kyoto_55
紅梅つながりで次は、醍醐三宝院の紅梅。

まだ3分咲きでしたが、目にしみるような濃い紅いろです。
*
201802kyoto_56
梢の先には、真昼の半月が
*
201802osaka_33
翌24日の枚方市の意賀美(おかみ)梅林です。

ここも3分咲き程度です。この週末は梅まつりが予定されてますが、1週間ではまだ満開は無理でしょうねcoldsweats01
*
201802osaka_34
しかも樹のまわりは柵がしてあって、花を正面方向から写せなくて、アングルに苦労しました(^.^)
*
201802osaka_35
これは、真正面ドアップ!
*
201802osaka_36
まさに、訪れた日にピッタリの句碑がありました。
*
201802osaka_37
旧枚方宿の旧家のまえに、蝋梅が青竹に活けてありました。粋ですね(^^)
*
201802osaka_38
枚方から淀川を渡って、高槻城跡公園にきました。

ここは、紅梅・白梅とも満開です。枚方とは5Kmほどしか離れてないのにこの違いはなんでしょう? 単に早咲きの品種を植えてるだけかな(^^♪
*
201802osaka_39
城跡といっても石垣が少し残る程度で遺構は何もなくて、普通の公園です。

それでも近くの歴史資料館に行くと、城下町としての高槻の歴史がわかります。そのうちに近世歴史散歩を目的にじっくり歩きたいものです。
*
201802osaka_40
この日は晴れてかなり暖かかったですけど、なぜか公園にいるときだけ空がくもって花の写りが良くないのですwobbly
*
201802osaka_41
電車の撮影では、「クル・クモル現象(JRの配給電車の形式と電車が来る時に限って空が曇るを掛ける)」と冗談をいいますが、不思議とこんなこと多いですねbleah
*
(続く) (お知らせ)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.08

京の紅葉散歩2017 (その3) 早や見ごろの比叡山を歩く (3)

ようやく晴れの休日になった文化の日の11月3日、延び延びになってた歩こう会で、早くも紅葉が見ごろになってきた比叡山に登ってきました。
*
201711hiei24
広い横川地区でも紅葉を探して歩きます。

横川中堂付近
*
201711hiei25
横川中堂付近
*
201711hiei26
元三大師堂参道
*
201711hiei27
元三大師堂

このお堂の境内の楓樹の色付きは見事です。叡山山中でも一番きれいな一本ではないでしょうか。
*
201711hiei28
まだ青葉の残る枝を手前に入れて。
*
201711hiei29
若木ながら真っ赤に色ついた樹と共に。
*
201711hiei30
ここから、びわ湖側の飯室谷へ下りて坂本まであるくつもりでしたが、山道が台風の影響で通行不可になっており、仕方なく(^^; バスで東塔まで戻ります。
*
201711hiei33
再び東塔の境内を抜け、本坂を坂本まで下って行きます。

この道も台風で土が流されて石ころがゴロゴロして、メチャ歩きにくいですsad
*
201711hiei31
デコボコ道と格闘すること45分(^.^) ようやくケーブル坂本駅前まで降りてきました。
*
201711hiei32
記録は、全行程ちょうど8時間、歩行距離20キロ弱、歩数33,000歩余りでした。

ここで京阪とJR組に分かれて京阪坂本駅前で解散となりました。
天候に恵まれ、よい歩こう会でした。12月は忘年会を兼ねて、どこか日帰り温泉spaのある所を歩きたいですね。箕面とか犬鳴山とかねbleah
*
(次回は、奈良に正倉院展を見に行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.07

京の紅葉散歩2017 (その2) 早や見ごろの比叡山を歩く (2)

ようやく晴れの休日になった文化の日の11月3日、延び延びになってた歩こう会で、早くも紅葉が見ごろになってきた比叡山に登ってきました。
*
201711hiei15
東塔を後にして、西塔に向かいます。弁慶井戸の前にススキと紅葉がコラボする良い景色がありました。
*
201711hiei16
段差の高い石段を下ると浄土院です。ここは伝教大師最澄上人の御廟所。叡山でも一番神聖な場所とされています。
*
201711hiei17
ここにお参りするときは、やはり気が引き締まりますね。
*
201711hiei18
浄土院から釈迦堂に向かう参道でもススキと紅葉の取り合わせが(^^♪
*
201711hiei19
西塔の本堂に当たる釈迦堂に着きました。

回峰行の祖とされる相応和尚一千百年御遠忌で本尊の釈迦如来像の御開帳と内陣の特別拝観が行われています。(12月10日まで)

普段は立ち入れない聖域を拝むことができました。薄暗い堂内には、四天王や梵天・帝釈天像ほか多くの厨子が置かれ、ライトアップされて神秘的な雰囲気を漂わせています。多くの厨子は開かれており鎮座された神仏を拝んでいきます。

最後に本尊の釈迦如来像の御手に結ばれた五色の紐を引いてお釈迦様とご縁を結ばせていただきました。
*
201711hiei20
古い石柱の道しるべに従って、横川に向かいます。約5キロのハイキングコースです。

さすがに紅葉の季節で、ハイカーも多いです。その他の時期は、1時間以上歩いても、2,3組くらいしかすれ違わないですがcoldsweats01
*
201711hiei21
杉の大木の間から、紅葉した木々が時々みられる、歩きやすい尾根道です。急な上り下りや、危険な崖っぷちもなくて、小さな子供連れのハイカーも見かけました。
*
201711hiei22
ほぼ中間の玉体杉からの京都市内の眺め。

千日回峰の行者さんが、ここから京都御所に向かって、玉体加持(皇室の安泰を祈る)をされるので、この名があります。

御所まで直線距離で10キロ、修学院駅から道なりに12,3キロでしょうか。行者さんにはかないませんが、よく歩いたものです(^.^)
*
201711hiei23
出発から4時間半、15キロほどをあるいてようやく横川中堂に着きました。

山奥の紅葉はちょうど見ごろを迎えています。
*
(続く) (次回は、横川地区を一周して、帰路につきます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.05

京の紅葉散歩2017 (その1) 早や見ごろの比叡山を歩く (1)

ようやく晴れの休日になった文化の日の11月3日、延び延びになってた歩こう会で、早くも紅葉が見ごろになってきた比叡山に登ってきました。
*
201711hiei01
叡電修学院駅を8時過ぎに出発。比叡山の上には、美しいうろこ雲が広がっています。

離宮道の交差点から山頂まで、およそ5Km、2時間余りの行程です。
*
201711hiei02
途中の山道は何度も紹介しているので省略して(^.^) 1時間20分程で、ケーブル比叡駅に到着です。

ここまでは、杉や檜の植林地が多くて紅葉する樹はあまり見られませんでしたが、ここから延暦寺の境内地に入り、広葉樹が多くなります。
*
201711hiei03
山頂に向かう遊歩道で、さっそく黄葉になったカエデを見つけました。朝日に輝いてキラキラshine
*
201711hiei04
ススキが原をロープウェイが越えていきます。始発から3本目の便ですが、満員ですね。

ビックリしたのは、この時間(9:45)の下山便にお客が乗ってたの。始発(9:15)で登って、山頂滞在わずか30分で降りたんかなぁcoldsweats01
*
201711hiei04_2
山頂駐車場からこれからの行程を確かめます。右手の大比叡(標高838m) を越えて延暦寺東塔(根本中堂)へ(30分)、谷を下りて西塔(釈迦堂)へ(30分)、そこから稜線沿いに横川(70分)への予定です。横川からの帰路は、時間と疲労度とに相談して(^^) 決める予定です。
*
201711hiei06
大比叡の一等三角点。休憩込みでちょうど2時間で到着。

ここがコースの最高地点、この後は多少のアップダウンはありますが、基本的には下り道happy01

と、気が緩んだのか東塔へ下りる急坂で転んでしまいましたwobbly
ここは、前にも尻餅ついたことがあり、危険区域ですねbleah
*
201711hiei07
根本中堂に着きました。紅葉は、写真のように見ごろになってます。

3連中初日で、久しぶりの晴天の休日とあって、まだ10時半くらいと早い時間帯なのに参拝者でいっぱいです。
*
201711hiei08
お堂は、修繕工事中(拝観可)なので、文殊楼からお決まりに構図で写真を撮って、境内でもみじ狩りmaple
*
201711hiei09
大講堂付近
*
201711hiei10
文殊楼への石段
*
201711hiei11
阿弥陀堂付近
*
201711hiei12
もみじの前掛けをなさったお地蔵様。 前掛けのデザインも秋ですねapple
*
201711hiei13
已講坂付近
*
201711hiei14
戒壇院への参道
*
(続く) (次回は、西塔から横川へ歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.05.21

旧東海道を少し歩く(野路の一里塚から瀬田の唐橋まで)

もう半月も前になってしまいましたが(^^;、5月のGW最終日に滋賀県草津市の三大神社の藤祭りに行った帰りに、すこしだけ旧東海道を歩いて見ました。
*
2017052_tokaido01
出発は、草津駅前ではなく、ひと駅京都よりの南草津駅前から。
現代の東海道、国道1号線に沿ってマンションやショッピングモールが並んでいます。
*
2017052_tokaido02
その傍ら、民家の庭先のようなところを旧東海道が国道を横断しており、ここに野路一里塚跡があります。

江戸日本橋から119番目の一里塚。距離の目安にしやすいのでここをスタート地点に(^^)
*
2017052_tokaido03
街道は、国道や鉄道とつかず離れずで山側を西に進みます。

すぐに「野路の(萩の)玉川」跡です。六玉川にひとつとされ、鎌倉時代は有名な宿駅だったようです。

いまは、新興住宅地や工場に囲まれて、往時の姿をしのぶのは難しそう(^^;
*
2017052_tokaido04
大きなため池がありました。弁天池と書かれています。真ん中に小島があって、弁天さまが祀ってありました。
*
2017052_tokaido18
ちょうど田植えがはじまる時期で、池には満々と水がたたえられ、小島は野鳥のねぐらになっているようです。
*
2017052_tokaido05
狼川を渡ります。 まだ目的地までは5Kmちかくcoldsweats01

コミュニティバスのバス停標識がカワイイので、記録しておきましょう(^^♪
*
2017052_tokaido06
狼川を渡ったところに、草津市と大津市の市境があります。川ではなく溝のようなところに境界があるのねsmile
*
2017052_tokaido07
月輪寺というお寺の門前です。いちいち載せませんが、さすがに旧東海道らしく、沿道には古跡を示す石柱や古民家や古社古刹が目につきます。

それらに立ち止まり説明書を読みながら進むと、退屈しませんね(^.^)
*
2017052_tokaido08
JR瀬田駅ちかくの、一里山一里塚跡まできました。

一里塚があったので、「一里山」とはわかりやすい(笑)地名です。
江戸からちょうど120里目です。
*
2017052_tokaido09
しばらく丘陵地になって、道は上り下りがありますが、いままで概ね西を目指していたのが浜街道と合流して南に直角にまがります。

この道でいいのかすこし不安になったところで、近江国府跡の案内板があります。

実は、近江国庁が瀬田にあることは、不勉強で知りませんでした(^^; 近江神宮の旧大津京跡にあったと、ばくぜんと思ってました。
*
2017052_tokaido10
しかも思いの他(失礼)広い敷地です。基壇や柱跡を示す円柱、復元された官舎の建物(休憩所)があります。

ベンチに腰かけて一服。

今日別れ明日はあふみと思へども夜やふけぬらむ袖の露けき  

(紀利貞 古今集巻八 離別歌 369番)

の、和歌が想い出されました。京の都から近江国庁まで、平安の昔でも、一日歩けば到達できたでしょうけど、遠近にかかわりなく別れはツライものですねconfident
*
2017052_tokaido11
いよいよコースは終盤にはいりました。

建部大社の裏山に昔の東海道の面影を残す小径があると聞いて歩いてみました。フカフカの落ち葉の絨毯と若葉の天蓋、このコースで唯一の地道です。
*
2017052_tokaido12
頂きに、ちいさな祠がありました。
*
2017052_tokaido13
裏山からもお参りできますが、ここは近江国一宮に敬意を表して、立派な門前町の参道をあるいて、建部大社に参ります。
*
2017052_tokaido14
日本武尊をお祀りする本殿(中央奥)と大己貴命をお祀りする権殿(右手前)
*
2017052_tokaido15
この日のゴールの瀬田の唐橋を渡ります。瀬田川をわたる風が心地よかったです。

ここまで10Kmほど、弥二さん北さんの時代なら、一日十里ほど、東海道125里を12,3日で歩いたといいますから、二里や三里の道のりは、すぐそこの感覚だったでしょうねhappy01
*
2017052_tokaido16
擬宝珠に、施工者の名前が掘ってありました。
*
2017052_tokaido17
JR石山駅から新快速で帰ります。
*
(次回は、京阪大津線ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。
フォト

叡山ケーブル

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ