2017.05.21

旧東海道を少し歩く(野路の一里塚から瀬田の唐橋まで)

もう半月も前になってしまいましたが(^^;、5月のGW最終日に滋賀県草津市の三大神社の藤祭りに行った帰りに、すこしだけ旧東海道を歩いて見ました。
*
2017052_tokaido01
出発は、草津駅前ではなく、ひと駅京都よりの南草津駅前から。
現代の東海道、国道1号線に沿ってマンションやショッピングモールが並んでいます。
*
2017052_tokaido02
その傍ら、民家の庭先のようなところを旧東海道が国道を横断しており、ここに野路一里塚跡があります。

江戸日本橋から119番目の一里塚。距離の目安にしやすいのでここをスタート地点に(^^)
*
2017052_tokaido03
街道は、国道や鉄道とつかず離れずで山側を西に進みます。

すぐに「野路の(萩の)玉川」跡です。六玉川にひとつとされ、鎌倉時代は有名な宿駅だったようです。

いまは、新興住宅地や工場に囲まれて、往時の姿をしのぶのは難しそう(^^;
*
2017052_tokaido04
大きなため池がありました。弁天池と書かれています。真ん中に小島があって、弁天さまが祀ってありました。
*
2017052_tokaido18
ちょうど田植えがはじまる時期で、池には満々と水がたたえられ、小島は野鳥のねぐらになっているようです。
*
2017052_tokaido05
狼川を渡ります。 まだ目的地までは5Kmちかくcoldsweats01

コミュニティバスのバス停標識がカワイイので、記録しておきましょう(^^♪
*
2017052_tokaido06
狼川を渡ったところに、草津市と大津市の市境があります。川ではなく溝のようなところに境界があるのねsmile
*
2017052_tokaido07
月輪寺というお寺の門前です。いちいち載せませんが、さすがに旧東海道らしく、沿道には古跡を示す石柱や古民家や古社古刹が目につきます。

それらに立ち止まり説明書を読みながら進むと、退屈しませんね(^.^)
*
2017052_tokaido08
JR瀬田駅ちかくの、一里山一里塚跡まできました。

一里塚があったので、「一里山」とはわかりやすい(笑)地名です。
江戸からちょうど120里目です。
*
2017052_tokaido09
しばらく丘陵地になって、道は上り下りがありますが、いままで概ね西を目指していたのが浜街道と合流して南に直角にまがります。

この道でいいのかすこし不安になったところで、近江国府跡の案内板があります。

実は、近江国庁が瀬田にあることは、不勉強で知りませんでした(^^; 近江神宮の旧大津京跡にあったと、ばくぜんと思ってました。
*
2017052_tokaido10
しかも思いの他(失礼)広い敷地です。基壇や柱跡を示す円柱、復元された官舎の建物(休憩所)があります。

ベンチに腰かけて一服。

今日別れ明日はあふみと思へども夜やふけぬらむ袖の露けき  

(紀利貞 古今集巻八 離別歌 369番)

の、和歌が想い出されました。京の都から近江国庁まで、平安の昔でも、一日歩けば到達できたでしょうけど、遠近にかかわりなく別れはツライものですねconfident
*
2017052_tokaido11
いよいよコースは終盤にはいりました。

建部大社の裏山に昔の東海道の面影を残す小径があると聞いて歩いてみました。フカフカの落ち葉の絨毯と若葉の天蓋、このコースで唯一の地道です。
*
2017052_tokaido12
頂きに、ちいさな祠がありました。
*
2017052_tokaido13
裏山からもお参りできますが、ここは近江国一宮に敬意を表して、立派な門前町の参道をあるいて、建部大社に参ります。
*
2017052_tokaido14
日本武尊をお祀りする本殿(中央奥)と大己貴命をお祀りする権殿(右手前)
*
2017052_tokaido15
この日のゴールの瀬田の唐橋を渡ります。瀬田川をわたる風が心地よかったです。

ここまで10Kmほど、弥二さん北さんの時代なら、一日十里ほど、東海道125里を12,3日で歩いたといいますから、二里や三里の道のりは、すぐそこの感覚だったでしょうねhappy01
*
2017052_tokaido16
擬宝珠に、施工者の名前が掘ってありました。
*
2017052_tokaido17
JR石山駅から新快速で帰ります。
*
(次回は、京阪大津線ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.05.17

滋賀県草津市の三大神社の藤祭りに行ってきました。

いつも読んで頂いている、na nori さんから「草津の三大神社の藤が見ごろになりましたよ。」と声をかけていただいて、GW最終日の5月7日に見に行ってきました。

na noriさんのブログはこちら
http://noriko-0606-one.cocolog-nifty.com/blog/
*
2017051_sanndai_jinjya01
実は、お声がけは2・3年前からいただいてたのですが、なかなか予定が合わなくて毎年行けずじまいでしたが、ようやく行くことが出来ました。

JR草津駅からバスで15分くらい走り、そこから麦畑や水田の広がる道を5分ほど歩くと神社に着きます。

朝の10時前ですがすでに境内は大勢の見物人で盛況です。
*
2017051_sanndai_jinjya02
樹齢約400年とはすごいですね。
*
2017051_sanndai_jinjya03
花房は2m前後にも伸びて、地面に着く(砂擦りの藤)といわれますが、このときは長くて1m余りでした。おそらく先週末から今週末にかけてくらいが一番長くなるのでは(^-^)
*
2017051_sanndai_jinjya04
GW最終日に行ったのは、「今年はどの花も遅れて咲きだしてるから、藤見も遅い方が良かろう」 というわけですが、それでも早やかった(^^;
*
2017051_sanndai_jinjya05
普通に鑑賞するぶんには、これで十分すぎるくらい美しくみごとですね。
*
2017051_sanndai_jinjya06
*
2017051_sanndai_jinjya07
*
2017051_sanndai_jinjya10
もし、来年以降にまた行く機会を作るなら、ネットで「地面に達しましたgood」って、書き込みを見てからですね。
*
(続く) (次回は、旧東海道を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.10.13

旧中山道と近江商人の街 五箇荘町へ行ってきました。(その3)

ブログの読者のひとり、木工房ポニーの健さんが、ご友人と「焼き物と流木の細工物」の二人展を開催されると聞いて、夏の暑い盛りに、滋賀県東近江市五個荘町の近江商人屋敷へ見学に行って来ました。
*
201507gokasyou10
金堂の集落をあとに、また田んぼのなかのカンカン照りの道を、藤井彦四郎邸に向かいます。
*
201507gokasyou11
総面積8100平米余り、学校か工場の敷地くらいある大きなお屋敷です。屋敷が見えても長々と塀が続いて、なかなか玄関に着きません(^^;

受付で、「展示を見に来た」と告げると、わざわさ係りのかたが邸内を案内して下さいました。

実際、広すぎて説明がないと家の中で迷子になってしまいそうです。冗談でなくcoldsweats01
*
201507gokasyou12
おふたりの経歴書です。人生の大先輩です。
*
201507gokasyou13
作品を拝見します。

ポニーの健さんのブログ記事と合わせてお読みください。←クリック
*
201507gokasyou14
*
201507gokasyou16
*
201507gokasyou15
*
201507gokasyou17
*
201507gokasyou18
*
201507gokasyou19
田んぼに囲まれた静かなお座敷。聞こえるのは、蝉の声・鳥のさえずり・鈴鹿の山から吹く風で庭の木の葉がさやさや、と.....

夏が終わって涼しくなるまで、ずっとここに座っていたかったですthink
*
201507gokasyou20
でも、いつまでも居れないので、屋敷内を見て歩きます。

皇族がたがお休みになられた座敷。
*
201507gokasyou21
立派な調度を揃えた洋間。

映画やテレビドラマのロケにも時々使われるのだとかmovie
*
201507gokasyou22
見晴らしの良い和洋折衷様式のテラス。

まだまだ驚くような立派なお部屋が続くのですが、実際に足を運ばれて体感して下さい(^^♪

****
以上、大いに楽しめた五個荘町の探訪レポートでした。

ただ田舎の事とて、駅前にコンビニはおろか食堂もなくて、昼食に不自由したのが、唯一のマイナス点ですね(笑) やっと見つけたお店でおにぎりriceballを買って、神社の境内でかぶりついてお昼にしましたcoldsweats01:
電車で行かれるときは、お弁当持参をお勧めします。
*
(続く) (次回は、帰り道の近江鉄道の車窓です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.10.12

旧中山道と近江商人の街 五箇荘町へ行ってきました。(その2)

ブログの読者のひとり、木工房ポニーの健さんが、ご友人と「焼き物と流木の細工物」の二人展を開催されると聞いて、夏の暑い盛りに、滋賀県東近江市五個荘町の近江商人屋敷へ見学に行って来ました。
*
201507gokasyou01
五箇荘駅からしばらく旧中山道を歩き、国道8号線を越えてブラブラと寄り道したり、案内所で休憩したりしてようやく近江商人の屋敷がならぶ金堂地区に着きました。

近江商人の町は鯉の泳ぐ堀があり、
*
201507gokasyou02
祝日(海の日)で日の丸を掲げた、美しい町並みがありました。
*
201507gokasyou03
お屋敷の重厚な外壁。 丸ポストが似合います。
*
201507gokasyou04
これは、近江の旧家でよく見られる舟壁でしょうか。
*
201507gokasyou05
お屋敷に入ってみます。 玄関わきに洗い場があり、外の堀と水路がつながっています。

鯉がえさをねだって入り込んでましたcoldsweats01
*
201507gokasyou07
当時のしつらえの残る居間。 クーラーはもちろん扇風機もないのに、開け放たれた室内は意外と涼しいです。
*
201507gokasyou08
大きな土間と流し。 大勢の家族や使用人の食事を一度に作ってたんでしょうね。
*
201507gokasyou06
資料館になっているところもあります。土人形がたくさん展示してありました。
*
201507gokasyou09
お庭も広くて立派です。 ひと回りすることができます。
*
(続く) (次回は、藤井邸でポニーの健さんの作品を拝見します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.10.11

旧中山道と近江商人の街 五箇荘町へ行ってきました。(その1)

  ブログの読者のひとり、木工房ポニーの健さんが、ご友人と「焼き物と流木の細工物」の二人展を開催されると聞いて、夏の暑い盛りに、滋賀県東近江市五個荘町の近江商人屋敷へ見学に行って来ました。

ポニーの健さんの記事はこちら

もう3か月近く前の話題なのですが、お蔵入りさせる前に(笑)Upします。
*
Ohomi_04
京都駅からJR琵琶湖線の新快速に乗り、近江八幡で近江鉄道に乗り換えます。
*
Ohomi_05
やって来たのは、この電車。元西武鉄道の101系を譲り受けた100形101+1101の編成です。
*
Ohomi_06
一日乗車券を買いました。880円で乗り放題、金土日祝限定ですが、近江八幡~八日市往復(900円)で元が取れ、かなりお得ですhappy01

冷房車ながら窓には、懐かしいアイテムが。最近は窓が固定でツマミを見なくなりましたね。

ちなみに近江鉄道では、硬券の切符や改札鋏が現役だったりします。
*
Ohomi_07
近江八幡をでた電車は、旧中山道の宿場町の武佐駅や、岩山の中腹に社殿のある太郎坊がよくみえる太郎坊宮前駅、旧湖南鉄道本社を兼ねた木造洋風建築の駅舎の残る新八日市駅をすぎ、八日市駅に到着です。

この駅は、本線と八日市線の接続駅で、一度に電車が集まることが多いです。
この日も、左から、近江八幡行き102F,高宮行き101F,留置の821F,貴生川行きの103Fが並びました。
*
Ohomi_08
元101系は、ブルーの湖風号になりましたが、モノクロにすると、ひと昔前の西武線の乗換駅を思い出しますね。

東京勤務時代は、中央線の101系、201系がメインでしたが、時々西武の101系や401系にお世話になりました。
*
Ohomi_09
八日市をでると、近江平野を駆け抜けます。

田んぼのなかにポツンと建つ河辺の森駅を発車すると、まもなく五箇荘駅に到着です。
*
Ohomi_10
この駅で、801Fの「がん検診」のイラスト電車と行き違います。
*
Ohomi_11
駅の貴生川寄りを新幹線がクロスしています。ここから高宮駅近くまで10キロほど新幹線と並走します。

昭和30年代半ば頃、当時の国鉄が「新幹線の建設に伴って近江鉄道の車窓から鈴鹿山脈の景色が見られなくなるのに対する景観補償費2億5千万円余りを支払った」として、新聞に大きく取り上げられたことがあったそうです。

当時の政財界の大物であった堤 康次郎の息のかかった会社である近江鉄道に便宜を図ったというウワサです。
*
Ohomi_12
駅舎もホームも改修されて、立派なものになってますが、乗り降りした人は数人でちょっとさみしかったです。

ここから、旧中山道を近江商人の館へ向かいます。
*
(続く) (次回は、近江商人の町を散策します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2015.08.23

京の真夏の散歩 お盆の比叡山

お盆のお供養のため、15日に比叡山に登ってきました。

夏は歩いて登ると暑さでバテるのでcoldsweats01 例年行きはケーブルで上がりお参りした後、ハイキングコースをユルユルと歩いて下っております。

歩いてて、「いいな」って思った情景を載せておきます。ただし読者の皆様には漠然としすぎてちょっと詰まらないと思いますがcoldsweats01
*
201508hiei01
ロープウェイ比叡山頂駅から大原の里を見下ろす。
*
201508hiei02
ドライブウェイ山頂駐車場より琵琶湖と大津市街を見下ろす。
*
201508hiei04
昭和レトロな坂本ケーブル延暦寺駅改札付近
*
201508hiei05
同駅の二階ホール。今はギャラリーとして使われています。たまにイベントなどもあるよう。
*
201508hiei03
同駅の床タイル。長年の使用で傷んでますが、なかなかオシャレな感覚が見て取れました。
*
201508hiei06
帰りの瓜生山登山道をながれる清流。 真夏でも冷たく汗でぬれた顔を洗うとさっぱりしました(^^♪
*
815_0171
瓜生山から北白川に下る坂が急でバテましたがsad、根性で元田中まで歩きました。

元田中駅から見る比叡山。あんなところから歩いてきたとは我ながら感心します。歩行距離 約12Km 時間約5時間(休憩・参拝含)
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。
フォト

新緑

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ