2018.09.13

ひりか個展「if」 & 公募展「いぢわる」 in スナバギャラリー

スナバギャラリーの9月2週目の展示は、ひりかさんの個展「 if 」と公募グループ展「いぢわる」です。
*
201809osaka_gallery05
ひりかさんは、日本画材で絵を描かれてます。

写真のDMもちりめん紙のようにしわをつけた用紙が使われており、非常に凝った作りで驚きました。
*
201809osaka_gallery03
作品は、日本画独特の淡い彩度を落とした、でも華やかな色使いが心地良いです。

モチーフは、アブストラクトな小品の連作と、「本当は怖い昔ばなし」coldsweats01 のように、一見カワイイ絵なのに、よく見るとかなりデリケートな印象を受けるものが多く感じました。
*
201809osaka_gallery04
あと、作品にキャプションが一切添付されてません。別紙で作品一覧が用意され、そこにタイトルをはじめとした情報が書き込まれています。

キャプションは鑑賞の手助けになりますが、時に邪魔になる場合もあり、今回のような、抽象的、象徴的な画題の場合は、想像を働かせながら絵をじっと見ることができてよい試みだと思います。
*
201809osaka_gallery06
奥のスペースは、公募グループ展「いぢわる」です。
*
201809osaka_gallery01
こちらもいわゆる「カワイイshine」系ですが、なかなか心にグサッと突き刺さるような事柄が、サラッと(笑) 描かれています。

女の子は、コワイですねぇhappy02 もちろんイケメン君もコワイですbleah
*
201809osaka_gallery02
絵だからできる恐怖世界をお楽しみください(笑)

両展示とも19日までです。
*
(続く) (次回は、京都のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.09.01

「日本画材の宴」・「鬼月抄」 in スナバギャラリー

8月25日のギャラリー巡りの続きです。
もう9月になっちゃいましたが、夏バテと月末の繁忙期(^^;で、Upが遅れましたm(__)m
*
201808osaka_gallery28
中崎町のイロリムラさんをでて、向かいのスナバギャラリーさんに入ります。

手前のスペースはグループ展「日本画材の宴」。
「日本画材を使えば、モチーフは問わない」との応募規定なので、人物あり風景あり抽象画もあり劇画風もありと、なかなか多彩です。

あえてフレームから外しましたが、左列奥から2枚目の鳩羽杜森さんの『帳の蝶』が特に素晴らしいです。
*
201808osaka_gallery29
右列では、奥の三好温人さんの女性像2枚が目に留まりますね。

出前のゆかいゆかさんの作品もゆく夏を惜しむ感じで良かったです。
*
201808osaka_gallery30
そして、奥のスペースは新竹 季次さんの久しぶりの個展「鬼月抄(おにつきしょう)」です。

なかなかおどろおどろしい絵柄ばかりですが、けっして怖さを感じさせないのは、やはり筆力のうまさによるんでしょうね。
*
201808osaka_gallery31
髑髏三部作 凄みを感じさせます。
*
201808osaka_01
残暑の厳しい一日でした。

帰りに、天満天満宮前のサロン・モザイクさんによって涼んできました。偶然にもスナバギャラリーさんに寄った方とまた一緒になって話が弾みました(^^♪
*
(次回は、嵐電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.08.27

「美人画切り絵3人展」、「芝田町画廊公募展」、「近大写真部展」

8月25日は、午前中に叡電のビール電車を見てから、残暑厳しいなかをcoldsweats01 大阪のギャラリー巡りしてきました。
*
201808osaka_gallery25_2
最初に行ったのが、空堀商店街のアトリエ・キプリスで開催の「美人画切り絵3人展」です。Amiさん、菜さん、瑛美さんの3人が出展されてます。

Amiさんの作品は一番写実的。瑛美さんの作品はイラストっぽい感じ(^^)、菜さんの作品はすこしデフォルメした感じかな。

原画の印象は異なりますが、どれも紙を切って描いたとは思えない繊細かつ豊かな表現に、思わずうなってしまいます。

暑さでボォーとしてた頭が、一気に冴えわたり(^^; ました。
*
201808osaka_gallery26
次は、中津に移動して、芝田町画廊さんの第7回公募展へ。

今回は30名の作家さんが入選出展されてます。その中から3名の作家さんを選んで、人気投票します。今年も力作揃いで迷いましたが、気に入った作品(個人的に抽象画が好き(^^♪) に投票してきました。
*
201808osaka_gallery27
続いて中崎町に移動して、イロリムラさんへ。いくつか展示やってましたが、近畿大学写真部の学外展をみてきました。

「平成最後の夏」と題して、シャッターcamera が押されてます。ポスターもそうですが、組み写真1組を除いてすべてモノクロ。しかも多くが日常の何気ない情景を若い感性で切り取ってます。

失礼ながら一回生の作品はもうひと頑張りsign03 と、感じる作品が多いですが、上級生ともなると上手いですね。「なるほどsmile」と、うなづく作品ばかりです。

こちらも人気投票やってましたが、特に気に入った数点に◎しておきました。
*
(続く) (次回も、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.08.13

「イラストレーターの夏フェス」 in gallery So-Ra

阿倍野のgallery So-Raさんで、「イラストレーターの夏フェス 2018」をみてきました。
*
201808osaka_gallery16
初めて寄せてもらうお店ですが、天王寺から地下鉄昭和町駅か上町線東天下茶屋で降りて、徒歩数分。あべの筋とあびこ筋にはさまれた昔からの住宅街の一角にあります。
*
201808osaka_gallery17
なかなかわかりにくい場所ですがcoldsweats01  地図を頼りにいくと大正長屋と呼ばれるモダンな民家がありました。大正12年(1923)築でもう95年もたつそうです。
*
201808osaka_gallery18
玄関をはいると、オーナーさんと作家さんと、看板ねこちゃんcat が迎えてくれました。

一階はハンドメイド雑貨、陶器、アパレルなどの展示・販売コーナー。
*
201808osaka_gallery19
二階がギャラリースペース。天井の照明器具がステキですね。
*
201808osaka_gallery20
テーマは、「心に残る音楽♪ 3曲を選んで、それを絵にして♫」 と、いうもの。

みなさん流行りの曲やなつかし曲をえらんで、思いおもいに作品に仕上げられています。

知ってる曲があると、「あ!これ聴いてた♬」ってつぶやいたり。
*
201808osaka_gallery21
ご招待いただいた、作家さんの作品。切り絵になってます。
雰囲気が夏らしいですね(^.^)
*
(次回は、細見美術館を見に行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.08.11

「ササラサラ」展 in Nanoギャラリー

8月5日は、仕事でしたが早く終わったので、Nanoギャラリーさんの「ササラサラ」展にいってきました。
*
201808osaka_gallery10
毎年恒例の展示会なので、ネットで情報が入ることが多いんですけど、今年はたまたま前を通りかかったら、この日が初日で、即入場(^^♪
*
201808osaka_gallery11
会場の床から壁から天井まで、びっしりと笹の枝と葉が敷き詰められ、並べられ、そこに作品が吊り下げられています。
*
201808osaka_gallery12
笹の葉を踏んで見て回ると、青い香りが漂ってきます。それと肌が露出してる時期なので、腕が擦れてかゆくなりますね(^^;
*
201808osaka_gallery13
陶器製のシュールなかぐや姫。人間から鬼に変身し、また人間に戻るところを写した、陶器の仮面もチョット不気味(^^)
*
201808osaka_gallery14
テーマを詩にした額がありました。
*
201808osaka_gallery15
陶製の金魚の風鈴を頂いてきました。
*
(続く) (次回も、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.08.09

「幻覚標本」 & 「常夜の宴」 in SUNABAギャラリー

8月4日は、暑い中を梅田界隈のギャラリーを回ってきました。

次に行ったのは、SUNABAギャラリーさん。
*
201808osaka_gallery09
手前のスペースは、月夜乃散歩個展「幻覚標本」を開催中。

いろいろと技法を凝らしてあるとはいえ、写真なのに現実では起こり得ない妖しくも不思議な世界が、印画紙に浮かび上がっています。

管理人のような、ヘボでセンスも技量もないカメラマンには到底マネできませんがcoldsweats01、リスペクトの対象としてじっくりと拝見させてもらっています。

ギャラリーに着いた時、ちょうど作品のモデルさんを交えてのカメラマンさんによる記念撮影が終わったところ(^^; もう数分はやく来れば、美人モデルさんを私のカメラでも檄写できたのにbleah
*
201808osaka_gallery07
奥のスペースは、グループ展「常夜(とこよ)の宴」です。

常夜(=常世)とは、現世に対してあの世、死後の世界のこと。「夏なのでお化けの絵で納涼大会(^^)」と、いうわけだそうです。

もちろん単純に妖怪変化の絵ばかりは集めていません(笑) それとなく、不気味さや向こうの世界を表した絵が集められています。
*
201808osaka_gallery08
明るい展示室ですが、ひとりで絵をじっとみていると、ふと絵の中から別の世界へお誘いがありそうでbleah
*
(続く) (次回も、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.08.08

「ポップ サマー」 & 「揺れるボーダーライン」 in アトリエ三月

8月4日は、暑い中を梅田界隈のギャラリーを回ってきました。
*
201808osaka_gallery01
まずは、阪急梅田のうめだスークで開催の「うめだスーク in 三月 pppppppppppppppop summer!!!!!!!!」

アトリエ三月さんの常連の作家さんの作品がところ狭しと展示即売されています。

オーナーさんもこちらに在店されてました。ライブペイントのイベントも予定されてたんですが、ちょうど昼休みで見れなくて残念(^^;
*
201808osaka_gallery03
続いて中崎町に移動して、アトリエ三月さんのグループ展「揺れるボーダーライン」へ。

この春に芸大を卒業された若い作家さんの企画で、同年代で同じ感性を共有する若手作家さんを集めた展示です。
*
201808osaka_gallery04
みなさん、すでにグループ展や個展を何度かこなして、それなりの実力をお持ちの方ばかり。

管理人が知っているかたも何人かおられます。
*
201808osaka_gallery05
ただ、良い作品が並んでいる割には、暑さのせいもあって見に来ているひとがいつもより少ないのは残念でした。

学生さんが夏休みで帰省やレジャーやバイトで、忙しいのも影響してんかなcoldsweats01
*
201808osaka_gallery06
初めてみせてもらった作家さんですが、左の2枚ほかの目がちっちゃな(^^)女の子の作品。一度みたら忘れないキャラで、気に入りました。
*
(続く) (次回も、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.08.03

第4回HAPPY SMILE絵本展 in イロリムラ

7月27日は、午後からイロリムラさんで開催の「HAPPY SMILE絵本展」に行ってきました。
*
201807osaka_gallery01
土日は台風の影響が心配なので、一日繰り上げての鑑賞です。
*
201807osaka_gallery02
平日でひとも少なくて、ゆっくり・じっくりと楽しめました。
*
201807osaka_gallery03
印刷・製本されて本の形で見るのと、吹き出しやネームのない生の原画では、同じ絵でもかなり印象は変わってきますね。
*
201807osaka_gallery04
ラフスケッチや下絵、印刷の版下など、絵本が仕上がるまでの様子を見せていただける展示もあって興味深々。

なかなか制作途中なんかは見れませんもんね(^^♪
*
201807osaka_gallery05
この2冊を選んできました。某保育園にプレゼントします。
*
(次回は、貴船神社に参ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.07.04

「SUMMER SALE2018」 in SUNABAギャラリー

7月最初の日曜日は、予定を変更して大阪のギャラリー巡ってkました。

アトリエ三月さんとおなじ中崎町のスナバギャラリーさんでは、サマーセール2018が開催中です。
*
201807osaka_gallery11
8名の作家さんによる展示会。このギャラリーでは常連の作家さんが多いですが、なかには初めて見せていただく方も。
*
201807osaka_gallery08
全部は載せられないので、特に目についた方の作品を紹介。
蜈蚣タマミさん(左3つ)
*
201807osaka_gallery09
あやかさん(左4つ) 筆屋さんの「墨で描く」で拝見してファンになりました(^^)
*
201807osaka_gallery10
椎木かなえさん(左2つ) 一度みたら忘れられないインパクトのある絵ですね(^^;

夜乃雛月さん(右) 今回は、グッと大人っぽい絵で参戦(^.^)
*
201807osaka01
ここで紹介できなかった絵も、どれも素晴らしい作品ばかりです。11日までですので、お近くの方はぜひ!
*
(次回は、滋賀県での話題です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.07.02

「TRI-FOLD OSAKA」 in 中崎町・天満

7月最初の日曜日は、京都の某ミュージアムにいくつもりでしたが、なんと日祝休館(^^; なので急遽、大阪へ
*
201807osaka_gallery01
「TRI-FOLD OSAKA」は、
大阪の北区内のギャラクシー3か所を会場に80年代前半生まれの中堅作家さん3名が、それぞれ別々なスタンスで運営する展示会です。

タイトルを直訳すると三つ折りなので、パンフレットも三角折りと洒落てます。

辞書を引くと「3重とか3倍」といった意味もあるので、『3人で3倍以上のパワーを』 と、いう心意気なんでしょうね(^.^)
*
201807osaka_gallery02
一ヶ所目は、中崎町のアトリエ三月さんの3周年企画前期"girls" です。

オーナーさん一押しの若手女性アーティスト5名による展示。各自各様のモチーフや画材や技法を使って、華やかな作品が並べられています。写真はサトウナツキさんのコラージュ作品。
*
201807osaka_gallery03
一番「女の子」らしい絵は、ふくだあゆみさんの、この連作ですかね(^-^)
*
201807osaka_gallery04
続いては、天満商店街を抜けて、南森町のサロンモザイクさんへ。

ここは初めて入るお店です。天満天満宮の南門からすぐの参詣道にあります。ちょっとレトロな感じの造りです。
*
201807osaka_gallery05
前に某芸大の講師をやっていたという女性オーナーさんが迎えてくださいました。

展示スペースと販売スペース、それにカウンターの喫茶コーナー。机の上や奥の棚には、作品らしき小物や本がさりげなく置かれてます。
*
201807osaka_gallery06
これが、アトリエ三月のオーナーの原康浩さんの個展「Abstraction 」。

アクリル絵の具と樹脂をまぜて、キャンバスに塗り重ね、盛り上げ、引っ掻いて、絵画からすこし立体作品に踏み出したような力強い作品です。

ほかに、ハガキに同様に絵の具を盛り上げた「メール」作品が数十枚ありました。
*
201807osaka_gallery07
最後は、老松町の画廊逆鱗.で開催の池田孝友さんの個展「39」です。

有名な「天野画廊」さんの入るビルの4階に移転オープン記念展です。

ジャンルはアブストラクトな現代美術ですが、絵画あり立体作品あり、非常に多彩な表現方法の持ち主とお見受けしました(^^♪

ここも初めてで、写真は遠慮してきましたが、気になるかたは画廊逆鱗.のHPへ
*
(続く) (次回も大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

より以前の記事一覧

フォト

ススキ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ