2018.06.19

堂本印象美術館と泉屋博古館

6月上旬の京都のギャラリー巡りは、衣笠の堂本印象美術館と鹿ケ谷の泉屋博古館です。
*
201806kyoto54
堂本印象美術館は、しばらく改装のため休館してましたが、リニューアルオープン記念展として「堂本印象 創造への挑戦」と題して大回顧展が最終週でした。

出世作の「深草の里」(大正8年)から 晩年の巨大壁画「豊雲」昭和49年まで、数十点が展示されています。

若いころは日本画家として活躍されたようですが、戦後は抽象画も多く手掛けられたり、多彩な画業をこなされています。

この美術館自体が画伯の設計で、随所に凝ったデザインがみられます。
*
201806kyoto55
庭園も無料スペースとして整備公開され、やはり作品であるイスやテーブルが並べられ、彫刻作品などを見ることができます。

併設のカフェテリアcafeから軽食をテイクアウトして食べる楽しめもありますよhappy01
*
201806kyoto52
泉屋博古館は、哲学の道のアジサイ巡りの途中に寄りました。

「絵描きの筆ぐせ、腕くらべ」と変わったタイトルがついてます(^^)
内容は、幕末ごろから昭和30年代くらいまでの近代日本画の住友コレクションです。

富岡鉄斎や東山魁夷、竹内栖鳳といった著名な作家からあまり名の知られていない作家の作品まで、数多く展示され、それぞれの作家さんの描きクセや好みを解説してあります。
*
201806kyoto53
さすがに財閥本家の蒐集品だけあって、ただ金に飽かして買い集めた(失礼)ような成金趣味のコレクションとは違って、コレクターの想いが感じられますね。

まず気品があって、ユニークで、ちょっとお色気やウイットも感じられて・・・・・・

アート趣味人の理想としたいですthink
*
(次回は、初夏の散歩の続きです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.05.27

「京都 水彩 散歩」展 in 京セラ美術館

京セラ美術館に、水彩画家・イラストレーターの黒岩多貴子さんの展示会「京都水彩散歩」を見に行ってきました。
*
201805kyoto_gallery01
作家さんは、プロフィールにあるように、京阪電車の情報誌「K PRESS」の表紙絵をもう12年も続けられています。

今回はその中から京都地区の原画を選び、四季別に分けて展示されてます。

縮小印刷された絵とはちがって、10号ほどの水彩紙にカラフルな水彩絵の具で淡く、でも丁寧に描き込まれた原画は、いつ見ても見飽きません。(京阪電車沿線を中心に時々展示会されてるので、よく見せてもらってますhappy01

制作過程のわかるラフスケッチや打ち合わせ用の下絵、パレットや絵筆もならべられて面白いです。
*
201805kyoto_gallery02
今回は、作家さんの在廊日を選んでいったので初めてお話しさせていただきました。「京阪ユーザーで、毎月季節感あふれる絵を楽しみにしています。」というと、喜んでいただけました。

制作時の苦労話や、次に出る6月号の裏話-もう駅に並びだしてますので、原画と突き合わせてみてください。ちょっと手を加えられてるとこが見つけられるかもwink-など、楽しいお話を聞かせていただけました。
*
Hankai0166
前に大阪で展示をされたギャラリーのオーナーさんに頼まれて、「黒岩さんは、パンダ🐼が好きなので、阪堺電車のパンダ電車の写真があったら、差し上げて欲しい。」といわれて、「素人の下手な写真でよければcoldsweats01 」と、上の写真をお渡ししたことがあります。

その話をすると、「机のうえに飾ってます。」といっていただけました。嬉しかったですhappy01

プロの作家さんの展示なので、著作権の関係で写真撮影は遠慮しています。お近くの方、水彩画がお好きな方、京都ファンの方は、ぜひ会場へ足を運んでください。
*
(次回は、万博公園を散歩します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.05.12

「池大雅展」 in 京都国立博物館

5月4日は、午前中に野崎参りを終えて、午後から京都国立博物館で開催の「池大雅展」を鑑賞しました。
*
201805kyoto15
201805kyoto21
201805kyoto22
池大雅(いけのたいが)は、江戸時代中期に京都を中心に活躍した文人画家、書家です。

代表作は、国宝の「楼閣山水図屏風」や、国宝の「十便十宜図」(上の写真)などがあります。

副題に-天衣無縫の旅の画家-とあるように、金銭や世間体にはあまりこだわらず、我が道を行くという生活態度だったようです。そのため当時のひとからはかなり変人とみられたようで(笑)、いろいろなエピソードが残されています。

詳しくは、新聞のコラムですが「池玉瀾 大雅亡き後に求めた独自性」が参考になります。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO84585890Z10C15A3TY5000

また文人画をというジャンルのためか、近代に入ってからはあまり脚光を浴びず、同時代の画家では、十宜図を共作し俳人として有名な与謝蕪村や華やかな花鳥図を残した伊藤若冲に比べて知名度が低いように感じます。

実際、GWの午後にもかかわらず観客はほどほどhappy01 で、じっくりゆっくり鑑賞できるのは有難いですが、特別展としてはちょっとさみしい入場者数でしたねcoldsweats01
*
201805kyoto16
201805kyoto20 会場をでて、池大雅夫妻の草案のあった祇園真葛が原(今の円山公園の音楽堂付近)にきてみました。いまは「大雅堂旧跡」と彫られた石碑が残っているだけです。

大雅の妻、玉瀾(ぎょくらん)の旧姓は徳山といい、母親は徳山町(ときのやま まち)というひとです。

作家の池波正太郎は長編小説「おとこの秘図」の中で、徳山という苗字から、火付盗賊改方徳山五兵衛秀栄(とくのやま・ごへい・ひでいえ)が若いころ江戸を出奔して京の町に流れ着き、祇園社で町と知り合って、生まれたのが玉瀾と書いています。

小説ですから事の真偽はわかりませんが(^-^)、管理人は学生時代(昭和53年初版・新潮社)にこの小説を読んで、池波正太郎と池大雅のファンになりました(^^♪
*
201805kyoto17
円山公園一帯は、京都観光のメッカのひとつですが、大雅堂跡の石碑は、音楽堂の生垣に半ば隠れて目につきにくく、ねねの道を行く観光客の目に留まることはほとんど無いようです。

たまに江戸の文学や美術や歴史に興味があるひとが当時を偲べる西行堂の茅葺屋根とともに当時に思いをはせるだけです。
*
201805kyoto18
小雨のぱらつく円山公園もGWとは思えない静けさでした。

この展示をきっかけに大雅の人気が上昇することを期待したいですねbleah
*
(次回は、下鴨神社の御蔭祭です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.04.15

明治150年 明治の日本画と工芸展 in 京都近代美術館

この週末は、京都と大阪のミュージアム・ギャラリーを巡ってきました。
*
201804kyoto67
京都国立近代美術館で開催の、「明治150年展 明治の日本画と工芸」です。

展示は4部構成になっていて、第1部は「京都府画学校と同時代の日本画」です。

今の京都市立芸大の前身である京都画学校で活躍した、幸野楳嶺、竹内栖鳳、今尾景年らの作品がならんでいます。

第2部は、この展覧会のメインで「明治の工芸-博覧会の時代」です。

明治時代、殖産興業や輸出振興の国策のもと日本の美術工芸品が内国博覧会や海外での万国博覧会を通して、主に欧米に紹介され、いわゆる「ジャポニズム」を流行させます。

帝室技芸員に選ばれるような著名な作家から、名もない職人まで作者はいろいろですが、優れた日本の工芸品は世界で絶賛されました。

ただ個人的な美的感覚では、西洋人に好まれたい一心で、なにかバタ臭く悪趣味(失礼)に見えなくもないのですが(^^;

第3部は、ワグネルと旭焼です。ワグネルはドイツ出身のお雇い外国人技術者ですが、日本の陶磁器やガラス産業の発展に尽くして人です。そのワグネルが開発した陶器が旭焼です。外国にも多数輸出され愛好されました。

第4部は、「明治の名工」と題して、当時を代表する工芸家の作品が多数展示されています。
上のポスターの左側の安藤緑山の仏手柑牙彫置物などは、とても象牙を彫って彩色したとは思えない本物そっくりの仕上がりで、見る者を圧倒させてくれます。

日本の手わざに感心のあるかたは、ぜひご覧ください。5月20日(日)まで
*
201804kyoto68
京都文化博物館の京の至宝と文化コーナーで紹介される「加藤宗巌、忠雄金工展」です。

お二人は、親子で金属板を叩いたり伸ばしたりしながら形をつくる鍛金と金属を鏨や金槌で打って仕上げていく彫金の技術に秀でた金工作家です。

その作品は、精緻で優美で気品があって、とても堅い金属板を加工して作ったとは思えないくらいです。

卓越した職人技に感動を覚えます。
5月6日(日)まで、「洛陽三十三所3 – ゆかりの人と寺宝」展と併催です。
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.02.17

京都精華大卒展

2月17日は、京都精華大学の卒展を見に行ってきました。
*
201802kyoto_gallery25
今年の展示は、他の大学もそうですけど、奇抜なアイディアや見た目先行の作品は少なくて、真面目に取り組んだのが多いですね。

もちろん学業の成果発表ですからそれが本来なのでしょうけど、もう少し遊び心があっても良かったかもhappy01
*
201802kyoto_gallery21
その中で、「これは凄い!」と感心したのは、立体造形コースの「必然的な事だが偶然的な運命」という作品。おおきな溶解鍋でペットボトルやガラス瓶を溶かし固めたインスタレーション。
*
201802kyoto_gallery22
「見て感じて想像してください」と説明書きがありますが、これは何を意図しているのでしょう?
*
201802kyoto_gallery23
こちらは、見ての通り伝言板ですが叡電の出町柳と修学院と精華大前駅のホームに置かれてます。

パッと見には「へぇー、伝言板が置かれたんや」と思いまして近寄ったら、グラフィックデザインコースの卒制のひとつでしたcoldsweats01
*
201802kyoto_gallery24
こんな感じでさりげなく置かれてます。黒板の文字や絵が毎日書き換えられてるのかも(^^)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.02.11

京都芸大、嵯峨芸大、卒業・進級制作展

2月に入り、美術・芸術系の学校の卒業・進級制作展の時期になりました。

今年は京都市美術館が工事中で使えないので、学内で開催の学校が多いです。でも芸大に限らず大学は郊外に移転したとこが多くて行きにくい(^^;
*
201802kyoto_gallery19
2月10日は、同じ方向の京都市立芸大と嵯峨芸大に行ってみました。
*
201802kyoto_gallery11
京都芸大では、大学院の漆芸専攻を卒業の黒沢理菜さんの「陶子」を見せてもらいます。

京都府新鋭展に続いて、学内でも「市長賞」に輝きました。おめでとうございます!
*
201802kyoto_gallery12
その後、キャンパス内をぶらぶら。研究室のアトリエを公開してる部屋がありました。画材や教材が乱雑に散らかって、描きかけや仕上がった作品が雑然と並んでます。

いかにも絵描きさんの部屋coldsweats01 といった感じ。 もちろん整理整頓が行き届いた部屋が多いですよ。
*
201802kyoto_gallery13
これは、ロープのオブジェ。

薄暗い部屋に、ロープがとぐろを巻いたり、伸び上がったり・・・・
ある種の「気」を感じますねthink
*
201802kyoto_gallery14
これは、染色科の制作室ですが、そこにリボンを巻き散らした作品。これも受賞作です。

今年が学内展示だからこそ実現したアイディアかも(^^)
*
201802kyoto_gallery15
京都芸大を後にして、バス・電車・バスと乗り継いで小一時間かけて嵯峨芸大に移動。

ここでは、先週に大阪のギャラリーでグループ展やってた3回生の作品をまず見せてもらいます。

そのあとは、デザインコースのビジュアル・デザインや漫画コースをウロウロ。
*
201802kyoto_gallery16
個人的な感想ですが、嵯峨美の学生さんは色使いがきれいで作品が華やかに見えますね。

ハッキリ言って、漫画やプロダクト・デザインは見た目の良さでなんぼmoneybag の場合が多いので、社会に出て即戦力を目指すなら派手も大事かもね(^^♪
*
201802kyoto_gallery17
雨の屋上に、こんなんがありました。

評価の分かれるところかもしれませんが、個人的には、こんなの大好きですbleah
*
K_hanami3
<< おまけ >>
201802kyoto_gallery18
嵯峨芸のスクールバスを待ってると、突然ド派手なデコトラが侵入。

でも意外と松尾大社の御神域とマッチしてるんですね。神は偉大なり(笑)
*
(続く) (次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.02.08

「常花の苑に咲くものたち」 in 京都府立植物園

2月4日は、京都府立植物園に「常花の苑に咲くものたち」展を見に行ってきました。
*
201802kyoto_gallery01
ボタニカル・アートというよりか、花をイメージした人物画展といったほうがいいかも(^^)
*
201802kyoto_gallery02
右側2点と下↓の写真右手の六角の作品が、ご招待くださった作家さんの作品です。
*
201802kyoto_gallery03
机の上にも写真集を置かれてます。(一番手前)
*
201802kyoto_gallery04
左の2点は、この展示の企画者の作家さんの作品。

右の妖艶な日本画は、管理人の好み(^^; ですね。
*
201802kyoto_gallery05
あわせて、多肉植物の鉢物の即売もやってます。

ふだんギャラリーとかミュージアムと名がつくと敬遠される方も多いですが、植物園のホールなら気軽に足を運んで見てもらえます。

お客さんにも、作家さんにも、真冬に集客になる植物園にも、三方良しですねbleah
*
201802kyoto_10
(続く) (このあと園内を散策しました)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.30

「いぬづくし展」 in 京博 & 「新鋭選抜展」 in 文博

1月20日、21日は京都国立博物館と京都文化博物館の新春展を見てきました。
*
201801_kyoto51
京博では、干支にあわせて「いぬづくし」展と初春らしい「御所文化」展をやってます。

いぬづくし展では、絵巻物や屏風に描かれた犬、狛犬の数々、犬張り子などなど、昔から犬は人間の友達であり、仕事仲間でもあったことがよくわかりますね。

御所文化では、おもに江戸時代の有職故実の伝承のされ方が紹介されてます。昔の人は、文字に書き、絵に描き、模型や型紙を造って、伝統行事を後々に伝えようと努力してきました。

江戸時代の皇室や公家社会は、幕府からいろいろと制約をうけて儀式を行うにも財政難で大変だったようですね(^.^)
*
201801_kyoto52
平成知新館の冬の午後
*
201801_kyoto53
京都府新鋭選抜展は、今年も若手作家さんの斬新でユニークな発想と確かな技量から生み出された作品がたくさん並びました。

とくに立体作品に面白いのが多かったですね。
知り合いの作家さんも入賞されました。おめでとうございますshine
*
201801_kyoto54
すこし寒さが和らいで、春の訪れの近いことを知らせる花が咲き始めました。
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.01.12

京の冬の散歩 哲学の道から岡崎公園へ日展を見に

連休2日目の1月7日は、岡崎公園に「日展」を見に行ってきました。

散歩を兼ねて、ぶらぶら歩いて会場へ。
*
201801_kyoto21
寒い朝です。手袋をしても指先がかじかんできますね。

まだ朝8時台の哲学の道は、観光客の姿はなく、地元のひとが犬を散歩させたり、朝練の中高生が急ぐだけ。
*
201801_kyoto22
モヤっとした朝日に透かされる真っ赤なサザンカ。
*
201801_kyoto23
法然院の茅葺の山門

カラーだと寒々しすぎなので(^.^) モノクロに新春らしく桃色を少し重ねてみました。
*
201801_kyoto24
この寒空に落ちずに残っているザクロの実。

寒い時期は、赤色に反応してしまいますね(^^;
*
201801_kyoto25
岡崎公園一帯が、消防出初式で通行止めなので、少し回り道して会場に到着です。今年は京都市美術館の本館が工事中なので、みやこメッセと美術館別館で分散展示になります。

会場は写真撮影禁止なので、気になった作品で絵葉書があったのを紹介します。
*
201801_kyoto26
渋谷の街を作業机の上にリアルに再現する発想に驚きましたcoldsweats02
*
201801_kyoto27
大和神話のお后様を、明治から昭和戦前の貴婦人をおもわせる姿に描かれたのが面白いです。

アクセントのユリの花も清楚で......
*
201801_kyoto28
天に昇るお父さんと見送る母子でしょうか。悲しげな表情が胸を突きました。
*
201801_kyoto29
あと入選作で、鉄道車両をガチで描いたものにD51999とED143が機関区で並んでいるところスケッチしたのがありました。
*
(次回は、JR環状線ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.12.29

廻展 in 空・鍵屋

12月24日に祇園の空・鍵屋ギャラリーで、日本画と漆芸の二人展「廻展」を見てきました。
*
201712kyoto_gallery01
日本画家の新屋小百合さんと漆芸家の島本恵美さんのお二人が展示され今回が3回目です。昨年から拝見させてもらっています。
*
201712kyoto_gallery02
会場は、大和大路と花見小路にはさまれた祇園のど真ん中にあり、四条通りで和菓子・甘味のお店を構える鍵善良房さんが運営されてるギャラリーです。

京町家の風情がそのまま残る玄関は、ちょっと敷居が高くて(笑) 入りづらい感じ。思い切って格子戸を開けると作家さん二人が迎えてくれます。
*
201712kyoto_gallery03
日本画は、はんなりした筆致の中に顔料由来のゴツゴツ感や光り物が合わさって独特の風情をだしています。

漆は、木地や陶磁器だけでなくガラスや金属素材に大胆に和柄を散らした作品もあり、伝統とイマが融合した仕上がりです。
*
201712kyoto_gallery04
お二人で、おなじモチーフ(この作品では藤)を使って制作されてるのは、二人展ならではですね。
*
201712kyoto_21
暮の気ぜわしい気分が和んだ展示でした。
*
(続く) (次回は、京都御所の仙洞御所を拝観します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。
フォト

アジサイ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ