2017.08.01

「鳥たちが教えてくれたこと」 in 松柏美術館

7月27日は、振休が取れたので奈良のミュージアムを巡ってきました。

奈良公園をでて学園前の松柏美術館に移動します。
*
201707nara05
駅前からバスに乗り、大渕池公園で降り、池を横断する橋を渡ると池のほとりに美術館が見えてきました。
*
201707nara06
門を入り、やや高いところにある入口まで草花の植えられたお庭をたどっていくと、ガラスのドームのようなエントランスにつきました。

日本画の上村松園、松篁、淳之の3代の作品を展示するミュージアムだけあって、このあたりの演出はさすがに凝ってますね(^^)
*
Img_9251a_2
夏の展示は、「鳥たちが教えてくれたこと」と題され、-唳禽荘に暮らす鳥たち- の副題がついています。

唳禽荘は上村淳之画伯のご自宅で、ここで千数百羽の鳥を飼っておられるのだとか。

展示は、松園先生の美人画と松篁、淳之先生の花鳥画がメインでした。

どの作品も日本画特有のすこし淡くおぼろげな画風で情緒たっぷりですね。

1回目はざっとどんな作品があるのか確認しながら、2回目はじっくりと鑑賞して、最後に目についた数枚をもう一度と、上村三代の世界にたっぷりひたることができました。もう大満足です(*^_^*)

このブログを書くため美術館のHPを見直していると、敷地の奥に遊歩道があって、四季の草花をめでながら散歩もできたようです。

また、秋ごろに来たいです。
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.07.31

「源信 地獄・極楽への扉」展 in 奈良国立博物館

7月27日は、振休が取れたので奈良のミュージアムを巡ってきました。

まずは、奈良国立博物館の「源信 地獄・極楽への扉:」展へ
*
201707nara01
Img_9240b この展示は、「恵心僧都源信の著わした『往生要集』をもとに、地獄・極楽のイメージを絵画や彫刻などを通して具体的にイメージできます。」

と、博物館のHPに書いてあるので、行く前に、往生要集を久しぶりに読み返して(ただし現代語訳ですが(^^ゞ )予習していきました。いまはネットで簡単に読めるので便利ですね。
Img_9240a
会場は、4章で構成されていて、1章・2章で源信の人となり、出生から修行時代をへて思想をかため、往生要集を著わすまでを通観することが出来ます。当時の末法の世相も見てとれます。

清涼寺の釈迦如来像の胎蔵品の文殊・普賢両菩薩絵や一遍上人絵伝の踊り念仏の場面が目をひきました。

3章は、往生要集の説く六道の世界です。この本に書かれる地獄・極楽の描写は有名ですが、やはり文字であるため頭でわかってもイメージしにくい(^^ゞ

それを「地獄草紙」「餓鬼草紙」などの「六道絵」でリアルに見せてくれます。よくこれだけ空想の世界をイメージ出来たもの(^^) と思いますが、当時は戦乱や飢饉や風水害が打ち続いて、地獄は身近にあったのでしょうねconfident
*
201707nara02
4章は、一転して華やかな極楽往生の世界です。

源信の浄土教の思想は、平安末期から鎌倉時代になって法然や親鸞によって「ただ念仏を唱えれば極楽に行ける」という浄土宗の教えに大きく影響するのですが、往生要集の時代は、まだ貴族階級が中心で、極楽浄土を思い描きながら念仏を唱える観想念仏が主流であったようです。

宇治平等院の飛天像や高野山金剛峯寺の紺地金銀文字の法華経、そして阿弥陀来迎図が十数枚並ぶ中、知恩院の早来迎と当麻寺の當麻曼陀羅が向い合って展示されているのが圧巻でした。
**
201707nara03
私の大好きなテーマのうえ、国宝・重文クラスの文化財がゴロゴロcoldsweats01 出展され、しかも平日でゆっくりじっくり鑑賞できたのは大変ありがたかったです。

9月3日までやってますので、ご興味のあるかたは足をお運びください。
*
201707nara04
帰り道の奈良公園の鹿さん。「もう朝からムシ暑くてかなわんわsad
といったご様子。 もちろん元気に飛び跳ねてエサをねだっている元気な子もおりましたがcoldsweats01
*
(続く) (次回は、松柏美術館を見学します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。
フォト

ススキ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ