2019.05.21

「河鍋暁斎展」in 兵庫県立美術館 & 「呉春・四条派展」in 西宮市大谷記念美術館

 
  5月11日は、久しぶりに阪神電車に乗って、甲子園球場⚾....ではなく、美術館を二か所回ってきました。
*
 
201905_hyogo01
  一か所目は、阪神岩屋駅から海岸の方へ歩いて、兵庫県立美術館の「没後130年 河鍋暁斎展」へ

建物の屋上にカエル? の巨大なオブジェが迎えてくれます。
*
 
201905_hyogo02
  会場の入り口には、仮名垣魯文が依頼して暁斎が描いた「新富座妖怪引幕」のレプリカが。まずこのスケールに圧倒されます。

以下、河鍋暁斎記念美術館所蔵作品を中心に、海外からの里帰り作も含めて100点を超える作品が展示してあります。

暁斎というと、「幕末から明治にかけて活躍した風刺画をよくした浮世絵師」というイメージでしたが、正統派の伝統絵画も多く描いており、残された下絵や画帳から、何度も描きなおし構図を固めていった様子も見て取れました。
*
 
201905_hyogo03
  2か所目は、阪神香櫨園駅から夙川沿いの住宅地を歩いて、西宮市大谷記念美術館で開催の「四条派への道-呉春を中心に」を、見ました。

四条派は、円山派とともに長く京都画壇の中心的存在であり、明治以降も近代化要素を取り入れながらも近現代に活躍する日本画家まで系譜を伝えています。

中での、呉春は与謝野蕪村の弟子であり、円山応挙からも一目置かれる四条派の開祖的存在です。

江戸中期の京都の画家というと伊藤若冲が最近人気急上昇中(^.^)で、呉春はお酒の銘柄(^^) と思われている節がありますが、管理人的には、やっぱり京都の日本画は、応挙と呉春です!!
*
 
201905_hyogo04
  この阪神モダニズムを体現したような美術館は、お庭もすばらしいです。散策だけなら無料です。
*
 
(続く) (次回は、西宮市内を散策します)
*
 
ポチッとよろしく!
お帰りは、このバナーからどうぞ。

 

2017.10.07

「日本の自然を描く展」&「MARBLE展」 in 原田の森ギャラリー

10月1日は、久しぶりに神戸の街を歩いてきました。
*
201710kobe_gallery01
阪急を王子公園駅で降りて、動物園のパンダ🐼見物.......ではなくて、原田の森ギャラリーで、「日本の自然を描く展」を見ます。
*
201710kobe_gallery06
知り合いの作家さんが、入選されたので拝見です。

稲垣有香「紅梅の舞」
*
201710kobe_gallery02
自然の捉え方も、描き方もひとそれぞれですね(^^♪
*
201710kobe_gallery03
管理人の独断と偏見による四選(^^)/
*
201710kobe_gallery07
同じギャラリーで同時開催の京都造形芸術大学のOB・OG展

主に兵庫県在住の卒業生の展示です。仕事や家庭を持たれてなお100号の大作を制作する意欲と技量は大したものですね(^^)
*
201710kobe_gallery04
一階の展示風景
*
201710kobe_gallery05
2階の展示風景。

磨かれた床に、作品が反射して幻想的です。わざと効果を狙って内装が仕上げられるのでしょうか
*
201710kobe_gallery08
やはり管理人選は、これ(^.^) 鉄道模型で遊ぶ子をちょっとシュールに描かれたところが好きです。

大西 均 「子供の楽園」
*
(続く) (次回は、神戸の街を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。
フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ