2012.12.18

【京阪バス】京都ひるバス

15日の日経新聞朝刊の京都版で「京都まちづくり交通研究所が、京都市内を循環する乗り降り自由の定期観光バスを12月の土日に試験運行中。運行は京阪バスに委託している。」との記事を読みました。

それで、京都まちづくり研究所のHPにアクセスしてみると、「京都ひるばす」という名称で、1時間ごとに運行されており、近いところでは下鴨神社前や銀閣寺前に発着することがわかったので、見に行ってみることにしました。
*
10keito02
叡電の貸切電車の撮影と掛け持ちだったので、下鴨神社前までは行けず、出町柳駅付近の川端通りで待機です。

「本当に、このコースを走るかなぁ?」と不安でしたが、京阪バスらしきバスが少し遅れながらも午後3時前に御蔭橋を渡って、川端通に入ってきました。ちょうど、14:55出町柳駅発の10系統朽木学校前行きと出会いました。京都バスの10系統も土日祝ダイヤのみ一日2往復運行の免許維持路線となってしまって、ちょっとレアものかも(笑)
*
Kyoto_hirubus01
やってきたのは、京都 か 24-45のプレートをつけたセレガと呼ばれるタイプのバスでした。
*
Kyoto_hirubus02
たまたま信号待ちで目の前に停まったので、じっくりと非公式側ですが形式撮影できました。

ちょっと写真では判りにくいですが、フロントガラスの下部に「京都観光ひるバス」という表示がされています。

乗客は、ざっと10数人ほどのように見えました。
*
Kyoto_hirubus03
後ろには、「京都ひるバス」の表示板が出してあります。

12月中は試験期間で、来春以降の定期運行を企画しているようです。

京都駅をスタートして、西本願寺→二条城→晴明神社・西陣織会館→北野天満宮→金閣寺→大徳寺→下鴨神社→銀閣寺→平安神宮→知恩院・祇園→五条坂(清水寺)→博物館・三十三間堂→京都駅と回ります。

一日10便運行され、運賃は大人2200円・子供1100円です。

以下は、HPの案内をみた感想&希望です。

・嵐山方面へは足を伸ばせないが、コースとしては順当happy01

・京阪バスの運行する定期観光バスの半日コースが、金閣寺・銀閣寺・清水寺を回って、5100円(拝観料込)に比べると割安dollar

・市バスのみの一日乗車券の500円、地下鉄と市バス・京都バスも乗れる一日乗車券の1200円よりは割高bearing

・コースが複雑で、定時運行にも不安のある路線バスに比べれば、観光地のみを回って定時性もそれなりにありそうbus

・なによりも、ガイドさんが乗車して案内してくれるのはうれしいですねbleah

・1時間毎はちょっと間が開いているので、30分毎の運行を望むconfident

・観光シーズンの定時運行確保は大丈夫かなぁsad

・それと、お寺や施設などに何ヶ所入るかによるけど、4・5ヶ所で2000~2500円の拝観料が掛かるよ←これが意外と高くつくんだcoldsweats01

・何よりも、まず知名度のUPが必要。いろんなルートで「京都観光なら、京都ひるバス!」と、宣伝しなきゃcoldsweats01

・総合点では、ぜったいお勧めですね。京都観光を計画中のみなさん、ぜひ京都ひるバスのHPを見てみてください。京都の人間が言うのだから、間違いはありませんよhappy01

・ちなみに「京都よるバス」もありますnight

http://www.kyoto-lab.jp/llc/index.html
*
(次回は、またまた西陣散策です。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2012.10.04

【京阪バス】日ノ岡峠を越える京阪バス

酔芙蓉と彼岸花の記事には、たくさんのコメントといいネgood 
をありがとうございましたm(__)m
*
Kujyoyama01
実は、九条山で一番撮りたかったシーンはこの一枚なんですbus
*
(次回は叡電の話題の予定です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2011.06.21

【阪急バス・京都市バス・京都バス・京阪バス】のスナップ

法然上人霊場巡拝の第4回目の途中に乗ったり、見たりしたバスと電車のスナップです。
*
Nagaoka01
阪急バス 光明寺バス停付近 (畦道の花壇)
*
Arashiyama01
市バス 野々宮バス停付近 (トロッコ嵯峨野)
*
Arashiyama02
市バス帷子ノ辻バス停付近 (京都バスの教習車)
*
Arashiyama03
市バス三条春日バス停付近 (八ツ橋電車)
*
Hagashiyama01
市バス祇園バス停付近 (東山スクールバス)
*
Hagashiyama02
京阪バス上馬町バス停 (14番.正林寺門前)
***
巡拝記は、明日から2回に分けてお届けします。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2011.05.14

【大阪バス】東大阪(布施)~京都線 初乗り

Osaka_bus01_2 この前の日曜は、どうしても朝一番に仕込んでおかないといけない仕事があって、それだけに早朝から会社へ行きました。
でも9時過ぎにはもう終わってお役御免(^^ゞ

そのまま京阪電車で帰るのも面白くないので、3月から走り始めた、大阪バスの東大阪~京都線に初乗りしてみることにしました。

近鉄布施駅に着くと、たまたま東大阪市の市民まつりの日で、駅前には仮設ステージや屋台やバザーなどのイベントが始まってます。

初めて降りる駅で、「バス停は南口へ移動しました」との張り紙をみて、うろうろbus
*
Osaka_bus02
駅の南口にバス停を見つけると、発車15分前なのにすでに数人の待ち客が、それとなく会話を聞いていると、「京都まで座って行けて便利」とか「話のタネに京都見物がてら乗りに来た」とか、それなりに東大阪のひとには知れているようです。

写真の大阪市バスも迂回運転のようで、バスファンがふたりほど写真を撮ってました。つまり、わたしも含めてbustrainな人間が3名もいました(^_^;)
*
Osaka_bus04
10時ちょっと前に、京都からの便が10分早着でやってきて、入れ替わりに京都行きも到着です。発車時点で、乗客は30名弱くらい、思ったよりたくさん(失礼)乗ってます。
*
Osaka_bus05
10時をすこし遅れて発車、布施から中央大通りの高井田に出て、長田から中央環状線を北へ、門真ICから第二京阪道に入りました。門真ですでに10:25で「これで11時過ぎに京都に着くのか?」と心配しましたが、第二京阪道はGWにもかかわらず、ガラガラ(^^) 

制限速度内で慌てず急がず走っても、10:55には、上鳥羽IC到着。
後は、京都市内を数分走って、定刻前の11時過ぎに京都駅八条口に着きました。

片道850円です。鶴橋・大阪経由で1040円、鶴橋・京橋・丹波橋経由で890円、西大寺経由で860円でいづれも乗換込みで60~80分はかかるので、渋滞のリスクの少ない時間帯は便利な乗り物のようです。

ただ、京都側ではほとんど(まったく?)知られていないでしょうから、京都側の集客は考える必要がありそうです。また市内区間の停留所を増やしたり、環状線鶴橋か森ノ宮あたりへ延長すれば、もっと利用客が増えるかもね。
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2008.09.25

【京都バス】産大・市原線 9/25 ダイヤ改正

京都バスの産大・市原線で9月25日からダイヤ改正がされました。

主な内容は、
40系統-国際会館駅-京都産大線の増発
50系統-国際会館駅-市原線の増発
35系統-出町柳-北大路駅-市原線の増発
です。

特に、平日の40系統は、大増発され朝の授業開始前の時間帯は一時間に8~10本も運行されます。また50系統も昼間の産大経由をやめ、5分程度の短縮になっています。
また、35系は40分毎から30分毎に増便されています。

いづれの便も、もよりの地下鉄駅への連絡を重視しており、競合する叡電鞍馬線や市バスとの競争激化が予想されます。叡電二軒茶屋駅や市バス上賀茂バス停へのスクールバスや市バス西賀茂営業所の系統も京都バスが委託を受けて運行していますが、時間を取りそうな通勤客と、値段を取るような通学客の選択の両方の需要をかき集めようとする京都バスの積極姿勢が実ることを期待したいです。

詳しくは、京都バスの公式HP
*

40keito01_2 40keito02_2
国際会館駅を発車する40系統と停留所のお知らせ
pinboke_entry

2008.01.28

【京都バス】冬の鞍馬街道にて

市原の京都バスの操車場を通りかかったところ、4台ものバスが待機中だったので、珍しいので写してみました。
一般の路線車に混じって、貸切・乗合兼用のマイクロ車も止まっているので、もしかすると団体の予定があるのか、あるいは雪道の花脊峠越えに備えて、ノーマルタイヤの市内線用の車と、スノータイヤ、チェーン装着の山線用車の車両振り替えが行われているのかもしれません。
*
Kurama202
鞍馬街道の細道では、「花脊山の家」輸送の特定運用車が5台も連なって下ってきました。
仕事とはいえ、この雪道の九十九折れの峠道を上り下りするのは、大変な仕事でしょう。運転士さんご苦労様です。
また、交通整理のため狭いボックスで待機されている整理員さんも、寒い中ご苦労様です。
(鞍馬-貴船口間にて)
Kurama201
pinboke_entry

2007.09.18

第7回バスまつりに行ってきました。

浜大津駅前で開催の、「第7回バスまつり」を見に行ってきました。会場付近の駐車場は混雑が予想されるので、近江神宮駅前に車を止めて、そこから電車で会場入りします。
*
Thomas700_01_2 
やってきたのは、ちょうどトーマス号の700系でした。本線の7000系トーマス君にはいちども乗れていないのですが、こちらには一発で乗車&撮影できました。
浜大津付近の併用軌道区間では、バスまつりとあわせて路面電車を撮影するギャラリーでいっぱいでした。
*
Bus_maturi2007_03
会場には、展示用・試乗用あわせて30台位のバスがならんでいますが、バス音痴(笑)の管理人には、スタッフの方(ほとんどが運転士や整備士さんのボランティアです。)の説明も、メカニックなところはほとんど聞き流しでした。関係者の方読んでおられたら、ごめんなさい<m(__)m>
*
Bus_maturi2007_01
唯一目についたのが、このボンネットバスです。昭和30~40年代から残っていると思いきや、実は1993年に、トラックのシャーシにボンネットバスのボディーを旧型車にあわせて新製した、レプリカ車なのだそうです。現行の排気ガス規制もクリアーする、最新の天然ガスエンジン車でもあるそうです。

週末を中心にミナト神戸観光に走り回っているそうですから、一度乗り心地を試しに行きたいですね。

*
Bus_maturi2007_04

会場横の大津港には、びわ湖汽船のミシガンも泊まっていましたが、この船の出港直後にものすごい夕立が来たので、観光客もバスまつりの見物客も大慌てでした(笑)
私たちは、直前に近くのビルに退避して濡れずにすみました。
2枚目の全景写真は、夕立が終わって、閉会直前の様子です。
*

pinboke_entry

2007.05.10

京都市バスが無届で臨時便運行

京都市バスが「(臨37系統)西賀茂-北大路を、無届で臨時便で運行した。」として、問題になっています。

新聞の続報によれば、「指摘された臨時便の運転手に組合の役員を当てていた。」とか、「調べると(臨5系統)京都駅-銀閣寺など4系統で無届運行していた。」とか、
「交通局の幹部が処分された。」とか、「(臨37)系統は取りやめ、他の4系統は多客時対策に、正式に届け出て運転を続行する。」とか話題になっています。

5系統は私の家の近くを走り、よく利用します。シーズン中は満員で、積み残しも出るほどです。

届けを怠った、市交通局も悪いですが、規制緩和が叫ばれるおり、

「あまり固いことはいわんと、臨機応変に増発したほうが、利用者にもバス会社にもありがたいと思うのやけんど・・・・」

と、考えるのですが、いかがでしょうか?

テレビで、雨の日に通学生対応の臨時バスを走らせるバス会社の話を見たことがありますが、これも許可を得てるんでしょうかね(^^ゞ
**

Rinji_206
5月5日に百万遍交差点付近の東山通りを南下する臨時バス。乗客は乗っていないようですが、烏丸車庫を出て、これから岡崎発京都駅行きの臨時206系統に運用するべく回送中でしょうか?
pinboke_entry

2007.04.10

桜とバス停二題

この二つのバス停は、双ケ丘をはさんで、数百メートルの間隔で並んでいます。
**
Ran_sakura20
ひとつは、「花園扇野町」、新丸太町通りにあり、嵐山・嵯峨野と市内を結ぶバスが一時間に数本は、走っています。花のお寺では満開の桜が咲き誇り、いましも嵐山方面から来たバスが、観光客を吐き出しています。
**
Narabi_gaoka
もうひとつは「双ケ丘」、京都バスのバス停です。
でも、いまはこのバス停にバスがやってくることはありません。2月のダイヤ改正で御室線は、下りが土休日ダイヤにわずか一本運転されるだけの免許維持路線になり、上りは完全に運行停止になりました。バス停を示す白線とベンチが哀れを誘っています。
そんな事情には関係なく、ここでも桜の花が咲き誇ってます。
**
pinboke_entry

2007.03.10

【京都市バス】ダイヤ改正

京都市バスも今日からダイヤ改正されました。

最寄の修学院道停留所では、

・5系統が大幅増便、昼間は15分→10分毎に
 57系統 京都駅-錦林車庫の廃止と岩倉延長によるものですが、白川通り沿線の各停留所の利便性が高まります。

・31,65系統は、時刻の微調整だけで、本数はほぼ変わらず
 ラッシュ時以外は、ほぼ、一時間おきなので利用しづらいです。

・北8系統は、時刻・本数ともほぼ変わらずですが、内周りは環状運転から、北大路BT止めになる便が大幅増。
 紫野や千本北大路付近から、高野方面への直通利用客には、やや不便になりそうです。

*
詳しい改正内容は、京都交通局のHP
*
pinboke_entry
フォト

新緑

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ